初心者向けおすすめFX動画

ボラティリティとは

ボラティリティとは
ボラティリティとは、簡単に言うと株価の値動きの幅(大きさ)を表しています。
基本的にはパーセントで表し、値動きの幅が大きいほどボラティリティは高く、値動きの幅が小さいほどボラティリティは低いです。

楽天ボラティリティ・ファンド(資産成長型)

ファンドの損益や資産状況の計算、分配金の支払いの決定などが行われる日です。ファンドの決算は、年1回や2か月に1回など、各ファンドによって異なり、ファンド目論見書に記載されているほか、ファンド詳細画面で確認できます。
ファンド決算日を基準として、運用会社は、決算日までのファンドの運用成績や財務状況を開示します。具体的には、ファンドごとに貸借対照表、損益計算書、剰余金計算書、運用報告書を作成します。
また分配金の支払いは決算日に決定されます。
分配金を受取るには、決算日の前営業日までに約定となるような購入申込が必要です。
※営業日とは土日祝日を除いた日です。
※決算日が土日祝日の場合は翌営業日が決算日となります。
※分配金の受取りは、決算日から5営業日目となります。
※運用状況によっては、分配金が変わる場合、または分配金が支払われない場合があります。
基準価額決定、約定確認のタイミングは?
株式投資信託の分配金の受取はどのように確認しますか?

クローズド期間とは

設定来高値とは

設定来安値とは

約定日と基準価額の決定とは

申込単位とは

分配金コースとは

分配金コースには「受取型」と「再投資型」があります。 ボラティリティとは
・受取型
分配金を現金として総合口座で受け取るコースです。
分配金の受取りは、決算日から起算して5営業日目です。

手数料とは

ファンドの購入の際に販売会社に支払う手数料です。
楽天証券で取り扱う全ての投資信託は購入時の手数料は無料となっています。
※金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は「IFA手数料」が適用されます。

運用管理費用(信託報酬)とは

信託財産留保額とは

リターン(年率)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値です。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(年率)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。
「リターン(年率)楽天証券分類平均」より「リターン(年率)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(期間)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率の値です。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リターン(期間)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるベンチマーク収益率の値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。「リターン(期間)楽天証券分類平均」より「リターン(期間)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額で算出しています。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リスク(年率)とは

リスク(年率)楽天証券分類平均とは

ベータ(β)とは

株価指数などのベンチマークに対して、個別のファンドがどれぐらい敏感に感応し、連動した値動きをしているのかを表す指標です。
たとえば、あるファンドのベータが0.9とすると、ベンチマークが10%変動すると、そのファンドは9%変動するということになります。
ベータ値が1より小さい場合、そのファンドは、市場全体の値動きよりも、小さな値動きをしているファンドであることを示し、1より大きい場合、市場全体の値動きよりも大きな値動きをするファンドであることを示します。
ベータ値が小さいほど、価格変動のリスクが小さく、逆に、ベータ値が大きいほど、価格変動のリスクが大きいことを表します。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

相関係数とは

ファンド間や指数などとの値動きの連動性を表す指標です。
相関係数はマイナス1~1での範囲の数値で表されます。
相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことを示し、マイナスである場合には、反対方向に動くことを示します。
相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。信頼度は以下を参考にしてください。
0.8 ~ 1.0 非常に強い相関
0.6 ~ 0.8 かなり強い相関
0.4 ボラティリティとは ~ 0.6 やや強い相関
0.2 ~ 0.4 やや弱い相関 ボラティリティとは
0.0 ~ 0.2 無相関
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

アルファ(α)とは

あるファンドの収益率から、市場全体の動き(例えば日経平均株価など)に連動したリターンを表すベータ値を差し引いたものです。
アルファが高いほど、市場全体の平均よりリターンが高いことを意味します。運用者の判断で、市場全体の動きと連動しない投資を行ったことにより得られるリターンを表し、ファンドマネージャーの運用能力を測る指標ともいえます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

トラッキングエラー(TE)とは

ファンドが目標とするベンチマークと、実際のポートフォリオ(投資している銘柄群)を比べ、リターンがどれだけ異なっているかを表す数値のことです。
インデックスファンドの場合は、トラッキングエラーが小さいファンドが優れているとされます。インデックス運用においては、このトラッキングエラーの極小化を目指しています。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

シャープレシオ(SR)とは

リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。シャープ・レシオの数値が大きいほど、小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。
シャープ・レシオは、リスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAのシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになります。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

インフォメーションレシオ(IR)とは

アクティブリターン(ベンチマーク以上のリターン)を得るために、どのくらいアクティブリスク(ベンチマーク以上のリスク)が取られたかを測る指標です。
一般に、リスク調整後のリターンを意味し、高い方が良いとされます。アクティブ運用を行うファンドマネージャーの運用能力を測る指標となり、「1」を超えると、そのファンドマネージャーの運用能力が高いと評価されます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

インプライトボラティリティは予測変動率なのは前の回答者さんの回答通りですが、価格の変動自体は上下両方にあるのです。

インプライトボラティリティはオプションの期限毎に算出でき1日毎、1週間毎、1ヶ月毎といった形で求められます。

この際に算出出来るのは目安としての上値、目安としての下値が変動率によって求められます。

このオプションは通常は外国の商品ならCME(シカゴマーカンタイル取引所)の営業時間の切り替えで、日本の商品なら東京証券取引所の営業時間の切り替えで考えるようになり、どちらも日本時間の9時で日足の更新、週足の更新、月足の更新となるので、この時点のオプションの板を見て算出となります。
(仮想通貨は別取引所なので、敢えて書きません。FXやデリバティブのリスクが大きすぎるので安易に関わって欲しくないからです。)

算出した後は9時の価格を中央にし、《上下でどのくらい動けるか?=進捗率によっては傾けやすい方向》の目安になるのです。

したがって、いわゆる恐怖指数という翻訳は正確さを欠いていて、正確には
買い方→期間内の価格下落リスク率
売り方→期間内の価格上昇リスク率
となるのです。 ボラティリティとは

ではこれをどうやって個別株や、FXといった上下当てゲームに落とし込むか?がポイントになりますが、
①インプライトボラティリティを背に、期間内の売買戦略を立てる
②インプライトボラティリティの範囲内でロスカットされない証拠金維持率や、含み損対策の現金を用意
するというステップで考えます。

そもそもCMEや東証等の大きな市場のオプション市場で、インプライトボラティリティの算定に使える大きなオプション建玉取引している勢力というのは、主に大資金を持った大口が占めています。

したがってインプライトボラティリティの上下限に近付くと、損を出来ない大口による介入が期待できるのです。
これをオプションバリアと言います。

つまり
・デイトレなら当日のインプライトボラティリティ
・週間スイングなら週間のインプライトボラティリティ
・ややガチホなら月足のインプライトボラティリティ
を背に売買すれば《バリアが破られたら、大口の負けだから仕方ない》と明確な損切りラインに出来るのが分かりますね?

逆を言えば《インプライトボラティリティから遠い価格は、上下どちらにも動きますし、明確な大口の支援が無いので触る価値が無い》、《インプライトボラティリティを突破したら損切りに逆注文精算が期待でき暴騰落があり得る》とも言えます。

他にもインプライトボラティリティに対する価格進捗率は時間的な判断をする際に役立ちます。
例えば、
日足基準とした場合に9時にインプライトボラティリティを算出し、上下の価格を求めます。
そこから価格の変動と進捗率を観察していきます。
東京+中国時間に価格が上昇し、インプライトボラティリティの上限を叩いて引ける→欧州時間では既にインプライトボラティリティの上限を叩いた価格から始まり、実質では上窓状態→利確や損切り調整で窓埋めする(価格の下落調整)→価格がインプライトボラティリティの中央に戻ってアメリカ時間になる→アメリカ時間ではインプライトボラティリティの進捗率も価格の窓も実質フラットで始まる→アメリカのセンチメント次第→アメリカの市場が翌朝に引けてCMEの時間外取引に移行→東京時間開始で更新

という感じでインプライトボラティリティと24時間の進捗率で各取引所のオープン時の実質窓といったギャップの目安にもなります。

まあ、これは一例ですが大事なのは
×恐怖指数
○価格変動率=時間的進捗率の目安=大口介入の目安=突破時の期間内に於ける大口の損切り価格の目安
と解釈するのが大事だということです。

ボラティリティとは

img

ボラティリティとは、簡単に言うと株価の値動きの幅(大きさ)を表しています。
基本的にはパーセントで表し、値動きの幅が大きいほどボラティリティは高く、値動きの幅が小さいほどボラティリティは低いです。

ボラティリティの算出方法

①TR(トゥルー・レンジ)

  • 当日の高値-当日の安値
  • 当日の高値-前日の終値
  • 前日の終値-当日の安値

②TP(ティピカル・プライス)

TPは高値、安値、終値の3つの平均値です。
ボラティリティは、5%以上であればその日のボラティリティは高いと判断します。
ある事象で株価が急騰したりすると、ボラティリティは10%以上に上昇することがあります。

2. ボラティリティを生かした投資について

短期トレード

などの短期トレードを行うトレーダーにとって有利に働きます。
というのもこれらの短期トレードの場合、売買する株の値動きの変動幅が激しくないと短期間で利益を上げることが難しくなるからです。
つまり、短期トレードを中心に行っているトレーダーはボラティリティの高い(〇%以上と決めておくといい)銘柄を選ぶ必要があります。

つまり、ボラティリティが高い株はハイリスク・ハイリターンであるといえます。
エントリーするタイミングを間違えてしまうと、大きな損失を被る可能性もあるでしょう。
そうした状況にならないためには、株価チャートを分析して根拠を持ったエントリーができるようになることが大事です。

3. ボラティリティを見る際の注意点

ボラティリティだけでは株価の方向が判断できない

ボラティリティの数値を見ただけでは、その銘柄の株価の方向を判断することはできません。
あくまでも値動きの変動幅が分かるということなので注意が必要です。
よって実際に売買をする際は、ボラティリティを活かすと同時にテクニカル指標を用いて銘柄を分析する必要があります。

株価が低い銘柄はボラティリティが高くなる

2つの銘柄でボラティリティを求めてみました。
どちらもTR(3つのうち最大であった値動きの変動幅)は5円ですが、ボラティリティは大きく違っています。
それはTP(高値、安値、終値の3つの平均値。つまりおおよその株価)の違いによるものです。
どちらも株価の変動幅が5円で同じような価格変動をした銘柄のように思えますが、株価に対しての変動幅のパーセンテージは全く違います。

市場のボラティリティを乗り切るヒント

バンガード/市場のボラティリティを乗り切るヒントバンガード/市場のボラティリティを乗り切るヒント

ジュリー・ヴァータはバンガード・パーソナル・アドバイザー・サービシズ®のシニア・ファイナンシャル・アドバイザーであり、金融サービス業界で20年以上の経験を有しています。1999年のバンガード入社以来、富裕層顧客にファイナンシャルプランニングおよびアドバイザリーサービスを提供してきました。サーティファイド ファイナンシャル プランナー™(CFP®)プロフェッショナル兼CFA協会認定証券アナリスト資格(CFA)保持者。ボストン大学で財務とマーケティングの学士号を取得。

関連ページ

投資入門シリーズ

ご留意事項

  • バンガードのファンドについて詳しくお知りになりたい場合はvanguardjapan.co.jpをご覧ください。ファンドの投資目的、リスク、費用、経費、およびその他の重要な情報は、目論見書に記載されています。投資前によくお読みになり、ご検討ください。
  • ボラティリティとは
  • バンガードETFにおける受益証券の設定または交換は、通常数百万ドル単位のクリエーション・ユニット(原資産バスケットおよび現金)の引き渡しによってのみ行われます。投資家は、流通市場においてバンガードETFの受益証券の売買を行い、証券取引口座にこれらの受益証券を保有しなければなりません。その際、投資家は仲介手数料を課されます。また、ETF購入の際には基準価額を上回る金額を支払い、あるいは売却時には基準価額を下回る金額を受け取る可能性があります。
  • 債券ファンドへの投資は金利、信用、およびインフレリスクを伴います。
  • 分散投資は、利益の保証や損失を予防するものではありません。
  • 米国以外の企業が発行した株式や債券への投資は、カントリー・リスク、地域リスク、通貨リスクなどのリスクを伴います。新興国市場を基盤とする企業の株式は、国と地域の政治リスク、経済リスク、為替変動リスクを伴います。これらのリスクは特に新興国市場で高くなります。
  • すべての投資にはリスクが伴い、投資元金を割り込む可能性があります。
  • バンガード・マーケティング・コーポレーション、バンガード・ファンドの販売会社
  • 「Vanguard」(日本語での「バンガード」を含む)、「Vanguard ETF」、「Vanguard ETFs」および帆船を模したロゴは、「The Vanguard Group, Inc.」の商標です。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第146号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

日本株と「熱狂的ボラティリティ」のワナ

PDF版をご希望の方はこちら

たいていの人はボラティリティの上昇を弱気な市場環境と結び付ける。下げ相場では、一段安の恐怖が強まり、価格下落に対する防御であるプット・オプションの需要が増える。こうした需要がプット価格を押し上げ、インプライド・ボラティリティが上昇する。ここでのボラティリティ上昇は、業界用語で「左のテールリスク」として知られるダウンサイドの恐怖が原因であるので、これを「悲観的ボラティリティ」と呼ぶことにする。

しかし、市場が好調な時でも、ボラティリティが高まることはある。あまり一般的でないかもしれないが、それは実際に起こることである。相場の上昇に勢いが付き、大きな利益をすぐ得られると確信する人が増えると、投資家はコール・オプションを購入し、相場上昇の恩恵を受けるポジションのレバレッジを高める。これもまたインプライド・ボラティリティの上昇につながる。しかし、この場合は「右のテールリスク」として知られる大幅上昇の期待が原因であるため、これを「熱狂的ボラティリティ」と呼ぶことにする。

日経平均の高騰でボラティリティも急上昇

Display1.png

Display2.png

熱狂から失望へ

米国でもITバブル時に似たようなことが起きた。1990年代半ばにはS&P 500指数のボラティリティが全般に上昇した。当時はインターネット革命が新たな経済パラダイムを創るとの期待が高まり、投資家は相場上昇に参加するためS&P 500指数のコール・オプションに殺到した。バブルが破裂して株価が急落すると、市場のボラティリティはすでに高い水準からさらに一段と急上昇した。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる