FXのおすすめ勉強法

デッドクロスによる押し目買い

デッドクロスによる押し目買い

※出典:スマートチャートプラス

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • デッドクロスによる押し目買い
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average デッドクロスによる押し目買い Convergence/Divergence Trading Method)

MACD構成

  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 デッドクロスによる押し目買い 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇 デッドクロスによる押し目買い
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 デッドクロスによる押し目買い フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.デッドクロスによる押し目買い 618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.6153、 13÷21=0.6190、 34÷55=0.6181、 89÷144=0.6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.デッドクロスによる押し目買い デッドクロスによる押し目買い 382、1.618を2乗すると2.618となる。
    1.618や0.デッドクロスによる押し目買い 618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

法則2 上向きの移動平均線を一旦割り込んで再上昇


2つめの法則は、いわゆる押し目買いのサインです。
株価が移動平均線を割り込んだ時点では下降トレンド突入の可能性が高まりますが、 結局反転して再び移動平均線を上抜いた時点で上昇トレンド継続となります。
そもそも移動平均線は上向いたままなので、スタンスとしては「買い」のままでいるべき状況です。
そこへきて、株価が移動平均線を上回る回復を見せたので、素直に順張りで買いを入れられるポイントです。
▼4203:住友べークライド(チャート:TradingView)


法則3 上向きの移動平均線をかすめて再上昇する

3つ目の法則も、押し目買いを促すものです。
法則2ととても似通ったサインになります。
株価が移動平均線に近づくようにやや下落(もしくは横ばい)したものの、結局、移動平均線にタッチすることなく反転上昇していくパターンです。
▼3086:Jフロントリテイリング(チャート:TradingView)


移動平均線から離れていく瞬間を捉えてトレードします。上昇相場の流れの中で、 なるべく安いところを買うためにも、大切な投資戦略です。
移動平均線のやや上にあって、なおかつ株価が上昇しかけているところがポイントです。

法則4 移動平均線を大きく下に乖離する

4つ目の法則は「下げすぎたから買う」というわかりやすい心境ながらも、そのタイミングを読み取ることがかなり難しいサインです。
下のチャート例のように、移動平均線はもはや下向きとなり、下降トレンドの最中での「下げ過ぎ」の場面を買うというものです。
下げ過ぎた株価が移動平均線へと戻る過程を狙った取引になりますが、仕掛けるタイミングを間違えると、 さらなる下落に見舞われる可能性や、さしたる反発もなく終わるケースがあります。
▼2914:日本たばこ産業(チャート:TradingView)

デッドクロスによる押し目買い

法則5 下向きつつある移動平均線を下抜く

5つめの法則からは売りサインとなります。このサインも法則1と同じく、 やや早まった判断を促すものです。ですので、ダマシとなるケースも多くなりますが、 高値近辺で売りポジションをつくるには有効なサインとなります。
▼8766:東京海上ホールディングス(チャート:TradingView)


移動平均線がやや下向きかけているところで、株価がそれを下抜いています。
移動平均線と株価によるデッドクロスのような格好です。この株価の動きにより 、後々、移動平均線が下向くことにつながります。法則1と同様、移動平均線の反転をいち早く捉えるトレード手法といえます。

法則6 下向きの移動平均線をかすめて再下落する

6つめの法則は、いわゆる戻り売りのサインです。
株価が移動平均線を上抜いた時点で上昇トレンド入りしていく可能性が高まりますが、 結局反転して再び移動平均線を下抜いた時点で下降トレンド継続となります。法則1との区別が大切になりますが、 見分け方は、移動平均線の傾きが、「下」か「上抜きかけているか」の違いでしかなく、経験を必要とする場合があることは否定できません。
▼4452:花王(チャート:TradingView)


法則7 デッドクロスによる押し目買い 下向きの移動平均線をかすめて再下落する

7つ目の法則も、戻り売りを促すものです。法則6ととても似通ったサインになります。
株価が移動平均線に近づくようにやや上昇(もしくは横ばい)したものの、結局、移動平均線にタッチすることなく転落していくパターンです。
▼3099:三越伊勢丹ホールディングス(チャート:TradingView)

デッドクロスによる押し目買い

移動平均線から離れていく瞬間を捉えてトレードします。
下降相場の流れの中で、なるべく高いところを売るためにも、大切な投資戦略となります。
移動平均線のやや下にあって、なおかつ株価が下落しかけているところがポイントです。

法則8 移動平均線から大きく乖離する

最後、8つ目の法則は「上げすぎたから買う」という書けば単純なことですが、 そのタイミングを読み取ることがかなり難しいサインです。下のチャート例のように、 移動平均線はもはや上向きとなり、上昇トレンドの最中での「上げ過ぎ」の場面を売るというものです。
上げ過ぎた株価が移動平均線へと戻る過程を狙った取引になりますが、仕掛けるタイミングを間違えると、 さらなる上昇に見舞われる可能性や、さしたる反落もなく終わるケースがあります。
▼5411:JFE(チャート:TradingView)


どこまで上がってから反落するかの明確な目安はなく、スルスルと上昇し続けてしまう銘柄もあるので、 他のグランビルの法則に比べて、かなりリスクの高い投資判断であるといえます。

「押し目買い」と「戻り売り」を株で成功させるコツ

押し目買い

押し目買い メルカリ

<押し目買いのチャート>

戻り売り ユーグレナ

<戻り売りのチャート>

副管理人アイコン

「押し目買い」と「戻り売り」の手法「トレンドライン」を引く

押し目買いと戻り売りで失敗しないコツトレンドラインを引くことです。

副管理人アイコン

押し目買いの場合

押し目買い チャート


※出典:スマートチャートプラス

戻り売りの場合

戻り売り チャート


※出典:スマートチャートプラス

副管理人アイコン

管理人アイコン

押し目買いと戻り売りのコツは時間足の確認と「だまし」回避

副管理人アイコン

管理人アイコン

押し目買いにナンピンはNG

管理人アイコン

副管理人アイコン

管理人アイコン

ナンピン買いには
・損失拡大
・時間の浪費
・精神的ダメージ
・機会損失

テクニカル指標(インジケーター)のおすすめ

移動平均線

副管理人アイコン

管理人アイコン

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

標準偏差による確率論では
★ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に株価が収まる確率 ⇒ 約68.3%
★ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に株価が収まる確率 ⇒ 約95.4%
★ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に株価が収まる確率 ⇒ 約99.7%

「押し目買い」「戻り売り」銘柄の探し方

<チャート形状によるスクリーニングが可能な証券会社>
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
など

押し目買い スクリーニング

<SBI証券>

副管理人アイコン

押し目待ちに押し目なし

相場格言の1つに「押し目待ちに押し目なし」があります。

副管理人アイコン

押し目買いをねらうべき銘柄とは

副管理人アイコン

戻り売りをねらうべき銘柄とは

4件のコメントがあります

>押し目ちゃさん
コメントありがとうございます。
そうですね、押し目買いと戻り売りはタイミングが命。そしてそれが難しい…
だからこそ、インジケータ選びはとても重要です。ご自分に合ったインジケーターを探しましょう。

>押し売りさん デッドクロスによる押し目買い
コメントありがとうございます。
そうですね、基本的なことほど難しいような気がします。
この記事を書くことでクロサキ自身、基本に立ち返りました。
押し目買いと戻り売り、どちらも利益を伸ばせると思うので腕を磨いていきたいと思います。

この記事にコメントする

コメントをキャンセル

このブログも読むと良いかも!

モメンタム投資

スキャルピング 手法 コツ

首吊り線

よく読まれているブログ

バルチック海運指数

循環物色アナライザー

「投資コラム」の人気記事トップ3

東証プライム企業一覧とプライム落ち銘柄一覧【最新版】を大公開。 さらに随時、東証プライム企業一覧・東証プライム脱落の企業一覧(プライム落ち銘柄一覧)の最新情報を更新していきます。 ※追記:2022年1月14日、東証プライ […]

東証プライム企業一覧

ETFS天然ガス上場投資信託はなぜ安い? そんなことが言えなくなる時代が来るのかもしれません… 2022年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、コモディティ価格が軒並み上昇しています。 天然ガスも例外では […]

天然ガスETF

大引けの大量買い、出来高が急増する理由を投資診断士が解説 (最終更新日:2021/12/1、元記事:2018/10/17) 歩み値の15時を見ると、大引けに大量買いがいつも起きています。なぜでしょうか? 良いところに気づ […]

出来高急増

よく読まれているブログ

最新のブログ

ブログ記事を検索する

よく検索される注目キーワード

おとなの株ラウンジの管理人

「おとなの株ラウンジ」運営責任者。日本株投資歴15年。投資診断士。テクニカルアナリスト一次試験合格!バフェットとPリンチが心の師。リーマン・ショックで運用資産半減⇒1度は株から足を洗うが、バリュー投資+テクニカル投資で復活。バリューグロース+テクニカルを組み合わせた投資が得意。座右の銘は未練残すな、金残せ
【note始めました】
初回は22年後半も期待の海運株を紹介しています。
note記事「業績絶好調!まだまだ伸びる海運株」

人気のブログランキング

東証プライム企業一覧

1

テンバガー候補 2022

2

米国株 テンバガー候補

3

天然ガスETF

4

BNF 小手川隆

5

出来高急増

6

増し担保解除

7

メタバース銘柄 本命 日本

8

MACD 設定

9

スキャルピング 手法 コツ

10

カテゴリー

免責事項 掲載している情報や口コミについては、万全を期しておりますが、その内容の安全性や正確性などを保証するものではありません。
ならびに、当サイト介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。
万一、外部ウェブサイトの利用につき問題が生じた場合、
その責任はリンク先の外部ウェブサイトが負っていますので、外部ウェブサイトと利用者ご自身の責任で対処してください。

【株】移動平均線の使い方を知って押し目買いで賢くトレード!

出典:株探

出典:株探

このように、移動平均線に沿って株価が上昇していることがわかります。移動平均線によってトレンドを図ることが出来るわけですね。さてそれでは移動平均線の実際の使い方を考えてみましょう。なお期間設定は上記設定が一般的だと思いますので、上記設定で考えます。

移動平均線の使い方① ~ズバリ押し目買いで使え!~

実際の移動平均線の使い方です。まずは先ほどのOSGコーポレーションの日足をみてみましょう。

出典:株探

出典:株探

どこが押し目となっているでしょうか?チャートだけを結果論で見ると、1,717円ラインで下げ止まり、反発しています。このラインが押し目買いポイントだったわけです。わかりますか?これでだけみると長期戦にタッチしたからかな?と少し半信半疑です。

そこで次は週足をみてみましょう。

出典:株探

出典:株探

週足でみると、週足の中期移動平均線のラインでぴったり押し目になっています。このように 移動平均線は株価がそこにタッチすると反発する という習性があります。これを利用して押し目買いするわけですね!

日足より週足、週足より月足 時間軸を上げるほど信頼度が上がる!

という事柄があります。日足でみると不透明なポイントでも週足でみると分かりやすいポイントになっていますね。これを月足チャートに注目するとさらにわかりやすくなります。

他の銘柄のチャートもみてみましょう。こちらはホープの週足チャートになります。

出典:株探

出典:株探

なんと二箇所も週足でのエントリーポイントがありますね。このタイミングを待ってエントリーするだけで爆益をとれたはずです。

また日足しかみていないと単純な上下動に心が揺らされ、無駄な損切をしてしまいます。そういった意味でも移動平均線の時間軸を多くみておくことは非常に大切になります。

なお注意しておきたいのが、こうした押し目買いのエントリーは好業績銘柄に限る!ということです。ホープもOSGも好業績銘柄になります。そこだけは注意しましょう!

移動平均線の使い方② ~ズバリ利益確定に使え!~

出典:株探

出典:株探

こちらはオンコリスという銘柄の日足チャートになります。この銘柄は非常にわかりやすくて、1,デッドクロスによる押し目買い 900円付近で買って、2,000円付近で売れば利益になるというチャートになっています。

この赤マルをつけた長期移動平均線ポイントで利益確定されていることがわかりますよね。ここが利益確定ポイントになります。

移動平均線が購入した投資家の平均購入ラインといえます。そこまで上がれば含み損が解消されたことによる投資家のヤレヤレ売りを誘発するためだといえます。

また移動平均線を見ている投資家達がこれ以上は上がらないだろうと思うポイントになるので、利益確定を誘発しやすいということも挙げられます。

利益確定も日足より週足、週足より月足の信頼度が上がります。

出典:株探

出典:株探

出典:株探

出典:株探

それはズバリ週足や月足の移動平均線の抵抗線にあたっている可能性が高いのです。こうしたラインが近くにあれば新たにエントリーすることは控えるべきでしょう。

デッドクロスの使い方【2021年版】

デッドクロスの使い方

デッドクロス

この「 上抜け 」することを「 ゴールデンクロス 」と呼びます。ゴールデンクロスした後の株価は、その後も上昇が続き、大きく利益を上げることができています。

一般的に、ゴールデンクロスは、株価の 上昇 が続くサインとして知られています。

次に、「デッドクロス」について確認しましょう。

2.デッドクロスとは?

「 デッドクロス 」とは、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下抜けすることを言います。

赤丸 で囲まれた部分で囲まれた箇所を見てください。

短期 の移動平均線(5日移動平均線)が、 長期 の移動平均線(25日移動平均線)を 下抜け しています。

デッドクロス

この「 下抜け 」することを「 デッドクロス 」と呼びます。一般的に、デッドクロスは、株価の 下落 が続くサインとして知られています。

そこで、今回は、「デッドクロス」が本当に利益が出る投資手法なのかについて、過去21年間の株価データをもとに分析します。

3.デッドクロスで空売りは本当に有効??

そこで、「 デッドクロス 」した銘柄を空売りし、「 ゴールデンクロス 」したタイミングで手仕舞いした場合に、利益が出るのかという分析をしたいと考えました。

ⅰ.ルール詳細(デッドクロスした銘柄を空売りした場合の有効性の検証)

デッドクロス

上記が、今回の分析条件です。

5日移動平均線が25日移動平均線を下抜けする「 デッドクロス 」した銘柄を空売りし、その後、5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けする「 ゴールデンクロス 」のタイミングで買戻しを行い手仕舞いします。

そこで、今回の分析対象は、空売りが可能な「東証1部貸借銘柄」としています。

ⅱ.分析結果(デッドクロスした銘柄を空売りした場合の有効性の検証)

分析結果を見てみると、勝率は 33.62%平均損益は -0.69% です。

以上の結果から、 デッドクロス したタイミングで空売りを仕掛ける戦略は統計的に有効な戦略とは 言えない でしょう。

むしろ、デッドクロスした銘柄を空売りすることは、損失を被る可能性が高い、 危ない 投資と言えるでしょう。

そこで、「 デッドクロス 」した銘柄を空売りではなく、逆に買い、「 ゴールデンクロス 」したタイミングで手仕舞いした場合に、利益が出るのかという分析をしたいと考えました。

ⅲ.ルール詳細(デッドクロスした銘柄を買い付けした場合の有効性の検証)

デッドクロス

上記が、デッドクロスした銘柄を買い付けした場合の分析条件です。

ⅳ.分析結果(デッドクロスした銘柄を買い付けした場合の有効性の検証) デッドクロスによる押し目買い デッドクロスによる押し目買い

上記が、デッドクロスした銘柄を買った場合の分析結果です。

勝率は 66.48%平均損益は +0.68% です。勝率は6割を超え、平均損益もプラスです。

株価が上昇していた銘柄が調整したタイミングは、絶好の押し目買いの チャンス と言えるでしょう。

デッドクロス

むしろ、損失を被る可能性が高く、 買い付け したほうが有利という結果が出ました。
株式投資の世界では、一般的に知られている手法が必ずしも正しいとは限りません。

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

ボリンジャーバンドは使えない?株での設定例&隠された欠点とは?

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 ボリンジャーバンドを使えば株で勝てる?動画で解説! ※動画が見られない…

  • 2022年1月20日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ボリュームレシオとは?【用語解説と統計データ公開】

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する デッドクロスによる押し目買い 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 1.ボリュームレシオとは ボリュームレシオは、一定期間における株価上昇…

  • 2020年3月18日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

モメンタムとは?【用語解説と統計データ公開】

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 1.モメンタムとは モメンタムとは、現在と過去のある時点の2時点の株価…

  • 2022年5月19日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

25日移動平均乖離法で買いポイント売りポイントを見極めろ!

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 株価チャートは移動平均線に回帰する 代表的なテクニカルチャートである移…

  • 2021年6月11日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ボリンジャーバンドと移動平均線で順張りトレードを狙う手法解説

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 初心者ほど順張りが大事 株取引においては、正しく環境認識してトレンドを…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる