FXってなに

トレンドとは

トレンドとは
企業研修に使われる年間の費用の調査結果です。 様々な業種からの調査ですが、多くの費用を研修に使っていることがわかります。

コーポレートサイト制作のデザイントレンドと事例

アニメーション

アニメーション

サステナブル訴求

アニメーション

イラスト アニメーション

サステナブル訴求

コーポレートサイトの構成とコンテンツ

コーポレートサイトのターゲットは広範囲にわたります。そのため、全てのターゲットに対応した「統合型」と特定のターゲットへの情報発信を強化した別サイトを併用する「分離型」があります。

コーポレートサイトのコンテンツ傾向

サービス・製品情報 サービス・製品情報のほかに、セミナーやイベントの案内・予約機能なども増加
企業情報 会社概要・業績など、単調になりがちな情報のグラフ・イラストでの表現が増加
IR情報 ESG投資の高まりから、環境活動など非財務情報が増加
CSR情報 CSRの発展形としてSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みが増加
採用情報 学生・求職者向けにインパクトのあるデザインを採用した分離型が主流
ニュース 検索性向上のため、サムネール表示、絞込み・並べ替えなど機能充実化の傾向
コラム 企業ブランディングやマーケティングにつながる情報やトピックスを発信

コーポレートサイトのシステムと機能

コーポレートサイトの主な機能

Cookie同意管理 各国のクッキー規制に対応し同意管理バナーを表示
サイト内検索 自社のWebサイト内のコンテンツに限定して検索
レコメンド 閲覧や購入の履歴からおすすめのコンテンツを表示
問い合わせ管理 入力フォームからメッセージを受信、内容・返信等を管理
チャットボット Webページ上で質問や要望を受け付け、リアルタイムで回答
FAQ管理 Q&Aページを作成・蓄積し、運用管理
CRM 顧客との継続的な関係構築のための施策を管理
MA 見込客の顧客化に向けたアプローチを自動化
CMS サイトやコンテンツを構築・管理・更新
アクセス解析 ユーザーのサイト利用状況を記録し分析

コーポレートサイトデザイン・制作の費用と相場

コーポレートサイト制作の費用は、初期費用ランニング費用に分かれます。
ただし、コーポレートサイトのページ数や内容・機能、依頼する制作会社の規模などによって、費用が変わることがあります。

企業研修のトレンドとは?変遷と最新トレンドのご紹介

日本だけでなく、世界中の企業にとって永遠の課題とも言える人材育成。
AIの発達など人に頼らない仕組み作りも加速してきた現代ですが、まだまだ人が活躍する場面は多くあると言えます。
企業では、新入社員・中堅・ベテランといった入社時期ごとに行う研修、異動や昇格による仕事内容の変化に伴う研修、専門知識を得るための研修など、様々な場面で研修を活用した人材育成が行われてきました。
こういった企業研修には、その時々のトレンドが存在し、その時代のビジネスシーンで求められているものが見えてくるのではないでしょうか。今回は、企業研修のトレンドについて解説していきます

企業研修とは

企業研修の目的

企業研修に使われている費用

企業研修に使われる年間の費用の調査結果です。 様々な業種からの調査ですが、多くの費用を研修に使っていることがわかります。

トレンドとは

人材育成のトレンド

人材育成と人事の年表

記事内でご紹介した人材育成の変遷と人事のトレンドの変遷です。

企業研修のトレンド

ロジカルコミュニケーション研修

プログラムフロー例

・オリエンテーション
論理的思考やコミュニケーションについての知識を深める

・インプット力アップ
演習を通して、質問方法や話の聞き方などを学ぶ

・アウトプット力アップ
相手への伝え方などを演習形式で学ぶ

・論理力アップ
さらに深い論理的思考とコミュニケーションについての座学

・ケーススタディ

ロジカルコミュニケーション研修

インスピレーションポート

プログラムフロー例

・オリエンテーション
研修の流れの説明や各社紹介
課題として取り組む地域問題発表

・グループワーク①
課題地域でのインタビューなど情報収集

・グループワーク②
現地でのさらなる情報収集
問題提起・ニーズの特定

・アウトプット
アイデア出し、検証

・プレゼンテーション

イノベーションポート(他社合同形式)

OJTリーダー研修

プログラムフロー例

・オリエンテーション
研修の概要説明
参加者紹介

・今、なぜOJTが重要なのか
企業目線での人材育成の必要性やOJTの位置付けなどを学ぶ

・グループワーク
育成場の悩みなどをグループで討論
↓ トレンドとは
・OJTセルフチェック
チェック項目に沿って、現状の個人別分析
チェック項目の解説

・ケーススタディ
後輩指導のケーススタディをグループで行う
グループ結果発表・解説

・コミュニケーションについて
コーチングを学ぶ

・面接演習
面接のロールプレイング

・指導育成計画作成
それぞれが個別で部下や後輩の育成計画を作成

OJTリーダー研修

マネジメント研修

プログラムフロー例

・オリエンテーション
研修の概要と考え方

・役割の認識
マネジメント層として何を求められているのかセルフチェック
企業環境変化の認識

・マネジメント能力チェック
セルフチェックとグループ内で相互発表

・役割と責任について
6つのポイント解説

・問題発見・解決能力について
問題の捉え方と解決方法
フレームワークを学ぶ

・ケーススタディ①
問題発見についてのケーススタディ

・スタイル分析
マネジメントスタイルの自己分析

・リーダーシップについて トレンドとは
リーダーシップについて学び、個人とグループそれぞれで研究

・ケーススタディ②
リーダーシップについての研究結果発表

・目標設定の重要性について
方針管理と目標設定のポイント
マネジメントサイクルと評価

マネジメント研修 役割認識編

他社合同形式システム提案力強化研修

プログラムフロー例

・オリエンテーション
研修の概要と自己紹介

・演習準備
提案のステップ解説とテーマの提示

・グループワーク
仮想顧客への提案に向けた情報収集
戦略ミーティング

・問題発見と解決
問題解決と戦略提案それぞれの3つのポイント解説

・提案書作成について トレンドとは
提案書の構成と購買心理について学ぶ

・コストパフォーマンスについて
経営におけるコスト意識を学ぶ

・プレゼンテーションについて
プレゼンテーションの基礎知識と進め方

・提案書作成
プレゼンテーションに向けた提案書作成

・プレゼンテーション
仮想顧客に向けたプレゼンテーション実施

・結果講評
結果発表とコメント

システム提案力強化研修(他社合同形式)

ITプロジェクトシミュレーション研修(他社合同形式)

ソフトウェア開発プロジェクトの運営を演習のテーマとし、チーム(企業)、個人(一社員)として、異なるねらいを持った3回のシミュレーション演習を繰り返し、最終損益の結果を競います。
演習を通して業務の中で「仕様書どおりに作りさえすればいい」という感覚から、「利益貢献のためにとるべき行動とは何か」という意識変革を促し、具体的には下記の点において気づきを図ります。
◆社内メンバー・他部門・パートナー企業に対するコミュニケーションの重要性
◆品質・コスト・納期のバランスを、各々が常に認識して行動することの重要性
◆失敗を確実に次回に改善できるPDCAサイクルの重要性

ヨーロッパのトレンドとその進展を調べる!東京エスク

pasted image 0

出典:東京エスクのGiulia Ferraroさん

ファミリー ウェルネス月間とは?日英の家族に関連するCM広告を比較

  • 5月11日2022年 5月26日2022年
By Giulia. F

スペインで活躍するプロゴルファー早川真帆さんに聞く、現地のゴルフ業界事情とビジネスチャンス

  • 4月20日2022年 5月11日2022年
By Maho Hayakawa

ゴルフ スペイン ビジネスチャンス

Photo from Maho Hayakawa Read more “スペインで活躍するプロゴルファー早川真帆さんに聞く、現地のゴルフ業界事情とビジネスチャンス” →

日本市場で飛躍するiGaming業界|オンラインカジノの成長の秘密

    トレンドとは
  • 4月6日2022年 4月6日2022年
By Yuki.H

ヨーロッパ

聖パトリックの祝日とは?世界各地での祝われ方とマーケティングキャンペーン

  • 3月15日2022年 3月16日2022年
By Mao A., Honoka K.

ダブリンでのパレードの様子 Read more “聖パトリックの祝日とは?世界各地での祝われ方とマーケティングキャンペーン” →

【2022年イギリス版】英国ホリデーをセールスチャンスにする方法・年間販促カレンダー

  • 1月29日2022年 1月29日2022年
By Mao A., Honoka K.

Photo by Accommodations for Students Read more “【2022年イギリス版】英国ホリデーをセールスチャンスにする方法・年間販促カレンダー” →

[2022年版]イギリスでこれから伸びる3つの業界

  • 1月7日2022年 1月27日2022年
By Honoka.H

トレンドとは

[ビジネスコラム]イギリス市場進出に成功した日本企業事例と成功の分析

  • 12月8日2021年 1月25日2022年
By Hetty C.

ヨーロッパ

[ビジネスコラム]コロナウイルス流行が英国ビジネスにもたらした影響

  • 11月24日2021年 2月11日2022年
By Hetty C.

ヨーロッパ

イギリス人のクリスマスの過ごし方と買い物の仕方

  • 11月12日2021年 トレンドとは 11月15日2021年
By Hetty C.

Source https://www.british-study.com/en/blog/british-christmas-traditions/

【2022年注目】IT、ICTのトレンドキーワードを解説!政府白書から見る現状分析と今後の予測とは?

【2022年注目】IT、ICTのトレンドキーワードを解説!政府白書から見る現状分析と今後の予測とは?

日本のIT戦略を技術・人材の両面から支えるために設立されたIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)がIT社会の動向を調査・分析してまとめている白書です。2009年から『IT人材白書』、2017年から『AI白書」が刊行されてきましたが、昨今のデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴ってITとビジネスが密接な関係になってきたことから、これらが統合されて新たに『DX白書 2021』となりました。

1. 「デジタルトランスフォーメーション」

「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)」は、『DX白書 2021』と白書のタイトルになり、テーマの中核に据えられていることからも非常に重要なキーワードだと認識されていることが分かります。日本の成長戦略を示すものとして、今後しばらくはIT、ICTにおける重要キーワードの1つとして使われていくことになりそうです。

『令和3年 情報通信白書』では、デジタルトランスフォーメーションは一般的に使われている定義は厳密には一致していないとして、物質的な情報をデジタルに変換するデジタイゼーション(Digitization)とサービス提供方法をより良く構築するデジタライゼーション(Digitalization)と区別した上で以下のように定義しています。

2. 「データサイエンティスト」

データサイエンティストの重要性は『平成26年版 情報通信白書』ですでに指摘されていました。ここでは、データサイエンティストの明確な定義は存在しないと前置きした上で「単に企業内/組織内のデータを集約して処理するだけの人材ではなく、そこから有用な知見を引き出した上で、企業の意思決定に活かすことのできる人材(「平成26年版 情報通信白書」より引用)」と解説しています。DXによる事業変革の中核を担う人材を示すキーワードとして、今後しばらく注目を集めていくことになりそうです。

3. 「AI」と「IoT」

コンピュータやインターネットの処理速度が飛躍的に向上したことで、人工知能(AI)の高度化、モノのインターネット化(IoT:Internet of Things)が進みロボットも進化。『平成30年版 情報通信白書』ではこの流れを業務効率化の視点などから導入目的を「業務の自動化」「可視化・分析」「その他・業務支援」と分類・概観しています。『令和3年版』では、すでにAIによる業務の効率化の取り組みが実用レベルで進んでいて、現在「安心・安全で信頼性のあるAIの社会実装」が推進されているとしています。

4. 「アジャイル」と「DevOps」

5. 「RPA(業務自動化)」

日本の労働生産人口が減少しつつある中、生産性を向上させるための取り組み「働き方改革」が国策として進められています。従来より少ない人数でより生産性を高めるための施策として「RPA(Robotic Process Automation)」が注目されています。人手不足に対応するために、業務の自動化を可能にするRPAの導入を多くの企業が進めている状況です。

【初公開!】「2022年最新SEOトレンドセミナー~検索市場の最新トレンドと2022年に対策すべきSEOとは?」セミナーを2週間限定配信しております。


自分を、自社を知ってもらう方法としてwebサイトを持つことが一般的である今、検索エンジンでの順位というのはいかに多くの人に知ってもらえるかのカギを握る重要なものとなっています。

株式会社Speee 藤井 慧里様からお話していただきます。

3/18(金)から3/31(木)までの期間限定の配信となりますので、この機会にぜひお申込みください。

【セミナー概要】
第一部:株式会社Speee
「検索市場の最新トレンドと2022年に対策すべきSEOとは?」

■定量データで見るアップデートの変動
■トピックスから見る動向 トレンドとは
■2022年のSEO予測

第二部:株式会社ナビット
第二部では、弊社の地域特派員サービスについてご紹介致します。

【講師紹介】
株式会社Speee マーケティングインテリジェンス事業
マーケティング部部長 藤井 慧里

2014年株式会社Speee入社。デジタルマーケティング領域のエキスパートとしてエンタープライズを中心とした多くのクライアントのマーケティングを支援。その後、コンサルタント組織においてサービス品質管理責任者をしてサービス変革や採用、育成に従事。
2020年よりマーケティング部を率い、自社のマーケティングDXの推進役を担う。

【会社概要】
■会社名 株式会社ナビット
■代表者 代表取締役 福井泰代
■設 立 2001年1月
■所在地 東京都千代田区九段南1-5-5 九段サウスサイドスクエア8F
■TEL 03-5215-5713
■FAX 03-5215-5702 トレンドとは
■URL https://www.navit-j.com/
■E-Mail トレンドとは [email protected]

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる