仮想通貨ニュース

バイナリーオプション両建て戦略

バイナリーオプション両建て戦略
結論からいうと、ハイローオーストラリアでは両建ては使えない手法となりました。
※理由は後に解説しています。

これから紹介する『バイナリーオプションの両建ての危険性と有効に使えるケースはあるのか?』を見れば、口座凍結などの危険性を回避しつつ、リスクや損失を抑えた取引ができるようになりますよ。

『動画で学ぶバイナリーオプション実践攻略』の無料配信を開始


■□■会社概要
商号:株式会社FXトレード・フィナンシャル
(略称:FXTF、英語名称:FXTrade Financial Co., Ltd.)
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 鶴 泰治
株主資本:10億82百万円 【資本金:3億5千万円】 (2014年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639

【リスク警告】
店頭バイナリーオプション取引「バイトレ」「バイトレ1000」は、お客様が当社に所定のプレミアム(オプション料)を支払ってオプションを購入する取引 です。 「バイトレ」は、将来の一定時点の為替レートがあらかじめ設定された目標レート以上か未満かを予想するラダーバイナリーオプションと、将来の一定時点の為 替レートが2つの目標レートに挟まれるレンジの内側(下限目標レート以上かつ上限目標レート未満)か外側(下限目標レート未満または上限目標レート以上) かを予想するレンジバイナリーオプションと、為替レートが判定時刻までに目標レートに達するか、達しないかを予想するタッチバイナリーオプションがありま す。「バイトレ1000」は、将来の一定時点の為替レートがあらかじめ設定された目標レート以上か未満かを予想するラダーバイナリーオプションです。「バ イトレ」「バイトレ1000」は、その結果がお客様の予想通りとなった場合は所定のペイアウト金額を受取ることができ、予想が外れた場合は購入したオプ ションが無価値となる取引です。 「バイトレ」「バイトレ1000」では、お客様の最大損失額はお客様が支払ったプレミアムの範囲内となり、お客様は短期間で利益を得ることもありますが、 投資資金の全額を失う可能性があるリスクの高い金融商品です。「バイトレ」「バイトレ1000」は、期日のある取引であり、それぞれに定められた条件を満 たすと権利が発生し、自動権利行使されるオプションです。 「バイトレ」の取引はロット単位で行い、ペイアウト金額を10,000円とする取引を1ロット(最低取引単位)とします。「バイトレ1000」の取引は ロット単位で行い、ペイアウト金額を1,000円とする取引を1ロット(最低取引単位)とします。1ロットあたりの取引に必要なプレミアムは変動します が、 手数料は無料です。 「バイトレ」「バイトレ1000」は、為替・金利等の変動リスク、信用リスク、流動性リスク、電子取引によるリスク等の取引リスクにより、損失が生じるお それがあります。 「バイトレ」「バイトレ1000」は、オプションの購入後、ポジションの解消取引を行うことができます。購入価格と転売価格には差(スプレッド)があり、 転売時に損失を被る可能性があります。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕 バイナリーオプション両建て戦略
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで バイナリーオプション両建て戦略 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

ハイローオーストラリアは両建てで凍結する!?【転売を使っても禁止】

MatchedOrder

結論からいうと、ハイローオーストラリアでは両建ては使えない手法となりました。
※理由は後に解説しています。

これから紹介する『バイナリーオプションの両建ての危険性と有効に使えるケースはあるのか?』を見れば、口座凍結などの危険性を回避しつつ、リスクや損失を抑えた取引ができるようになりますよ。

ハイローオーストラリアで両建ては危険

2020年9月、ハイローオーストラリアで両建てエントリーが禁止となりました。両建ては稼げる手法として推奨しているサイトもありますが、現在はまったくおすすめできない手法です。

ハイローオーストラリアで「両建て」を行うのは、口座凍結になる可能性があります。

ハイローオーストラリアで口座凍結!?凍結対策を徹底解説【出金できる?】 ハイローオーストラリアは様々な要因により口座凍結します。 転売や稼ぎすぎがその原因という噂もあり、このページではハイローの口座凍結のルールと対策、解除法について解説します。制限を受けた限定凍結と完全凍結の違いについても解説しておりますので、是非参考にしてください。.

両建てのルールを知らない方にとっては意味のわからない話だとおもいますので、ここからは「両建てとはそもそもどんな手法なのか」を見ていきます。

ハイローオーストラリアの両建てのルール

MatchedOrder

  1. HighとLowどちらにも連続でエントリー
  2. どちらかは確実に勝てる
  3. 利益をだしやすい
  4. 損失を最小限にできる

Matched-Order

両建てが禁止になる以前も、機械的にHighとLowにエントリーをしていると判断されたり、自動売買ツールの使用を疑われたりして口座凍結になるひとも続出していました。

他にも「両建て」は、HighとLowのどちらにもエントリーをすることで、損失を最小限に抑えることもできる。

ハイローオーストラリアで両建ては[禁止]されました

ハイローの禁止行為(契約条件より)

    バイナリーオプション両建て戦略
  • 自動売買ツールの使用
  • シグナル配信の使用
  • スキャルピング行為
  • 仮想サーバーでの取引
  • 両建てエントリー←2020年に新しく追加!

MatchedOrder7

ハイローオーストラリア契約条件より

6.15 バイナリーオプション両建て戦略 お客様は、実行すると私たちの適用法令違反となる疑いのあるオプション、もしくは私たちまたは他の人に適用法令違反を犯させることになる疑いのあるオプションを行うように、注文指示を出してはなりません。適用法令(いかなる法令もしくは規則も含みますが、これらに限定はされません)が関連しているのは、以下の事項です:

(a) 市場操作、虚偽の取引、市場不正操作、架空取引、ブラックボックス取引、スキャルピング、偽装売買、もしくは両建注文

両建てが禁止になった理由ははっきりはわかりませんが、投資家の間では「両建ての攻略が広まり、両建てで勝つ人が続出したから」や、「自動売買ツールと取引の動きが似ているため」などと噂されています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる