プロが直接査定

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
押し目のタイミングで買いを入れる(押し目買い)ことでアップトレンドにおける、価格上昇のタイミングを掴むことができます。アップトレンドであれば押し目がどの辺まで入るのか(どこまで下がるか)知りたいときにフィボナッチリトレースメントは有効です。

これまでにない画期的なFX手法を伝授!

フィボナッチと言うと、「どこからどこまで引いていいの?」、「よく引き方が分からない」、「どこからエントリーしたらいいの?」とよくお困りの方もいると思うのでまずは基本的なことからお話したいと思います。
フィボナッチとは黄金比の事です。万物のものはこの値で形成されていると言われています。
これを100年前くらいに相場の世界に当てはめた人がいて、近年でもよく使われているトレーディング手法になっています。

基本的な使い方ですが、上図のようにある辺に対して、頂点から起点まで引いてみます。
すると、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、100%という比率が出てきます。 これがまず出来るようになれば誰でもフィボナッチを使えるようになります。

もっとフィボナッチの効果を高めるために、上図のように前回の高値に水平線を引いてみました。このポイントは半値押しの50%押しのポイントでもあります。
こういった前回の高値とフィボナッチなど条件が二つ以上揃うポイントはメジャーな用語だとクラスターポイントと呼ばれています。
私はシンプルにファンダメンタルズやテクニカルも一切使わずフィボナッチだけでトレードすることがありますが、こういった条件が二つ以上重なるポイントでエントリーすることが多いです。

サッと引いてみて、めぼしいフィボナッチのラインがどこのポイントなんだろうと探してみます。 先ほどの例のように二つ以上条件が揃う箇所は信頼度が高いポイントになります。 是非トレードでフィボナッチを利用してみたいという方はこのような引き方を沢山してみてください。フィボナッチを意識して見ると、押し目などのポイントが多く散見されます。
時間足に関しても、1時間足でも4時間足でも日足でも同じ使い方になります。
兼業トレーダーの方はフィボナッチを参考に指値注文して、あとは本業に集中している間に気付いたら指値が引っかかっていることがよくあります。
非常に効率的ですし下手に感情を入れずにトレードできるのでうまくいくことが多いです。

ひろぴー流フィボナッチの引き方その2

ひろぴー流フィボナッチの引き方その3

水平線を引いた箇所は、条件が多く揃うポイントであり絶好の戻り売りポイントだったようです。
こういうポイントがよくあるわけではないのですが、フィボナッチを引くのであれば1時間足か4時間足あたりが効率的で相性は良いと思います。 何度も複数の通貨ペアでフィボナッチを引いてみるとチャンスを見つけられる時が来ますのでその時に指値注文を入れておきましょう。
この場合は水平線より少し手前で指値を入れます。
通貨ペアごとにスプレッドも違うのでそれも考慮したうえで少し手前に置いておくのが良いかなと思います。
ただ、エントリー後の利食いの目安とするポイントは無いです。絶好のポイントで売れたとして、その後利食いをどこでしようと考えるわけです。
利食いをするポイントの目途がないのである程度の含み益で利食いしたりします。このフィボナッチでは利食い目安のポイントをつかむのは難しいので、あとは移動平均線とかRSIなどのテクニカルを利用してみてください。

【今回の動画に出てくる用語】

デイトレード

スイングトレード

ひろぴーさんからの特別プレゼント

(質問事項)
今回の動画の感想やひろぴーさんに聞きたいこと

こちらの質問事項を下記ボタンの申込フォームにて回答していただくと全員に漏れなく
ひろぴーさんの特別FX動画講座「 高値圏でのエントリー。極めて成功率が高い方法がある? 」を無料でプレゼント致します。
※JFX(MATRIX TRADER)のFX口座をお持ちの方が対象となります。

まだ、JFX(MATRIX TRADER)のFX口座をお持ちでない方は下記より口座開設してください。
お申込み後にIDが届き取引していただけます。
IDが届き次第すぐに特別プレゼントにご応募いただき動画を閲覧いただけます。

  • お一人様一回限りのご応募とさせていただきます。
  • 本キャンペーンはキャンペーン条件が満たされれば自動的に申込まれるものではなく、キャンペーン専用申込フォームからのお申込みが必要となります。
  • キャンペーンの内容につきましては当社の都合により予告なく変更になることがございますので、ご了承ください。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

FX フィボナッチ の FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 使い方 と 手法


普通の使い方に
もう一工夫すると
もっと精度の高い反発しやすいラインを引くことができます


この
フィボナッチリトレースメントというと
ディナポリさんという有名な方がいらっしゃいます

勝率を上げるフィボナッチリトレースメントのコンフルエンスとは?意味とトレード方法


実は
『コンフルエンス(confluence)』というのは
日本語に訳すと


合流点、人の流れ、集合、群衆です


合流点や集合の
所でピン!と来た方は
おりこうさんです(笑)

フィボのコンフルエンス


フィボナッチリトレースメントを使った
「合流点」というのは
フィボナッチの重要ラインの重複のことです


FXチャート


ダウントレンドで最安値をつけてから
綺麗な波形を付けながら上昇し
現在はアップトレンドです


アップトレンドなので
押し目になりそうなポイントを探して
買いエントリーをしよう考えます


そうした時に
フィボナッチリトレースメントを
引きます


相場は
上昇トレンドであっても、一直線で上昇するのではなくて
必ず波を描きながら進んでいきますので


直近の
高値と安値の2点に
フィボナッチリトレースメントを当てると

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
FXのフィボナッチリトレースメント


フィボナッチリトレースメントの重要ライン


フィボナッチリトレースメントのコンフルエンス


フィボナッチリトレースメントとコンフルエンス


大きな波の中にも
小さな波が存在している
んですね

チャートの中にフラクタル

ではこの
日足の波で引いたフィボナッチリトレースメントと
4時間足で引いたフィボナッチリトレースメントを合わせてみましょう


フラクタルとコンフルエンス


そうです
日足の波で引いたフィボナッチリトレースメントと
4時間足で引いたフィボナッチリトレースメントの重要ライン
である


38.2%
50%
61.8%
重なるラインがありますね


フィボナッチリトレースメントでコンフルエンスを探す


上のラインは
日足(青)フィボナッチリトレースメントの23.6%%と
4時間足(ピンク)フィボナッチリトレースメントの38.2%


下のラインは
日足(青)フィボナッチリトレースメントの38.2%と
4時間足(ピンク)フィボナッチリトレースメントの61.8%


日足をメインで見ているトレーダーと
4時間足をメインで見ているトレーダーが注目するラインが
合わさった所です

フィボナッチリトレースメントが重なるライン=コンフルエンス

フィボナッチリトレースメントの重要ラインの合わさる場所


2種類のトレーダーが
意識するラインなので
当然1種類のトレーダーだけのラインよりも効きやすくなります


このように
2つのフィボナッチリトレースメントが重なり合うラインのことを
『コンフルエンス』といいます


『コンフルエンス』は、黄金比率の重複ラインです


異なった時間足で取引しているにもかかわらず
同じ価格で買い注文を仕掛けるので
強いサポート帯(抵抗帯)になるというわけです

コンフルエンスを使う場面

アップトレンドのコンフルエンス


アップトレンドのコンフルエンス

ダウントレンドのコンフルエンス


ダウントレンドのコンフルエンス


つまり
38.2%+50%や
61.8%+50%でも反発しやすいラインとなり得ます

コンフルエンスをトレードで使うには?


コンフルエンスでエントリー


反発しやすいので
ここでエントリーすれば
高い確率で上昇していきます


ただし
相場には100%はありませんので
必ず反発するとも限りません


コンフルエンスで利確

ピンク丸の所で
水平線とWトップのネックラインのレジサポがあるので
売りエントリーをしていた場合

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
そんな時、コンフルエンスの
このラインで反発して上昇してしまうことが
予め予測できるのなら


全ての考え方は同じです
異なる波での反発ポイントが重なる位置なので
エントリーや利確、損切に使える

コンフルエンスをさらに強力にするもの


コンフルエンスとMA


コンフルエンスとネックライン


要するに
コンフルエンス(2種類の根拠)に
さらに別の反発する根拠が加われば

フィボナッチリトレースメントで反発ポイントを見つけよう!

あやのFXメルマガ


FXのメルマガ

あなたへオススメの記事

  • FX動画「あやFX」「自由ライフFX」, 環境認識

アバター

今回、フィボナッチリトレースメントの使い方について教えていただき有難う御座いました。
現状、週足にフィボナッチエクスパンションを使ってトレードをしていましたが、
AYAさんに教えていただいた方法でトレードしてみようと思います。
非常にわかりやすくてトレードに失敗しやすい自分に向いていると思いました。
分かりやすい手法を教えていただき本当に有難う御座います。

フィボナッチエクスパンションも
フィボナッチリトレースメント同様、とても使えるツールですね
私も使っていますよ

ただし、最後の判断は
「結局は自分の目でしかない」ので
スキルを磨くのは怠らないようにね♪

コメントを残す コメントをキャンセル

FXメルマガ登録はこちらから

私の6年のノウハウを詰め込んだFXトレード講座を開講中!
<メルマガ読者さん限定プレゼント>
☆「トレードにおける勝ちやすい場面 」
~安定して勝ち続けるには、〇〇と〇〇をすればいい!~

FX メルマガブログ

応援クリックお願いします!

あやの欲しい物リスト

あやのプロフィール

このままではダメだと一念発起し、花屋のアルバイトをやめ、リアルトレードを封印&FX検証生活だけの日々を送る。
相場の本質と資金管理を独自に研究し、晴れて勝ち組トレーダへ。スキャルピングを得意とする。
初心者でも相場感を養うことができる「環境認識」を確立し、広める。

FXセミナーを多数開催。
「あや読者さんから、一人でも多くの、ハッピー勝ち組を生み出す」というミッションは、自分が苦労した勝てない時代があったからこそ、伝えられる【私にしかできないこと】。
「勝つための秘訣やノウハウ」などを体験をもとに伝えたいという心の底からの願い。

Twitter フォローしてね♡

人気記事ベスト10

  • Forex Testerのプランはどれを選べば良い?
  • 【限定割引・特典付】ForexTester5をプロトレーダーが絶賛!勝ち組が必ず使っている理由とは?
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/05/24
  • トレードの優位性の一つ 【前日の高値安値】
  • 【保存版】FX検証ソフトを5つ徹底比較&オススメ検証ソフト3選
  • 移動平均線 (MA)を使ったトレードや環境認識を最高に楽にするインジケータ MTFMA
  • ポンド円 環境認識 2022/05/20
  • FXの利益を出金するタイミング
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/05/27
  • ポンド円 環境認識 2022/05/18

FXセミナー

最近の投稿

  • ポンド円 環境認識 2022/06/10
  • ポンド円 環境認識 2022/06/09
  • ポンド円 環境認識 2022/06/08
  • ドル円 環境認識 2022/06/06
  • ポンド円 環境認識 2022/06/02

最近のコメント

    に あや より に ジョン より に あや より に ひろき より に あや より

カテゴリー

FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」

【免責事項】 当ブログは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。 本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。 本情報の取り扱いについては、利用者の責任において行って頂きますようお願いいたします。 当ブログを参考にして行われたトレードや、メルマガなどから発信される内容およびコンテンツによって いかなる損害が生じましても一切の責任を負いませんので予めご了承ください。 【著作権】 当ブログ「初心者も自由LIFEをつかむ方法」に掲載されている文章・画像・構成など、全てのコンテンツの著作権は当ブログの製作者であるAYAに帰属します。 これらの著作権は、各国の著作権法・各種条約・その他の法律で保護されています。 全てのコンテンツについて、転載・転用・改変等、許可なく利用することを固く禁止します。 著作権侵害については担当弁護士より関係機関に通報いたします。 【あやからの一言】 当ブログは、 2014年3月 より始めさせていただいております。 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 挫折せずにここまで続けられてきたのも、 ひとえに皆様からのご支持あってのことです。 これからも、アウトプットを兼ねながら、皆様に優良な情報をシェアできるように頑張って更新します。どうぞよろしくお願いします。 あや

ブログコンテンツ

ソーシャルメディア

© Copyright 2022 FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」. All rights reserved./プライバシーポリシー

フィボナッチ数列をやさしく解説!FX投資での活用方法とおすすめのツール選

ある推進波に対して戻り(リトレース)が発生した時に、その戻りのフィボナッチレベルの組み合わせでパターン化するハーモニックパターンなどにフィボナッチ数列の考え方は生かされ、投資の世界でも幅広く使われています。

FXでフィボナッチ数列が使われている理由

数学では2つの物質の比率(a:b)が「2つのうち大きい方と、その合計の比率 b : (a + b)」に等しくなった場合の割合を黄金比と呼ぶのです。

1950年代のロンドンの投資グループの「1.618テクニック」(フィボナッチリトレースメント)を始め、ラリーウイリアムズの1.618とその平方根(1.28)を使って相場の日柄サイクルを想定する投資法などのテクニカル分析手法として、現在でも多くの投資家に用いられています。

トレード手法に使われるフィボナッチ比率とは

このフィボナッチ比率の値にラインを引いて、抵抗線や支持線として使用することで、株価の値幅を見ることができるようになります。

フィボナッチエクステンションやエクスターナルトレースメントに使われる比率

一方、フィボナッチエクステンションでは、戻しを入れた相場がどこまで進行するのかを確認するエクステンション(ターゲット)を予測します。

フィボナッチのツールとは

・フィボナッチファン

・フィボナッチエクステンション

・フィボナッチアーク

・フィボナッチタイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーンは、チャートの高値同士(チャートの山と山)、または安値同士(チャートの谷と谷)を指定して、チャートの動きにおけるフィボナッチ数を時間軸(横軸)に対して表示し、いつトレンドが変わるか、いつ高値・底値になるか、という目安として使われるものです。

フィボナッチラインとは

フィボナッチラインでは、株価を自然の動きとしてとらえることによって、フィボナッチ比率に基づいて株価が値動きをするはずであると考えます。その考え方のもとで、未来の株価を予想していきます。

フィボナッチラインを構成する線

名称 概要・活用方法
フィボナッチライン 76.4% 期間中の高値安値の値幅を100%としたときの
76.4%の価格にラインを引いたもの
フィボナッチライン 61.8% 期間中の高値安値の値幅を100%としたときの
61.8%%の価格にラインを引いたもの
フィボナッチライン 50.0% 期間中の高値安値の値幅を100%としたときの
50.0%の価格にラインを引いたもの
フィボナッチライン 38.FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 2% 期間中の高値安値の値幅を100%としたときの
38.2%の価格にラインを引いたもの
フィボナッチライン 23.6% 期間中の高値安値の値幅を100%としたときの
23.6%の価格にラインを引いたもの

フィボナッチラインの使い方

引かれたフィボナッチラインのうち、一番外側のフィボナッチラインを抜けると、トレンドが転換したと考えることができ、その後の大きな値動きを予想することができます。

TradingView(トレーディングビュー)とは

Tradingviewの有料版には「Pro」「Pro+」「Premium」の3つのプランがあります。Proが簡易版、Pro+が中位版、Premiumが最高品質となります。

MT4のフィボナッチアークの見方や使い方

フィボナッチアークは、フィボナッチファンと共に利用することで、精確性を高めることが可能です。フィボナッチアークとフィボナッチファンを利用する際には、それぞれのラインが交差する位置が潜在的サポートとレジスタンスレベルとなります。

フィボナッチの引き方とその役割

次に具体的なフィボナッチ数列を使った指標の引き方と役割を解説していきましょう。

フィボナッチの見方や引き方


ヒゲか実体か?

フィボナッチの考え方をチャート上に表示するためには、実体を起点として線を引くようにします。実体を起点とすることによって、より保守的な予測が可能です。

フィボナッチ比率は必ず反転するものではない!

どんな相場にも対応できるような魔法のツールは存在しません。そのため、より成功率の高い投資をするためには、複数の指標を使って相場を予想することが大切です。

フィボナッチはトレンド相場で「押し目」と「戻り」をチェックするもの

そのため、トレンドの中のどこが押し目となり、戻しとなるかをチェックするためにフィボナッチは使われます。この点を間違えてしまうと、フィボナッチがうまく機能しない可能性があるので注意が必要です。

フィボナッチリトレースメントを使ってエントリーする方法

フィボナッチトレースメントは、主要資産の変動(過去の変動を繰り返す前に変動が停止するポイント)における支持線と抵抗線の幅を見極めるために用いられる指標です。ここからは、フィボナッチリトレースメントについて解説していきましょう。

フィボナッチリトレースメントの引き方

フィボナッチ・リトレースメントで引かれるラインは、多くの投資家たちが意識するので、相場の押し目や戻りとなりやすい箇所です。その特性を利用して、押し目買いや戻り売りのタイミングを予測します。

上昇トレンドでのフィボナッチリトレースメントの引き方

押し目のタイミングで買いを入れる(押し目買い)ことでアップトレンドにおける、価格上昇のタイミングを掴むことができます。アップトレンドであれば押し目がどの辺まで入るのか(どこまで下がるか)知りたいときにフィボナッチリトレースメントは有効です。

下降トレンドでのフィボナッチリトレースメントの引き方

そのため、ダウントレンドであれば戻りがどの辺まで入るのか(どこまで上がるか)知りたいときにフィボナッチリトレースメントは有効です。

フィボナッチの効果的な使い方

それでは、フィボナッチを実際にどうやって使ったら良いのかについて解説していきましょう。

強いトレンドへのろう

チャート上で、ある一定期間の高値と安値を取り、その差分を主要なフィボナッチ比率で分割することによってトレンドを分析します。変動幅の38.2%、50.0%、61.8%が一般的で、人によっては23.6%という数値を使う場合もありますが、その中で最も角度が大きい部分が強いトレンドを示している線となります。

長い時間軸ほど多くのトレーダーがチェックしている

およそ1時間以上の時間軸を使ってフィボナッチを活用している人が最も多いと考えられます。

他のテクニカルツールと組み合わせて深い分析を!

しかし、絶対的な指標ではありませんので、この点を見誤らないようにすることが大切です。他の指標と組み合わせることによってより確度の高い投資意思決定ができるようになります。

フィボナッチはサポートライン・レジスタンスラインにもなる

トレンドが続いているときには、高値と高値、底値と底値を結んで差し引き、それをフィボナッチ比率で割ることによって、サポートラインとレジスタンスラインを求めることが可能です。

前日の高値と安値にフィボナッチを引いてみよう

まずは、前日の高値と安値を確認してフィボナッチを引くようにします。そうすれば、高値と安値の差分から、今日どの程度株価が変動するかを計算することができるようになります。

MT4でフィボナッチ設定を変更する方法

ここで、④説明に161.8=$と書いておくことによって、フィボナッチ・レベルが指しているペアの値段が細かく出るようになります。

フィボナッチ計算ツール

MT4やTrading Viewなどでチャートを表示することはできませんが、手動で計算する分、自分の好みに合わせて線を引くことが可能です。

フィボナッチを使った投資法のコツと注意点

せっかくフィボナッチを使って投資をするのですから、人と違った投資方法であっても積極的にチャレンジしてみて下さい。フィボナッチがきちんと使いこなせていれば、人とは違う投資スタイルになっても安心して投資ができるようになるはずです。

ゴールド(GOLD/XAUUSD)におけるフィボナッチ手法

フィボナッチ手法で反発狙い|FX/GOLD/XAUUSD” width=”1356″ height=”763″ src=”https://www.youtube.com/embed/pk-IbbaTlH4?feature=oembed” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>

フィボナッチとは

数学者から生まれた手法

正式名称はフィボナッチリトレースメント、またはフィボナッチエクスパンジョンという名称です。 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
今回の記事では リトレースメント(戻り) の方を取り上げて説明をしていきます。

黄金比を相場の波形にあてはめる

フィボナッチ数列と呼ばれるものがあり、 この比率で構成されたものが美しく見える という考え方があります。

これらの値が トレーダーが見ているチャートにも適用できる というのがフィボナッチリトレースメントです。

相場の波形が形成されているとき、次はどのあたりで反発するかを予測する際に 「このあたりまで来そう」 という無意識的な判断をトレーダーはしています。その 「このあたり」が上記の比率の数値に当てはまる可能性が高い ということです。

チャート実践編

実際にチャートでフィボナッチを適用してみましょう

右端の数字を見ると、先ほどの代表的な数値が記載されていることがわかります。
青い丸で2つの目立つ波形先端を結んだ際に、 次に反発しそうなエリアがおおよそこれらの代表値に集中 してきます。

これはゴールドトレードの経験則ですが、 「この値で反発しやすい」を順位付けするなら61.8>50.0>38.2 、となります。
私は上位2つのみを採用しているため、フィボナッチ利用時には23.6と38.2は表示させていません。
(設定の変更はチャート上のフィボナッチにて右クリック>プロパティで行えます)

また、反発が38.2あたりまでしか起こらないとき、その相場においては かなりトレンドが強いこと が予想できます。
このように黄金比を活用することで、このように反発しそうなエリアを、漠然とではなく、ある程度 目星をつけて狙いすます ことができます。

他のテクニカル指標との合流はねらい目

こちらの例は、フィボナッチ61.8にて反発が起こっているケースです。
青い丸の箇所に注目して頂きたく、61.8に位置するポイントで ちょうど期間200の移動平均線に触れています 。

このように、単に「フィボナッチで〇〇だから~」という根拠でエントリーをするというよりは、 ほかのテクニカル指標との合流がないか を確認することによってさらにエントリーの質が高まります。

水平線との相性が抜群

こちらは先ほどのフィボナッチリトレースメントの61.8の価格を水平線で延長させたものです。
一度フィボナッチの値にて反発した場合、 先の相場でも意識度が上がる傾向 があります。

「水平線は相場の波形を見てひくから当然」という意見もあると思います。
ですが、「単純に自分が相場波形を見て引いただけの水平線」と 「フィボナッチでも意識されたことを確認した水平線」 では、ダブルチェックが入った後者のほうが意識度が高くなりやすいことは事実です。

有名どころのテクニカル分析は水平線、トレンドライン、チャネルライン、移動平均線が多いですが、 フィボナッチもそれらに負けず劣らず機能します FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 。トレンド順張りの反発狙いにて、フィボナッチの考えを当てはめて勝率を高めましょう!

フィボナッチファンの使用方法を知り、相場の反転と勢いを見抜く

投資コラム

MetaTrader4に
標準搭載されていることが多いのに
使いこなせていないトレーダーが多い
フィボナッチ。

ここではフィボナッチの定義と
フィボナッチファンの使用事例を
解説していきます。

フィボナッチとは?トレードにおける使い方

トレードにおけるフィボナッチは
フィボナッチ比率というものを用いて
トレードに利用します。

フィボナッチ比率というものは
フィボナッチ数列から説明ができる比率のことです。
先に簡単にフィボナッチ数列から解説していきます。

フィボナッチ数列→フィボナッチ比率

フィボナッチとは人の名前です。
中世時代のイタリアの数学者レオナルド=フィボナッチにちなんで
フィボナッチ数列と名づけられています。

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377 …

パッと見ても
何の法則性もない数値の羅列にも見えますが
この数列には2つの特徴があります。

1 + 2 = 3
3 + 5 = 8
5 + 8 = 13

  • ・任意の数字を1つ後の数字で割ると、0.618
  • ・任意の数字を2つ後の数字で割ると、0.382
  • ・任意の数字を3つ後の数字で割ると、0.236


この0.618という数字こそがフィボナッチ・レシオの基本です。
この比率は自然界の法則の1つとされ、「最も美しいもの」の比率とされています。
例えば、ピラミッドやパルテノンとかいった宮殿の建築をはじめミロのヴィーナスといった芸術作品にも使われています。

ミロのヴィーナスは身長を1とするとお臍の位置が下から0.618のところに位置しています。身近なところでは名刺のサイズ(縦横)、人間の頭のつむじといった例も挙げられます。
つまり、私たちが違和感無く受け入れている美しい形はこの比率で出来上がっているものが多いのです。

相場の値動きであるチャートは
様々な人間の思惑が入った結果の形なので
フィボナッチ比率を意識した形になっても
不思議ではありません。

トレンドラインを引いたり、
決済をして利確、損切りをしたり
ポジション保有の判断を行ったり
押し目買い、戻り売りのポイントを探るのは
すべて人間です。

なので、フィボナッチ比率が無意識的に
チャートに反映されることは
当然考えれる話です。

ちなみに、、、
AIやコンピューターのトレードが多いから
現在においてはフィボナッチ比率が
当てはまらないのでは??
と考えることは可能です。

ですが、
AIやコンピューターは
そもそも過去のビッグデータから
将来を予測するだけのものです。

コンピューターが発達していなく
人間がトレードしてた時に
反映されていたであろう
フィボナッチ比率のデータも
きっちり取り込んでいるので
機械であってもフィボナッチ比率を
意識してくると考えたほうが自然です。

フィボナッチファンを使ってトレンドを把握する

フィボナッチを使ったツールとしては
フィボナッチリトレースメントや
フィボナッチファンが使われることがあります。

フィボナッチファンの概要・使い方

フィボナッチファンとは
フィボナッチリ比率に基づいた
「61.8%・50%・38.2%」の扇状の3本の線から成り立つラインです。
このラインはサポート(支持)とレジスタンス(抵抗)として使えます。

先に弱点を書いておきますが、
あくまでも自分の裁量で
フィボナッチファンを引くことになります。
そのため
ダウ理論やエリオット波動と同様に
自分の感覚だけで引くと
良いトレード結果になるとは限りません。

上昇トレンド時

次にフィボナッチファンを引いてみましょう。
直近の高値と安値を選択します。
すると数本のラインが自動的に引かれ
ファン(扇)のようになります。

上昇トレンド時のフィボナッチファンの一般的な解釈として
強いトレンドの場合は38.2%ラインを割らずに上昇していきます。
61.8%を割るようだとトレンドも終わりという判断をします。

上の画像を見ると
38.2ラインを割っていない時は
比較的強い上昇トレンドになっています。
38.2のラインを割ると
トレンドが弱くなっていき、
レンジ相場に似た様相になっています。

とは言え、
さらに下の61.8のラインは割っていないので
上昇トレンドが継続していることが
ローソク足の動きでも分かります。

フィボナッチファン単体でもある程度有効ですが、
他のインジケーターと併用することで
より精度の高いトレードシナリオを考えることも可能です。

下降トレンド時

では逆に、下落しているときのチャートを見てみましょう。
まずは何も線を引いてない
下図のチャート画像を見てみましょう。

下降トレンド時のフィボナッチファンの一般的な解釈として
強いトレンドの場合は38.2%ラインを割らずに下降していきます。
61.8%を割るようだとトレンドも終わりという判断をします。

上の画像を見ると FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
38.2ラインを割っていない時は
比較的強い下降トレンドになっています。
38.2のラインを割ると
トレンドが弱くなっていきます。

ただ、
61.8のラインは割っていないので
下降トレンドが継続していることが
ローソク足の動きでも分かります。

相場の未来を読むためのフィボナッチファンの使い方

フィボナッチファンをもっとテクニカルに使い
未来のローソク足の暴落暴騰を予知することに
使っているトレーダーも存在しています。

そのトレーダーさんや使い方については FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
今後限られた人に紹介する予定ですが、
それまでは以下の記事を見てください。

評価: ●有料商材よりも勝ちやすいです
●こんなに多くの特典をもらうのは初めてで、お得感が半端じゃありません。
●無料の割に期待できそうです(笑)
●驚きと喜びにて、購入して本当に良かったと大満足しています。
●他のサイトで購入してしまったFX商材。。オリジナル購入特典だけ購入できませんか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる