プロが徹底解説

FX必須アイテム フィボナッチ

FX必須アイテム フィボナッチ
仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことです。TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)ともいい、金融機関が毎朝9時55分の為替レートを参考に決定します。海外旅行に行く際、日本円を外貨に両替するときのレートと、外貨を日本円に戻すときのレートに開きがありますが、そのちょうど中間に位置するのが仲値です。引用:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことです。TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)ともいい、金融機関が毎朝9時55分の為替レートを参考に決定します。海外旅行に行く際、日本円を外貨に両替するときのレートと、外貨を日本円に戻すときのレートに開きがありますが、そのちょうど中間に位置するのが仲値です。

引用:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

このため、日本では、1日のどこかのタイミングで取引レートを決めるため仲値制度ができました。

この仲値が決まる時間が、日本時間の9時55分です。
そして、この仲値のレートの主な基準は三菱東京UFJとなっているようです。

仲値トレードとは?

  • ①東京市場オープン前後から、仲値公示前後(仲値ロング)
  • ②仲値公示前後から中国元の対米ドルレートが決まる10時15分(仲値ショート①)
  • ③仲値公示前後から中国元の対米ドルレートが決まる10時15分から10時30分~11時までに発表されるオーストラリア、中国の重要指標発表まで(仲値ショート②)
  • ④10時30分から11時までに発表されるオーストラリア、中国の重要指標発表までから東京市場前場が終わる11時30分前後から12時30分前後(仲値ショート③)
  • ⑤東京市場前場が終わる11時30分前後から東京市場後場が始まる12時30分前後(仲値ショート④)

トレードのおすすめ曜日

ゴトー日(5の倍数の日のこと)の月曜と金曜です。

ただし、日本、欧州、欧米のマーケットが休場の場合はNGです!

仲値トレードの準備

フィボナッチ・リトレースメント

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

支持線(サポートライン)と抵抗線(レジスタンスライン)

その他の重要な線

その日の安値10銭以内高値10銭以内にそれぞれ水平線を入れます。

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

表示された、安値と高値をそれぞれメモし、安値ならそこから+0.1をしたものが安値10銭以内で、高値ならそこから-0.1をしたものが高値10銭以内です。

実際に仲値トレード!

①東京市場オープン前後から、仲値前後

①の時間帯では買い(LONG)のトレードを行っていきます。

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

・フィボナッチ・リトレースメントは9時~9時29分間の最安値と最高値を見つけて線を引く。
・この時間帯の高値と安値にもそれぞれ線を引く。
・トレードを行う日の安値(エントリー目安)と高値(決済目安)10銭以内にも線を引いておく。

エントリー

9時26分~9時33分の間にトレードを行う。

安値を「0」とした場合、(0の次のラインである)38.2%以内であれば買いでエントリーをする!ということです。

・9時36分~9時43分

・9時51分~9時53分

損失が出ていたとしてもここでエントリーした全てのポジションを決済します!

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

≪① のエントリー&決済のイメージ図≫

②③仲値から東京市場の前場・後場の谷と東京市場前場終了~後場開始

②と③の時間帯では売り(ショート)のトレードを行います。

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

  • フィボナッチ・リトレースメントは9時~9時52分間の最安値と最高値を見つけて線を引く。
  • トレードを行う日の高値(エントリー目安)と安値(決済目安)10銭以内にも線を引いておく。

エントリーと決済

慣れないと難しいかもしれませんが、とってもシンプルな考え方としてトレードを行う場合、「安いところで買って、高いところで売る」という基本的な考えを頭の片隅に入れておく。

sector1

9時53分~10時10分までです。

含み益が出ているポジションは一旦決済します。

sector2

10時16分~10時30分~11時(オーストラリア、中国等の指標発表直前)まで

表にも記載していますが、9時30分~11時という時間はオーストラリア、ニュージーランド(オセアニア)や中国の指標発表が集まりやすい時間となっています。

そのため、注意しなくてはいけないのは指標発表の時には手を出さない!ということです。

エントリーと決済方法はsector1と同じですが、sector1と大きく違うところとしては、指標発表があった場合、10時45分~11時の間であれば、エントリー時に売り増しをしてもOKというところ。

sector3

10時50分~11時30分までです。

このsector3では、10時50分~11時でのエントリーは①買い(LONG)トレードの1.3倍のポジションでのエントリーがオススメです。

sector4

11時30分~12時30分までです。

そして、損益が出ていたとしても12時30分には必ず全決済しましょう!

【必殺技!!】ゴトー日にできる仲値トレードの手法を誰でもわかるように超詳しく解説!

≪② ③のエントリー&決済のイメージ図≫

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる