FXスマホアプリ

インサイダー取引とは

インサイダー取引とは

「NEC the WISE」(エヌイーシーザワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称です。"The WISE"インサイダー取引とは には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していくという想いを込めています。
プレスリリースNEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
https://jpn.nec.インサイダー取引とは com/press/201607/20160719_01.html
NECのAI技術
https://jpn.nec.com/bigdata/ai/

SBI証券、NECと共同で、国内で初めてインサイダー取引の審査業務にAIを導入

株式会社SBI証券(代表取締役社長:髙村 正人、以下 SBI証券)は、日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:森田 隆之、以下 NEC)と共同で、国内で初めて(注1)インサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度より運用を開始する予定です。2020年度から実証を行い、判定理由を明示した上で高精度にインサイダー取引の疑い度合いのスコアリングを実現し、一次審査にかかる時間を約90%短縮できることを確認しました。
なおNECは、今回の取り組みの成果・ノウハウを活かし、AIを活用して相場操縦など不公正取引の審査業務を支援するクラウドサービス「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」に、インサイダー取引に対応した新たなメニューを加え、2022年度より提供を開始する予定です。

図1 「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」の利用イメージ

近年、金融サービスのデジタル化に伴い不公正取引の手口が複雑化・巧妙化しており、金融サービス提供者が行う不公正取引の監視業務にも負荷がかかっています。
こうした中、SBI証券は2019年12月に「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」を導入することで相場操縦取引に対する審査の高度化を進めるなど、デジタルトランスフォーメーションによる不公正取引の監視・防止を強化してきました。今回SBI証券とNECは、審査観点が多岐にわたるため審査対象の絞り込みが難しく多くの審査時間を割いていたインサイダー取引にAIを活用することで、審査業務の更なる高度化・効率化に取り組みます。

具体的には、SBI証券が保有する数年分のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データ等を学習したAIモデルを生成し、インサイダー取引の疑い度合いをスコアリングすることで審査業務を支援します。AIには、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注2)の1つであり、分析結果の根拠を可視化できる説明可能なAI「異種混合学習技術」(注3)を活用しています。

図2 インサイダー取引のスコアリングAIの実現イメージ

なお、本取り組みに関して「FIT2021(金融国際情報技術展)」(会期:10/14(木)~15(金)開催)にて、10/14(木) 15:30~16:10のNECセミナープログラム「SBI証券の不公正取引対策へのAI活用事例 -国内初、インサイダー取引審査へのAI適用- (プログラム番号B5(1)-23 )」で紹介する予定です。
https://jpn.nec.com/event/fit/


「NEC インサイダー取引とは the WISE」(エヌイーシーザワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称です。"The WISE"には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していくという想いを込めています。
プレスリリースNEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
https://jpn.nec.com/press/201607/20160719_01.html
NECのAI技術
https://jpn.nec.com/bigdata/ai/

不動産法 商事法 判例評釈

トップページ

(*1) 太田亘「インサイダー取引規制」『会社法の経済学』(東大出版会、1998年)345頁。
(*2) 木目田裕『インサイダー取引規制の実務』(商事法務、2010年)3頁。
(*3) 河本一郎=大武泰南『金融商品取引法読本』(有斐閣、2008年)434頁。
(*4) 長島・大野・常松法律事務所『アドバンス金融商品取引法』(商事法務、2009年)9頁。
(*5) 日野正晴『詳解 金融商品取引法〔第2版〕』(中央経済者、2009年)8頁。

2 アメリカ法等外国法からの検討

(*6) 島袋哲男『インサイダー取引規制』(法律文化社、1994年)4頁。
(*7) 黒沼悦郎『金融商品取引法入門』(日本経済新聞社、2009年)133頁。
(*8) 梅本剛正『企業法の課題と展望』(商事法務、2009年)525~644頁。
(*9) 河本=大武・前掲注(3)438頁。

3 インサイダー取引とは インサイダー取引規制への賛成意見及び反対意見

(*10) 黒沼・前掲注(7)133頁。
(*11) 川村正幸『金融商品取引法〔第2版〕』(中央経済者、2009年)30頁。
(*12) 木目田・前掲注(2)2頁。

(1)規制反対意見

(2)規制賛成意見

(*14) 浅野克己『現代経済論叢』(学文社、2000年)116頁。
(*15) 太田・前掲注(1)346頁。

Ⅲ. インサイダー取引規制対象者

インサイダー取引とは 法令に基づく権限を有する者(内部者)

2 契約を締結・交渉している者(準内部者)

(*16) 「こんぷらくんのインサイダー取引規制」(東京証券取引所自主規制法人、2008年)4頁、また、金融庁に確認を取った結果、不動産鑑定士も金商法第166条1項4号に該当する者にあたる。
(*17) 太田・前掲注(1)347頁。
(*18) 服部秀一『インサイダー取引規制のすべて』(商事法務研究会、2001年)44頁。
(*19) 河本、大武・前掲注(9)458頁。
(*20) 松本真輔『最新インサイダー取引規制-解釈・事例・実務対応』(商事法務、2006年)52頁。
(*21) 服部・前掲注(18)27頁。
(*22) 木目田・前掲注(2)62頁。

3 情報受領者

Ⅳ. インサイダー取引の現状

1 インサイダー取引の増加原因及び現状

2 判例の検討

Ⅴ. インサイダー取引規制と専門職業家の倫理

(*24) 長井長信「インサイダー取引罪の解釈論をめぐる覚書」『宮澤浩一先生古稀祝賀論文集〔第3巻〕現代社会と刑事法』(成文堂、2000年)169頁。
(*25) 太田・前掲注(1)349頁。
(インサイダー取引とは *26) 太田・前掲注(1)354頁。

弁護士が解説!どのケースが「インサイダー取引」の罪になる?

弁護士が解説!どのケースが「インサイダー取引」の罪になる?

Y子はA社にパート事務員として雇われており上司の指示により会議用書類のコピー取り作業をしていたところ、たまたまその中に含まれていた剰余金配当に関する機密書類を見てしまい、同じくA社の株が値上がりすると考えネット証券を通じ自己名義でA社株を購入した。しかしながらY子はもしかしたらインサイダー取引になるのではないかと心配し、A社株を購入したものの高値で売り抜けることはせずそのまま保有した結果、A社株は下落し含み損を抱えてしまった。

Z男はA社とは何ら関係のない外部の人間であるがX部長の大学時代の友人であり、飲み会の席でX部長から剰余金配当の事実を知らされ、同じくA社の株が値上がりすると考えたが、自己資金のみではA社株を購入できない状態であった。

そのため、Z男は友人のV美にA社の剰余金配当の事実を打ち明けて相談し、Z男の資金とV美の資金を合わせてネット証券を通じてV美の名義でA社株を購入し、その後、高値で売り抜けることに成功し、利益を2人で分配した。

第1はじめに

「インサイダー取引」は誰でも聞いたことがある用語だと思います。大まかに言うと会社の内部情報を利用して株取引を行い、利益を得ることがインサイダー取引に該当し、これは違法だからいけないことなのだということは理解していると思います。

第2インサイダー取引の要件とは

一般にインサイダー取引とは、 上場会社等の会社関係者(会社関係者等)あるいは当該会社関係者から情報を得た者(情報受領者)が、投資者の投資判断に著しい影響を及ぼす重要事実を知って、その事実の公表前に当該会社の株式等の有価証券の売買等の取引をすること をいいます。

したがって、インサイダー取引の要件をおおまかに列挙すると
1.会社関係者が
2.上場会社等の業務に関する重要事実を
3.その者の職務等に関し知りながら
4.当該事実の公表前に
5.インサイダー取引とは インサイダー取引とは 当該上場会社等の株券の売買等を行うこと

になります。

インサイダー取引「バスケット条項」についてのまとめ
2017/04/03 金融法務, 金融商品取引法, 金融・証券・保険

(2)最高裁の判断
副作用症例の発生は、A社が有力製品として期待していた新薬に大きな問題があることを疑わせ、新薬の今後の販売に支障を来すだけでなく、A社の特に製薬業者としての信用を更に低下させて、同社の今後の業務の展開及び財産状態等に重要な影響を及ぼすことを予測させることから、本件重要事実は金融商品取引法第166 条第2項第4号に規定する「当該上場会社等の運営、業務又は財産に関する重要な事実」で「投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの」であり、いわゆるバスケット条項に該当するとしました。
バスケット条項が適用されたインサイダー取引
金融商品取引法における課徴金事例集~不公正取引編~(pdf)(129~152ページ)
内部者取引防止規程事例集(pdf)(30ページ)

6 インサイダー取引に対する罰則

(1) 刑事罰
①インサイダー取引を行った行為者は5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又はこれらの併科がされます(金融商品取引法197条の2)。
②法人の代表者や従業員等が法人の業務等としてインサイダー取引を行った場合には法人も処罰(両罰規定・重課)されます。具体的には5億円以下の罰金が課されます(金融商品取引法 207条1項2号)。
③犯罪行為により得た財産について必要的没収・追徴もありえます(金融商品取引法198条の2)。

(2) 課徴金
インサイダー取引を行った行為者の経済的利得相当額を課徴金として国庫に納付しなければなりません。(金融商品取引法175条)

企業法務ナビよりお知らせ

本記事は、 約5年前 に投稿された記事です。法律に関連する記事の特性上、法改正や特別法の施行、経過措置期間の経過、新たな条文解釈を示唆する判例の登場などにより、記事の内容と現在の法律運用・解釈との間に齟齬が生じている可能性もございます。何卒、ご注意ください。

増資インサイダー取引はデータ分析により解き明かすことが可能か? | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

増資インサイダー取引 インサイダー取引とは 1 とは、増資情報が公表される前にその情報を入手し当該株式を売り、増資情報が公表され、株価が十分に下落してから買い戻すことで利益を上げる取引である(無論、必ずしも買い戻す必要はない)。増資情報で株価が下落する主な理由は、(1)株数の増加による供給超過の懸念や、(2)経営者が増資を行ううえで考察する資金調達方法の選択、等である。(2)について言えば、銀行からの借入れや社債発行による調達といったいくつかある調達方法から株式発行を選択したということは、足元の株価が割高と判断し、資金調達に適していると意思決定した、と市場関係者は解釈するわけである。当然、実際の経営に携わっている経営者の方が市場参加者より多く自社情報を有しているのだから、経営者の株価割高評価は、市場参加者に株の売りを誘発する 2 。これらの理由が合わさり株価は一時的に下落するとされている。

そこで株価データに少々加工を施してみよう。まず、増資情報公表前後10日間に焦点をあて、かつ、市場全体の値動きを取り除き、その上で前後10日間の累積超過収益率 3 で考察する。

勿論、大型株・小型株により効果の程度は違えど 4 、疑わしい増資の特定に対しては、このデータ加工にも限界があり、増資公表前後の売買高の増加率や、業績予測の下方修正といったリビジョン等を突合せ、総合的な判断が求められることは言うまでもない。しかし、このような株価データの簡単な加工でも、インサイダー取引の疑いのある銘柄をある程度は抽出できるかもしれないことは記憶に留めておいて損はない。

3 本レポートでいう超過収益率とは、実際の収益率からTOPIXの収益率(市場全体の値動き)より期待される収益率を取り除いた部分である。日本板硝子を例にすると、『日本板硝子の超過収益率 = 日本板硝子の実際の収益率 - TOPIXの収益率に対する日本板硝子の感応度(=ベータ値) × TOPIXの収益率』となる(ただし、無リスク利子率は0と仮定)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる