FX入門

ビットコインのやる気をなくす

ビットコインのやる気をなくす
ビットコインと は、 インターネットで取引を行うデジタル通貨です。 銀行や政府などの第三者(中央集権)を介さずに、分散型のP2Pネットワーク上で取引が可能な通貨です。 海外送金にかかる時間や手数料を大幅に削減できる仕組みがあります。

またビッコインの上限枚数は 2100万ビットコインと決められており これを増やすことが出来ないことから 「ゴールド=金」 と同じ性質を持っていると言われています。 出典:[FinTechとは何か?たったの3分でわかる3つのテクノロジー | TECH::NOTE]

原価計算システムと原価改善コンサルティングの株式会社アイリンク

近い将来、コンピューターが人間の知能を超えるとも言われています。
その結果、ものづくりはどう変わるのか?
その時、人ができる仕事、働き方はどうなるのか?

第23回 「これから10年で起こる、ものづくりの劇的変化 その1」

11月20日に第23回 「これから10年で起こる、ものづくりの劇的変化 その1」

コンピューターの急速な進歩により、今まで何十年も研究し
コンピューターには困難と考えられていた音声認識、翻訳、自動運転の
実現が目前に迫ってきました。

第22回 「合意形成と説得術、B to Bでの価格交渉術」

10月16日に第22回 「合意形成と説得術、B to Bでの価格交渉術」

そして、ハーバード流がなかなかできない理由や
「戦場の霧」の概念から固定された考えにとらわれず、
新たな解決策を生み出す「創造的な交渉術」についてご紹介します。

第21回 「経営戦略の発展の歴史とその特徴」

今回1970年代、ボストンコンサルティンググループの黎明期から、
ポーターなど様々な戦略の大家の発展と歴史を振り返り
「経営戦略は役に立つのか」について考えました。

第20回 「ものづくりにおけるヒューマンエラーの原因と対策」

そこで人のうっかりミス ビットコインのやる気をなくす ヒューマンエラーの原因について説明し、
現場でのヒューマンエラーの事例について、
従来のポカヨケやシステム化による対策と
ヒューマンエラーの原因から対策するヒューマンエラー対策を比較し、
これからのヒューマンエラー対策について考えますした。

第19回 「模倣者に負けるイノベーションの現実」

7
7月17日に第19回 「模倣者に負けるイノベーションの現実」

第18回 「なぜ高くても買ってしまうのか?行動経済学から読み解く」

ダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーの二人は
行動経済学という新たな分野を切り開き、
ダニエル・カーネマンは2002年にノーベル経済学賞を受賞しました。

この行動経済学と従来の経済学との違いを考え、
人間の非合理な判断をどのように行動経済学は解き明かしたのか、
考えました。

第17回 「ゆとり世代の特徴と若者のモチベーションを上げる方法」

そして彼等のモチベーションを高める方法として、
ダニエル・ピンクのモチベーション3.0を元に
今の若者に合った、報酬や評価にではない方法を考えました。

第16回 「インダストリー4.0はものづくりを変えるのか?」

本当にイノベーションが起きるのか、
それともかつてのFMSやCIMのように、すぐに萎んでしまう花火なのか、
詳しく検証しました。

第15回 「中小企業の高収益化とその課題」

また、中小企業の独自技術化と収益力の関係を調査した
神戸大学 大学院のレポートから分かった、
中小企業の利益率と技術力の意外な関係を紹介しました。

第14回 「人口減少社会とこれから起こる変化」

統計数値を基にした少子高齢化の実態と、その原因として政策の失敗、
そして地方行政の失敗と行政に衝撃を与えた増田レポートから
国が日本をどう変えていこうとしているのか学びました。

社員のやる気はなぜ失われる? うまくいく組織がやっている「心理的安全性」を確保する施策

多くの企業は、社員のモチベーションを高めることばかりに意識が向きがち。こう指摘しているのは、『こうして社員は、やる気を失っていく』(松岡保昌 著、日本実業出版社)の著者です。 もちろん、それを一概によくないことだと断定はできないでしょう。しかし、社員のモチベーションを上げるために会社がどれだけ取り組んだとしても、職場において日常的に、無意識のうちにモチベーションを下げるようなことが行われているとしたら? まずは自社の状況を把握して、モチベーションを下げる要因=「やってはいけないこと」をしないようにするほうが、優先順位は高いのです。 モチベーションを高める方法は無数にありますが、「やってはいけないこと」には共通するパターンがあります。 だからこそ、どんなときに社員の「やる気」が下がるのかを知ること。まず、これを知らないとはじまりません。そして当然ですが、その改善策も知ってください。実行すれば、あきらかに職場の雰囲気が変わりはじめるでしょう。(「はじめに ~やる気をそぐ「残念な上司」と「ガッカリな職場」~」より) 経営コンサルティング、組織人事コンサルティングを行っているという著者は、多くの会社の経営や組織風土の改革を支援するなかにおいて、「人のマネジメントを、勘と経験だけで行っている管理職やリーダーが多すぎる」と感じているそうです。 もちろん経験は大切ですが、同時に求められるべきは、心理学の知識やエビデンス(根拠)、労働意識の傾向を知り、それらをツールとして使いこなせるようになること。人のマネジメントはきちんとしたスキルなので、学んで身につけるべきものだという考え方です。 そこで本書では、マネジメントに関わるすべての人に知っておいてほしい心理学の知識、知恵やノウハウなどをまとめているわけです。 きょうは第4章「こうして社員が変わり、会社も変わっていく~『組織心理』に基づいたマネジメント~」のなかから、「創造性を求められる時代、緊張感は逆効果」に焦点を当ててみたいと思います。 個人のやる気を引き出し、組織として最大のパフォーマンスを導き出すために知っておくべきキーワードは、「心理的安全性」と「ブラックボックス化」だというのです。 こうして社員は、やる気を失っていく 1,760 Amazonで見る 1,760 楽天で見る

ビットコインで世界の貧しい子供たちに1円でも多く寄付を届けたい!ミスビットコイン・藤本真衣氏インタビュー

今回、ビットコインを使って事業を展開し、最近TVや雑誌で引っ張りだこのミスビットコイン(業界内の敬称)、株式会社グラコネ代表取締役兼ビットコイン寄付プラットフォーム運営の藤本真衣さんにお話を伺いました。<プロフィール> 藤本 真衣(ふじもと まい)

ビットコインとは何か

ビットコインと は、 インターネットで取引を行うデジタル通貨です。 銀行や政府などの第三者(中央集権)を介さずに、分散型のP2Pネットワーク上で取引が可能な通貨です。

海外送金にかかる時間や手数料を大幅に削減できる仕組みがあります。

またビッコインの上限枚数は 2100万ビットコインと決められており これを増やすことが出来ないことから 「ゴールド=金」 と同じ性質を持っていると言われています。

出典:[FinTechとは何か?たったの3分でわかる3つのテクノロジー | TECH::NOTE]

  • もっと自由な働き方をしたい!
  • クリエイティブな仕事がしたい!
  • 副収入を得られるようになりたい!

ビットコインで1円でも多く届けたい。寄付プラットフォーム「KIZUNA」

−−まずはじめに藤本さんの簡単な自己紹介をお願いします。

ここ1年で色々な仕事を手放し、日本進出した いビットコインやブロックチェーン関連企 業のローカライゼーション・マーケティングPR・マッチングのお仕事に絞るようにしています。


−−「KIZUNA」というビットコインを使った寄付事業を始めようと思ったキッカケは何だったのでしょうか?

そして、次第にもっと根本的な 問題解決 をしていきたいなと思い携わったのが、寄付プラットフォームを立ち上げるプロジェクトだったのです。

そのプロジェクトを進める中で、海外送金の 手数料が高く「マイクロペイメント=少額決済」 にしても手数料が高いという問題に直面している時に、ロジャー・ヴァー氏と出会いました。


「ビットコインだと直接銀行を介さずほとんど手数料もかからず現地の子供に送ることが出来るんだよ」
という彼の言葉で、 ビットコインの底知れない可能性を感じ興味を持ち始めました 。


−−ビットコイン取引において詐欺なども増加傾向にあります。藤本さんが思う安全な取引方法の見極め方など、どう感じているのかを教えてください。

ただ、技術以前の問題で、実際 売り方に問題 があったり、どう考えても悪意をもってやっているプロジェクトも中にはいることも確かです。

どの業界でも、絶対そういう人はいて、排除する事は不可能なので、最終的に「自分の身は自分で守るしかない。」と思っています。 欲に目がくらんで他人の言うことだけを信じるのではなく、自分自身もしっかり調べて勉強することで、リスクヘッジをする事が大事です。

大手企業によるビットコインやブロックチェーンの導入 ビットコインのやる気をなくす

−−最近、ビックカメラや大手企業でビットコインの決済も増えてきましたが、どのように感じていますか?

数年前は、使える場所が少なかったので、エクスペリアで ビットコインの決済ができた時には、エクスペリアで旅行券をビットコインで買って、ビットコイン決済のできるバリのカフェにわざわざ行っていました(笑)懐かしいです。

同じように、インバウンド(外国から国内へ訪れてくる旅行者のこと)で来た観光客が大量に使ってくれることによって日本経済が潤い、プラスに働けばいいと思っています。

ただ、ビックカメラでは、ビットコイン決済 は1 0万円までしか使えないという規制 もあるので、そのうちこの規制も外れてビットコインの良さが更に活かされるのではと感じています。


−−藤本さんが感じるビットコインの最大の魅力は何でしょうか?

初心者がビットコインを勉強するなら必ず知っておいてほしいこと


−−初心者がビットコインを勉強するなら何から手をつけたらいいでしょうか?

私自身も初心者向けの勉強会をやっているのですが、初心者が勉強するなら 「管理方法」 を徹底して学ぶよう勧めています。持つ前に安全な管理方法を知るって最低限必要ですよね。どれだけ言っても「ビットコインを失くしてしまった」という声が後をたたないので、管理方法については口を酸っぱくして言っています。

−−藤本さんが主催されている勉強会について教えてください。

−−答えづらいかもしれませんが、ここだけでしか話せないビットコインやブロックチェーンの話題を教えていただけますか。


−−藤本さんは技術者ではないですが、ビットコインやブロックチェーン業界で、ITエンジニアの重要性についてどう思われますか?

エンジニアの方々は「コードで世界を変えられる」と思っていまして、 この業界に携わるようになってから、尚更ITエンジニアの重要性を感じて 尊敬 しています。


−−ソースコードは資産だと言われますが、実際にプログラミングを学ぶことに関してはどう感じていますか?


−−「KIZUNA」について教えてください。

5月にニューヨークで開催されるカンファレンスに行くので、それまでに 寄付先 を増やそうと思っています。

この中で1つだけプロジェクトを紹介すると、 「シリア難民とルワンダの青少年を『「戦争を本気で無くす』」リーダーに育成する学校を始動」 というプロジェクトがあります。

そして、 今後はこの仕組みをオープンソース化していこうと動いています。 ビットコインで簡単に資金調達できる、対等にチャレンジできるようにしたいです。


−−この画面にあるQRコードからすぐに読み込んで送金(寄付)ができると言うことですか?

私が3つ寄付をしたうち、1つはビットコインを使った寄付でした。別の2つの寄付サイトは通常振込で、はじめに会員登録とログインをして、更にATMに足を運んで、そこから振り込みをしてなどの手順を踏んだのですが、改めて大変だと感じました。ビットコインであればその場でQRコードを読み込んで完了します。 「素早さ」の面でビットコインのメリットは非常に大きい です。

以上を踏まえて、この「KIZUNA」の周知と、 ビットコインを良い方向 で使っていただくことが私の願いです。


−−改めて確認ですが、「KIZUNA」プロジェクトとして最低寄付金額というのはあるのでしょうか?

ビットコインの分裂について

−−最近ビットコインのハードフォーク(分裂)も話題ですが、こちらに関してはどうですか?


−−全ての暗号通貨においてハードフォークは起きることなのでしょうか?もしそうだとしたら、多くの人が使おうとなった際に安定しないと思うのですが、今後の発展性(スケーラビリティ)についてはどう思われますか?


−−私の周りに実際に
Mt.Gox(マウントゴックス)事件、通称ゴックス化にあった方がいます。藤本さんはどうでしたか?


Mt.Gox(マウントゴックス)とは、 2010年から取引を開始し、長い間世界最大のビットコイン取引量を誇っていた東京の渋谷に本社がある取引所でした。日本円とビットコインの直接取引ができた唯一の取引所でもありました。

ビットコインの管理方法

−−確かに取引所に預けたままにするのではなく、自分のウォレットに保管することは大切ですね。

先述した通り管理方法はとても大切です。当たり前のことかもしれませんが、 「パスワード」や「復元フレーズ」を忘れないこと ビットコインのやる気をなくす ビットコインのやる気をなくす や、 「取引所に預けたままにしない」 といったことを心がけましょう。


−−実際に取引所に預けたままにしている人は多くいらっしゃいます。その管理方法で一番良いと言われているものにハードウォレットというものがありますが、種類はいくつかあるのですか?

そうですね。ハードウォレット(専用の端末機器にビットコインを保管できる端末)を購入した方も多くいるのですが、使い方がわからない方も多くいらっしゃいます。他には TREZOR(トレザー)やKeepKey(キープキー) などがあります。


−−個人的にはKeepKey(キープキー)が一番かっこいいと思います。また、やはり初心者だと「ハードウォレット」とは何?となってしまうかもしれません。

【補足説明 | 里】

ハードウォレット(端末機器):専用の端末機器にビットコインを保管できる端末。モバイルウォレットと違い、インターネットに接続することなく保管が可能なため、ペーパーウォレットと同じくセキュリティ面で優れています。私たちが普段日本円で使っている財布のビットコイン版だと思っていただいて大丈夫です。日本でも有名なハードウォレットに、「Trezor(テラゾー)」「Keep Key(キープキー)」「Ledger Nano(レジャー・ナノ)」「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」などがあります。

モバイルウォレット(携帯):私が普段使っているiPhoneやAndroidのアプリをダウンロードして保管する方法です。実際にモバイルからQRコードを読み込んで操作が可能なため、とても素早く決済が可能という利点があります。アプリによってアプリ提供先に保管されているなど、仕様が各社によって異なるためセキュリティ面で一概に安全だと言えないこともあります。

自己責任での保管にはなってしまいますが、実際に私が使っているアプリは「Bread Wallet(ブレッドウォレット)」「IndieSquare(インディスクウェア)」「Jaxx」「Zaif(ザイフ)」が国内では有名です。

ペーパーウォレット(紙):秘密鍵と呼ばれる暗号のパスワードやアドレスを紙面に残すことで、誰にも見られないように保管する方法。自分以外の人間に見られないようにすることが重要で、また燃えないように金庫に保管するなどしてセキュリティを強化してください。

改善(不正)できない評価の仕組み

ーーブロックチェーンの改ざんできない話題について教えてください。

ブロックチェーンについては、次回紹介する株式会社シビラの篠原さんが面白い話をされると思いますが、(株式会社シビラは、 「野菜のトレーサビリティー(商品の製造過程と流通経路)」 をブロックチェーンで管理していくという面白い企画をやっている会社です。)

KIZUNAでいうと、 将来的にブロックチェーンを使って改ざんできない、寄付した人と寄付された人のデータをデータベース上に保存し ていくことを視野に入れています。

Uber(ウーバー)やAirbnb(エアビー)などの評価システムも今後色々なところで利用されてくると思いますが、 「寄付した人」「寄付された人」の情報や評価も非常に大切になってくると思います。

発展途上国ではクレジットカードを使わない人も多くいるので、 先進国のように信用情報を貯めていくことができません。そうなったときに、寄付されたものをしっかり使ったのかどうかも含め、それをブロックチェーン上で評価として履歴を構築していこうと動いているのです 。

ビットコインはM to M(マシーン to マシーン)へ

ーートレーサビリティーは私もよく聞くのですが、それを野菜に使うのは 新鮮 ですね。

実は「 ビットコインは人と人だと正直、使い辛い 」「ビットコインは好きだけど、正直ビットコインじゃなくてもいいよね」という話しも耳にします。

そこでビットコインは人のためではなくて、2020年までには500億デバイス、2025年までには1兆を超えるデバイスが繋がる、 機械と機械[M to M(マシーン to マシーン)]とのコミュニケーション、人とAI(機械)とのコミュニケーションで使われるマイクペイメント(少額決済) というビックワードになっていくだろうねと話をして、私もそうかもしれないと感じました。

野菜のトレーサビリティーもそうです。例えば今まで大事におばあちゃんが育てた野菜(大根)があったとします。その大根が 嘘をついて売られたとしてももちろん大根は言葉を発することができない ですよね。

こんな仕組みができれば、言葉を発しない野菜にも言葉を与えることと同義になるので、今あるビットコインやブロックチェーンの 使い道や決済以外の価値 を作っていけたらと思っています。


この世にノード(一人一人の端末やデバイス)が残る限り、その愛の証明が残る
って素晴らしいです。


−−確かにそういう問題を解決できるのは良いですが、逆に離婚したときも残るのでしょうか?(笑)

ICOと資金調達

そんな子供たちが大人になったときにもし 、次は自分の国を助けるために自分で何か事業を興したいとなったら、そこに資金調達ができる仕組みを作りたいと思っています。

仮想通貨で資金調達できることを 「ICO」 (Initial Coin Offeringの略で仮想通貨上場のこと)と言います。

例えば本当に戦争を無くしたいと思う起業家が出てきたときに、普通に資金調達することは難しいですが、仮想通貨なら資金調達ができます。KIZUNAのビジョンとしては、そうすることで 子供達が将来自立して資金調達できる仕組みを作っていきたい と思っています。


−−先ほどICOの話しが出てきました。詐欺が多いとうのも最近話題ですが、どんな詐欺が多いのですか?


−−クラウドファウンディングの良さを使った悪質な詐欺があるということでしょうか。


−−藤本さんに改めてお聞きしたいのですが、テックキャンプのようなプログラミングIT教育事業に「期待する」ことは何でしょうか?

私のKIZUNAでもそうですが、 エンジニア不足で困っている会社が多いので優秀なエンジニアをたくさん育てていただきたい です。


−−藤本さん、今日は貴重なお時間ありがとうございました。

プログラミング学習の悩みを解決する無料カウンセリング【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ ※1 】

こんな不安や疑問はありませんか?
・プログラミングは難しくて挫折しそう
・独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
・効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい

カウンセリングでは、プログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。満足度 93% ※1 、累計利用者数は 40,000人以上! ※2

些細なご相談でも構いませんので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ ※3 】
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) 2.2016年9月1日から2020年12月31日の累計実績 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

小学生の約6割が夏バテよりも「やる気バテ」!?

やる気スイッチグループ コロナ禍2度目の夏休み小学生1001人と30代〜50代の保護者826人に聞く、子どもの『やる気』実態調査

子どもと親でやる気が起こると考えていることにギャップあり

子どもがやる気をなくすきっかけは、親が具体的な行動を示してしまうことが原因の一つに

やる気がなくなる時期は、今も昔も「夏休み」と「夏休み明けの授業」で、まさに今この時期こそ“やる気バテ”気味!?

コロナ禍2度目の夏休み、5割以上が計画をたててないという結果に。その理由は・・・

ビットコインのやる気をなくす

次に、夏休み中に子どもが頑張っていたことは 何かと聞いたところ、「宿題(59.7%)」、「家 族のお手伝い(40.8%)」、「習い事の練習(39.0%)」の順になりました。[図11]

■親が夏休み明けに子どもに頑張ってほしいことは、“やる気バテ”してても「学校の勉強」がダントツのトップ

【『やる気』コラム① 『この人にほめられたらやる気が出る!』と思うタレント第1位は!?】


【『やる気』コラム② “やる気バテ”解消の秘訣を『やる気の科学研究所』庭野所長に聞いてみた!】

こうした環境変化における親と子の認識のズレが、やる気のカギについての親と子のギャップを形成しています。 ビットコインのやる気をなくす
「やる気バテ」を解消するには、勉強に限らず、まず「とにかくほめること」が重要です。
加えて、「勉強しかすることがなかった」結果、「勉強しても楽しいことがない」という「失敗体験」に陥ってしまっている状況ですから、計画倒れに終わってしまうことが多かった「勉強以外のこと」について、今のコロナ禍で何ができるのか、実現できそうな計画を親と子で一緒にたて、実行してみるのがおすすめです。
(株式会社やる気スイッチグループ やる気の科学研究所 所長 庭野 匠)

株式会社やる気スイッチグループ やる気の科学研究所 所長 庭野 匠

株式会社やる気スイッチグループ やる気の科学研究所 所長 庭野 匠

【『やる気』コラム③ 小学生が『自分もやりたい』と思った競技第1位は水泳】

*やる気スイッチグループ「あなたとお子さまの『やる気』に関する親子アンケート」(実施概要):
■調査対象・方法: インターネット調査
■調査期間: 2021 年 8 月 14(土)~15日(日) ビットコインのやる気をなくす
■調査対象:①全国の30~50代の小学生のお子さまがいる保護者826人
②全国の小学1~6年生男女1001人(保護者と一緒に回答)

超省エネ型仮想通貨マイニングファームを立ち上げるサービスを3社共同で開始

株式会社ファーストシステム(本社:東京都豊島区西池袋5-5-21-2507、代表取締役:上田元二、以下ファーストシステム)は、超省エネ型の仮想通貨マイニングファームの実現を目的に油浸冷却システム・設置場所の提供とコンサルサービスで、青い森クラウドベース株式会社(本社:青森県弘前市大字宮川3-5-2、代表取締役:長内睦郎、以下青い森クラウドベース)、HASH FUTURE LIMITED(本社:19F, Easey Comm. Bldg., 253-261 Hennessy Road, Wanchai, Hong Kong.、代表取締役:田中英一、以下HASH FUTURE LIMITED)と、3社協業を10月23日より開始します。

そこで、省エネで電気代も安価な、仮想通貨マイニングファームを開設したいユーザ向けに、ファーストシステムが販売するGRC社の油浸冷却システムを、災害リスクの少ない青い森クラウドベースに設置し、HASH FUTURE LIMITEDがコンサルサービスを提供します。この3社の協業により、設置場所・電源・通信回線の確保や機器の設定、投資効果の試算や省電力の算定、会計/税務処理など、マイニングファームをつくりたい方のお悩みを解決することができます。

なお、10月24日(水)~26日(金)幕張メッセで開催される展示会「データセンター展 2018秋」の日比谷総合設備(株)ブース(7ホール20-1)に油浸ラックを展示予定です。こちらへのご来場もお待ちしております。

油浸冷却システムの構成と冷却フロー

<ご参考>油浸冷却システム
http://first-systems.co.jp/hashtank/
システムは油浸ラック、油の循環用ポンプと熱交換器で構成されています。

油浸冷却により従来のマイニングマシンやGPUマイニングリグの冷却設備の電力をおさえ
(冷却電力の90%削減)、従来の空調・防湿・防塵・UPS等の設備が不要となるため
工期を大幅に短縮して(8~10週間)マイニングファームの投資効率を最大化することを
可能にします。

油浸冷却システムはすでに世界で多くのユーザを持ち、日本では東京工業大学の
スーパーコンピュータTSUBAME-KFCでも使用されており、省エネ型スパコンの
世界ランキングGreen500において2013年・2014年の2年連続で第1位、以降5年連続で
トップ5にランク入りした実績があります。

油浸ラック外観と寸法

<設置場所>
青い森クラウドベース株式会社がマイニングファームの設置場所を提供します。
将来的には外気冷房や雪氷など省エネ型データセンターとしての冷却技術に、
油浸冷却システムを組み合わせることで環境に優しいデータセンターとして運営します。

<コンサルティングサービス>
本格的にマイニング事業に参画したいユーザ向けに
HASH FUTURE LIMITED社が下記のサービスを提供します。

・マシン選定や構築のアドバイス
・収益の最適化を試算
・減価償却/会計処理の適正化
・減税や補助金制度のご案内

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる