テクニカル指標

反転の見込み

反転の見込み

拡大画像表示

反転授業市場、2027年までに40億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「反転授業市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2022年~2027年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を5月17日より開始いたしました。

製品別の市場区分
・ソフトウェア
・ハードウェア
・サービス

エンドユーザー別の市場区分
・高等教育
・K-12

地域別の市場区分
・北アメリカ
・ヨーロッパ
・アジア・パシフィック
・中近東・アフリカ
・ラテンアメリカ

市場の競合状況
世界の反転授業市場における主要な企業としては、Adobe、Cisco、Desire2Learn、Echo360、Panopto、Aptara、Articulate、City & Guilds、Crestron Electronics、Dell、Haiku Learning、Mediacore、N2N Services、OpenEye、Saba Software、Schoology、TechSmithなどが挙げられます。

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:[email protected]
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:リンク

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:リンク
委託調査:リンク

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

読まれている記事

  • 1 PlayStation向け新タイトルなどを紹介する「State of Play」、6月3日に配信へ
  • 2 「Web3」とは何か?--漠然とした「次世代インターネット」の概念を読み解く
  • 3 スクエニ、スマホ版「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」を配信

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A 反転の見込み Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that 反転の見込み were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are 反転の見込み the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red 反転の見込み Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 反転の見込み Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

Hugh Simpson Contractors - Northern Scotland`s leading lifting and plant-hire firm.

Sorry, 反転の見込み you seem to have stumbled onto a page that has gone AWOL.

Recent Posts

  • Increasing lifting capacity to 700 tonnes with our new Liebherr LTM1650 8.1 crane
  • Full LEEA membership (8540)
  • Book your Class 7 MOT at Francis Street Services
  • New Service coming soon: Class 7 MOT
  • New Service: Lifting equipment thorough examination

Recent Comments

Archives

Categories

Recent News See what’s happening at Hugh Simpson Contractors…

Increasing lifting capacity to 700 反転の見込み tonnes with our new Liebherr LTM1650 8.1 crane

Recent Projects & Case Studies

Lifting 14 cable reels, MV Baltic Moon in Wick Harbour

Moving beams from Scrabster harbour

Unloading concrete beams from BBC Marmara, Scrabster harbour

Transportation of a door structure

Get in touch

Telephone 01955 604444

Office Address South Quay, The 反転の見込み Harbour, Wick, KW1 5HA

© 2022 Hugh Simpson Contractors 反転の見込み LTD. All Rights Reserved. Privacy Policy

マルウェア解析市場、2021年から2026年にかけて約26%のCAGRで成長見込み

マルウェア解析とは、疑わしいファイルやUniform Resource 反転の見込み Locator(URL)の挙動や目的を調査・理解し、潜在的な脅威を検知・軽減するプロセスを指します。マルウェア解析には、静的特性解析、対話型動作解析、完全自動化解析、手動によるコード反転が含まれます。このうち、静的特性解析は、パッカーシグネチャ、ハッシュ、メタデータのスキャンに重点を置き、対話型動作解析は、悪意のあるプログラムを隔離した環境で実行し、観察するものです。さらに、完全自動化解析では、疑わしいファイルを大規模に迅速に評価し、手動によるコード反転により、調査結果に貴重な洞察を加えます。現在、世界中の企業が、従来の検出メカニズムを回避するためにマルウェア解析に頼っています。

市場の動向
コアビジネスプロセスのデジタル変革により、世界中でサイバー攻撃の事例が大幅に増加しています。その結果、多数の企業が次世代攻撃に対抗するために、包括的で警戒心の強いマルウェア解析ツールに依存しています。マルウェア解析ツールは、ファイルを検査して悪意のある活動を検出し、重大な被害が発生する前に脅威に迅速に対応または排除することで、企業のネットワークインフラを保護するのに役立っています。また、マルウェア解析は、隠れた侵害指標(IOC)の発見、IOCアラートと通知の有効性の向上、脅威ハンティング時のコンテキストの充実、重大度レベルに基づくインシデントの実質的な検査などのメリットをもたらします。さらに、敵対者が使用する最新の技術、エクスプロイト、ツールを理解するためにも活用されています。このことは、世界的な新興企業の増加と相まって、市場の成長を推進しています。このほか、サービスプロバイダーは、オンプレミスまたはクラウドで展開できる高度な機能を備えたマルウェア解析ツールを提供しています。これにより、世界各国の航空宇宙、ヘルスケア、エネルギー・公益事業などの分野で用途が広がっています。

主要な市場区分
世界のマルウェア解析市場は、コンポーネント、導入形態、組織規模、業種に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分
・ソリューション
・サービス

導入形態別の市場区分
・オンプレミス
・クラウド型

組織規模別の市場区分
・大企業
・中小企業

業種別の市場区分
・航空宇宙・防衛
・BFSI
・公共部門
・小売業
・ヘルスケア
・IT・通信
・エネルギー・公益事業
・製造業
・その他

市場の競合状況
世界のマルウェア解析市場における主要な企業としては、Broadcom Inc.、Check Point Software Technologies Ltd.、Cisco Systems Inc.、FireEye Inc.、Fortinet Inc.、Juniper Networks Inc.、Kaspersky Lab、McAfee LLC、Palo Alto Networks Inc、Qualys Inc.、Sophos Ltd. (Thoma Bravo)、Trend Micro Incorporatedなどが挙げられます。

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 反転の見込み 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:[email protected]
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR 反転の見込み TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

2022年 | プレスリリース・研究成果

スピン流を利用した高効率磁化反転の新原理を確立 -スピン流を効率的に利用し、外部磁場不要・30%低電流を実現 -

〇大学院 工学研究科 知能デバイス材料学専攻
教授 好田誠
研究室ウェブサイト

  • 不揮発性磁気メモリの高密度化・省電力化が可能な新手法を開発
  • 既存の磁化反転方法と比較し30%の低電流密度化を実現
  • 大量生産に適用可能な積層構造を用いているため、IoT・AIなどに必要な高密度・省電力記録素子へ応用可能

IoTやAIの普及により今後爆発的な情報量増加が見込まれる情報通信社会において、情報を高密度かつ省電力で記録できる不揮発性磁気メモリ (※1) は必要不可欠となります。

東北大学大学院工学研究科・高等研究機構新領域創成部(FRiD)の好田誠 教授、新田淳作 名誉教授らは、韓国科学技術院(KAIST)のJeonchun Ryu研究員(東北大学大学院工学研究科博士課程修了/現Samsung Advanced Institute of Technology)、Byong-Guk Park教授、Kyung-Jin Lee教授と協力して、不揮発性磁気メモリの高密度化に必要不可欠な垂直磁化強磁性体に対して、外部磁場を必要とせずかつ低消費電力で磁化反転可能となる新たな手法を確立しました。スピントロニクスデバイスの大量生産に適した多結晶CoFeB/Ti/CoFeB構造で実現できるため、AI・IoTなど情報社会における高密度・省電力記録技術として期待されます。

図1 新開発の積層構造と得られた信号
(a) 面内磁化した下部強磁性体/非磁性体/垂直磁化した上部強磁性体からなる不揮発性磁気メモリ構造
(b)面内磁場角度を変えて上部強磁性体と下部強磁性体の磁化角度を変化させたときのスピン軌道トルク信号。これまでのモデル(青点線)では説明できない大きな変化が観測され、新しいスピン流成分を考慮したモデルにより実験結果を説明できます(赤実線)。

※1 不揮発性磁気メモリ
磁石の薄膜を記録層に用いたメモリ。磁石のN 極とS 極に対して「0」と「1」の情報を記録し、磁気抵抗効果を用いて読み出す記録素子。電源を切っても磁石の向きは保持されるため不揮発性を持ち省電力メモリ素子として期待されています。

問い合わせ先

< 研究に関して >
東北大学大学院工学研究科
知能デバイス材料学専攻
教授 好田 誠
電話 022-795-7316
Email: makoto*material.tohoku.ac.jp
(*を@に置き換えてください)

< 報道に関して >
東北大学工学研究科情報広報室
担当 沼澤 みどり
TEL: 反転の見込み 022-795-5898
Email: eng-pr*grp.tohoku.ac.jp
(*を@に置き換えてください)

NYダウとナスダック指数の2022年の値動きを予測!
どちらも2022年は「年末高」を予想する専門家が多く、
NYダウは4万ドル、ナスダックは2万ポイントの予想も

facebook-share

アナリストなどプロ42人が「2022年の米国株の動き」を予測!
プロの意見を集約すると、利上げなどでの停滞を経て年末高へ!

2022年、米国株はどのような値動きになるのか? NYダウ、ナスダック指数という米国の株式市場の代表的な株価指数の2022年の値動きを、アナリストなど投資のプロ42人が予測! 反転の見込み 反転の見込み 2022年1~12月の一年間の「高値・安値」と「値動きの推移」の予測を公開しよう。

アナリストら42人の回答を集計すると、 多くの人が「年末高」を予測 していることがわかった。 2022年の年末時点における予測の平均値を割り出すと、NYダウが3万7000ドル(2021年11月末比7%高)、ナスダック指数が1万6100ポイント(2021年11月比4%高) となった。

2022年の米国株の値動きを予測!


拡大画像表示

年末までの値動きの予測は、上の図にあるように、「春先から6月頃までは高値を維持。夏以降は調整局面、秋口に底打ちする」と見ているプロが多かった。 安値予測の平均値は、NYダウが3万3000ドル、ナスダック指数が1万4000ポイント 。つまり、その水準あたりまで株価が下がれば、絶好の買い場となる可能性がある。

2022年に米国株の下落要因となりそうなのが “金利の引き上げ” だ。2021年11月末、高止まりするインフレ率に対して、パウエルFRB議長は「早期利上げも視野に、インフレに対応する」と発言。この発表の直後は、オミクロン株の影響もあり、株価は急落している。

今後も、早期利上げ観測や新型コロナ変異株などのニュースで、株価は大きく動くだろう。「2022年の年央には、FRB(連邦準備理事会)による資産購入の終了と、金利の引き上げが間近に迫るため、株価は弱含む模様。その後、新型コロナへの対応力の差によって企業業績の明暗がはっきりし、秋口まで米国株は下落が続くと見ています」(パルナッソス・インベストメント・ストラテジーズの宮島秀直さん)
【※関連記事はこちら!】
⇒【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の売買手数料と取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社 反転の見込み

景気の拡大で、利上げしても米国株の上昇は続く!
2022年は「ナスダック」より「NYダウ」のほうが底堅い⁉

しかし、 利上げが米国の景気を腰折れさせる可能性は低そうだ 。 2022年は0.25%ずつ、2回の利上げが行われると予想されている。つまり、FFレート(※1)が0%から0.5%に引き上げられるということだ。
(※1:フェデラル・ファンドレートの略。FRBに預け入れる無利息の準備金「フェデラル・ファンド」が不足している銀行が、余剰の出ている銀行に無担保で資金を借りるときに適用される金利を指す。FRBは、景気が減速した場合にFFレートを下げて資金供給量を増やす。逆に、景気が過熱した場合は、FFレートを上げて資金供給量を抑制し、資金需給の調節を行う)。

利上げしても米国の景気拡大は続く!

なお、主要指数を比較すると、 2022年はナスダック指数よりもNYダウのほうが底堅い、と予測するプロが多い 。 それでも、2021年の米国株を牽引したGAFAMなどの好業績大型IT株は、好調が続くと見られている。

過去を振り返っても、利上げ局面では株価が荒れやすい。ただし、利上げができるということは好景気の証でもあり、大幅な利益増となる企業も多いだろう。株価が下がった場合に「押し目」狙いで買う銘柄を、今のうちから選んでおきたい。
【※関連記事はこちら!】
⇒米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

ダイヤモンドZAi最新記事の関連記事

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】 「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説! [2022年5月25日更新](2022.05.反転の見込み 25)

「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開! 【2022年最新版】会社予想の配当利回りランキングと 一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!(2022.05.03)

定期預金の金利が高い銀行ランキング![2020年・冬] 冬のボーナスは、メガバンクの100倍以上も好金利な 「あおぞら銀行」など、お得な金融機関に預けよう! 【2020年12月7日時点の定期預金の金利&キャンペーン情報を公開!】(2020.12.09)

まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな “8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の 選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!(2018.10.16)

株初心者はいくらから株式投資を始めればいいのか? 1株単位で株が買えて「1株=数百円」から始められる 6つのサービス(LINE証券・ネオモバ・S株など)を解説(2021.05.22)

ダイヤモンドZAi最新記事 バックナンバー

なぜ「つみたて投資」は初心者でも儲けやすいのか? “ドルコスト平均法”の効果で、安値のときにたくさん 買えて、資金や時間がなくても始められる人に最適!(2022.05.30)

投資初心者が「つみたて投資」を始めるべき理由を解 説! 預金だとお金はほぼ増えないので、大きく増える 可能性も高い「つみたて投資」が今注目されている!(2022.05.29)

割安株の中でも「業績好調・PER15倍以下」の大型株で ブレイク寸前の2銘柄! 半導体の優良株「マクニカ・富 士エレHD」、業績の上ブレに期待の「INPEX」に注目!(2022.05.28)

“割安+底値の堅さ”が魅力の「大型高配当株」2銘柄! 配当利回り5.65%で、利益も急拡大中の「双日」や、 利回り4.77%の“非減配”株「武田薬品工業」に注目!(2022.05.27)

2022年4月に新規上場した「IPO株」9銘柄の中で、 株価上昇に期待の2銘柄! AI技術支援の「セカンドサ イトアナリティカ」、ツイキャスの「モイ」に注目!(2022.05.26)

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 反転の見込み 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • 「マイナポイント第2弾」で公金受取口座の登録をする方法を解説! マイナンバーカー…
  • 楽天証券の“サービス改悪”で、個人投資家がSBI証券に大移動!? 移管手数料が全…
  • 「楽天モバイル」の新プランの料金を解説! 無料プランが終了する代わりに、楽天市場…
  • 「アメックス・プラチナ」の会員がもらえる「バースデートラベルクレジット」を使って…
  • 「楽天ポイント⇔JALマイル」の相互交換サービスが開始!「楽天カード」や楽天市場…
    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ編集部(2022.5.20)
    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ編集部(2022.5.20)
    ポイ探ニュース(2022.5.29) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ラカンリチェルカ(村瀬 反転の見込み 智一)(2022.5.27) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
  • DDHD---債務超過解消により上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除
  • 27000円突破で投資マインドが改善、ハイテク株などを中心に幅広く買われる
  • (まとめ)日経平均は大幅続伸 節目の27,000円を回復し上げ幅を広げる展開 今…
  • SREHD、ラクス、セルムなど

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 反転の見込み 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支
反転の見込み

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる