FXニュース

仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか

仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか

提供:Andriy Onufriyenko/Getty Images

ブロックチェーン技術の仕組みとその重要性

ブロックチェーン技術の仕組みとその重要性

顧客について360度全方位の情報を効率的に得られる ブロックチェーンは分散型ネットワークアーキテクチャを基にした技術なので、情報がサイロ化することはありません。数々のシステムに、顧客の詳細情報のコピーが複数作られるのではなく、すべてのアプリケーションからひとつのデータ群にアクセスすることになります。それにより冗長性は低下し、反応も速くなるのです。また、CRMベースのプラットフォームには、顧客やその製品について、より背景状況に即した詳細な情報を集約することができ、これまでよりも豊富な情報をブロックチェーンビジネスネットワークにもたらすことが可能になります。

セキュリティの強化 ブロックチェーンでは、コードがそれぞれ強力な暗号化ツールで保護されているため、セキュリティが一層強化されます。しかもデータ記録は取り消しできません。トランザクションを消去することができないので、データの改ざんは不可能なのです。

内容豊富なインサイト 顧客のアクティビティに関するデータのインサイトは、一般に規模が大きくなるほど質が向上します。ブロックチェーンの分散型ネットワーク方式ならば、顧客が何を好むのか、どんなことを期待しているのかについての深いインサイトを、ビジネスのエコシステム全体にほぼリアルタイムで提供できます。

データの質と精度が上がる データの完全性は、システムのアップデートで人為的ミスや過失の起きやすいエコシステムには欠かせません。ブロックチェーンベースのCRMソリューションをモノのインターネット(IoT)など他のテクノロジーと組み合わせれば、人の手を介さずして、自社のデータからより実用的なインサイトを収集しやすくなるでしょう。

カスタマーエクスペリエンスの向上

セキュアな環境の実現 ブロックチェーンの導入で、企業と顧客とのインタラクションのセキュリティが向上すれば、企業は新たな信頼を得ることができます。また、消費者にとっては、サプライチェーンにおける商品の信頼性と安全性を確認できることになるでしょう。データの処理や共有を行う際も、そのデータがマルウェアやウイルス、漏洩などによって悪用されたり、流出したりすることはないという確信が強まります。

トランザクションがほぼリアルタイムになる ブロックチェーンを使えば、ほぼリアルタイムでトランザクションが記録され、複数の関係者がアクセスすることができるようになり、その結果、顧客サービスのスピードが変わります。

よりカスタマイズされたエクスペリエンスの提供 「ブロックチェーンを利用すれば、消費者の皆様にも選択的かつ安全にデータ共有をしていただけます。そうしたデータの提供も、不安なく行っていただけるのではないでしょうか。そしてそのデータを活用し、企業は製品やサービスをカスタマイズできるようになります」と、ライケンス氏は言います。

2022年~2025年:イーサリアム価格予測

2022年~2025年:イーサリアム価格予測8

投資を検討している方はCrypto.comがおすすめです。イートロはFCA規制の暗号通貨専門のプラットフォームで、プロ一流トレーダーが価格の動きを共有しながら、投資家がそのプロセスやポートフォリオなどの成り行きをコピートレードできるのが特徴です。ソーシャルトレーディングネットワークでもあるため、情報を共有しながら、より有利なイーサリアム価格予想を得ることができます。イーサリアム 買う時はビットコインの価格と比較しながら、イーサリアム 売買を検討しましょう。 イーサリアムを買うには適切なブローカーを選んで、最高のタイミングを狙うべきです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2022年:イーサリアム価格予測

次のイーサリアムのブルランは?

2023年:イーサリアム価格予測

しかし、インベスタープレイス(Investor Place)では暗号市場を観察する中で、金融市場を揺るがす景気後退が来る可能性があると離しています。こういった反対意見を考慮しながら、イーサリアムの購入を検討していきましょう。

アップデートで再蓄積

2025年:イーサリアム価格長期予測

イーサリアム価格は2025年にどのような景気を迎えているのでしょうか?英国のインディペンデント紙によると、2025年には最高19,800ドル程度までの価格上昇が期待できると話しています。イーサリアムの武器でもあるスマートコントラクトは、ビジネス分野でも大いに活用できるため、商業的目的の買いに注目が集まっています。イーサリアムの価格と深く関係のあるビットコインどこまで上がるかが気になるところですが、ビットコイン 高騰 いつまで”続くか?と期待を膨らませながら、有利な投資を続けていくことが大切です。

イーサリアム対ビットコイン

2022年~2025年:イーサリアム価格予測11

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアムの潜在的な高値と安値

イーサリアムは次のビットコインになれるか?

最も弱気なケースでは、ETH 2.0への発展によってイーサリアムのガス料金や取引速度が改善されることも考えられます。他のアルトコインやレイヤーワン(Layer-1=L1)暗号プロジェクトも、ソラナ(Solana)のように「イーサリアムキラー」となるべくADAやDefiコインと競合するかもしれません。

ここで最高のYoutube暗号チャンネルをまとめました。イーサリアムを代表とするアルトコインの価格予測を行っていますので、どうぞご覧ください。注目のDefiコインはアルトコインの売り圧低下にも関わるため、関連させて検証してみて下さい。Defiコインは2022年、0.039ドルで取引されています。2023年も0.11ドルから最大0.12ドルまで上昇することが期待されています。

イーサリアムは何に使われるの?

2022年~2025年:イーサリアム価格予測7

イーサリアム・ビジネスについて

その他、BNP Paribas、Ciox Health、Citigroup、Comcast、Fidelity、Foxcorn、Hewlett-Packard Enterpriseなどがあります。

イーサリアムの価格を動かしているのは何か?

ファイナンス・パートナーシップ

イーサリアムを購入する場所

2022年~2025年:イーサリアム価格予測6

ナビゲーションしやすいフォルム、主要クリプトの動きが一目瞭然、そしてCrypt.com Visa Cardの発行など、嬉しい特徴がたくさん詰まっています。

  • 独自のプリペイドカードを発行(Crypto.com Visa Card)
  • 国際的に規制されている
  • 250以上の暗号資産を採用・取引
  • 学習コンテンツ「UNIVERSITY」あり
  • リーサーチコンテンツを随時配信
  • 資産を預けて金利が生まれる「Crypto Earn」サービスあり
  • アルトコインのスプレッド手数料がやや高め
  • 非稼働時に手数料がかかることがある

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアムは2022年に買うべきベストクリプトなの?

安吾通貨のボス的存在「ビットコイン」が生まれてから14年が経とうとしていますが、ブロックチェーン技術はいまだに健在です。しかも、さらに進化の一途をたどっています。イーサリアムも世界情勢や経済ダメージに耐えて成長し続けています。イーサリアムはビットコインとは性質が異なり、複雑な取引を大量に行うことが可能です。実際、大御所のビットコインを除けば、暗号通貨第一位の実力を誇っており、将来性を見越した一流ビジネスパートナーがこぞってプロジェクトに参画している状況です。興味のある方は、2022年、イーサリアム 購入方法を検討すべきでしょう。

テクノロジー界のリーダーが米議員に公開書簡、暗号資産業界のロビー活動に警告

ビットコインのロゴが壊れるようなイメージ


提供:Andriy Onufriyenko/Getty Images

米国時間6月1日に公開された書簡で、ハーバード大学所属のコンピューターセキュリティ専門家Bruce Schneier氏や「Google 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか Cloud Platform」のプリンシパルエンジニアを務めるKelsey Hightower氏をはじめとする、総計26人のコンピューター科学者、ソフトウェア技術者、研究者は議会に対し、「リスクが高く欠陥があり、確固とした裏付けがないデジタル金融商品に規制の制約を受けない安全な避難場所を設けさせようとする、デジタル資産業界の金融業者、ロビイスト、支援者の圧力に抵抗する」よう求めた。

あなたにおすすめの記事

  • 「Web3」とは何か?--漠然とした「次世代インターネット」の概念を読み解く 2022年05月27日 07時30分
  • アマゾンCEO、NFT販売の可能性はあり--仮想通貨への対応は否定 2022年04月15日 08時50分
  • 米、40億円相当の仮想通貨を差し押さえ--Uberなどアカウント情報のダークウェブ販売に関与 2022年04月07日 11時18分
  • 「面倒くさい」「かかわりたくない」--6割がDXに消極的、デジタル化と混同 2022年05月25日 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか 08時00分
  • DeepMindが作った平凡な性能のAI「Gato」、何がすごいのか 2022年05月25日 06時30分

-PR- 企画特集

  • 契約書類のペーパーレス化を実現—弁護士監修の電子契約サービス「クラウドサイン」
  • 事例から学ぶデータドリブン、弾力性に富むビジネスを実現する4つの戦略と手法
  • 【事例】導入初年度に売上高が30億円から37億円に!劇的なV字回復を働き方改革で実現
  • これまでのようなオフィスが本当に必要ですか?「つながりの時代」の新しい選択肢
  • B2B取引のEコマース化によるメリットを徹底調査~業務効率改善やコスト削減など具体的な効果…
  • IT人材不足が継続、DXに取り組む企業は内製化へ

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

金融のアクセスランキング

  • 1 「PayPay」がオートチャージ機能を改善--決済時に残高不足でも決済完了
  • 2 「NFTブームは終わった」?--終焉説を信じるべきでない理由
  • 3 「Bored Ape Yacht Club」の新たなメタバースはNFTの進化を示す

編集部おすすめの記事

本日の主要記事

The 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか News.com' are 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか 仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか

企業経営に真のイノベーションを起こす「50センチ革命」の考え方とは

企業経営に真のイノベーションを起こす「50センチ革命」の考え方とは

【例題アリ】ラテラルシンキングとは?これからの時代に必須な考え方を徹底解説

【例題アリ】ラテラルシンキングとは?これからの時代に必須な考え方を徹底解説

【これでバッチリ!】NFTとは?わかりやすく解説!NFT作品の販売・購入・出品方法

【これでバッチリ!】NFTとは?わかりやすく解説!NFT作品の販売・購入・出品方法

ベンチャーキャピタルとは?クラウドファンディングの役割、資金調達方法を徹底解説!

ベンチャーキャピタルとは?クラウドファンディングの役割、資金調達方法を徹底解説!

自己効力感とは?高め方や自己肯定感との違いを解説

ホラクラシー組織とは?これからの時代に対応した組織体系を徹底解…

株式会社識学 代表取締役 社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』がなんと発売約1か月で12万部を突破しました!

書籍『数値化の鬼』図解要約資料

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』 の図解解説資料を を作成いたしました!

サイト内検索

カテゴリー

記事ランキング

リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍 「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

『お金』から見たWeb3.0の影響力と未来は。先駆者、ブロックチェーン推進協会理事岡部氏が語るこれからの社会の形

岡部典孝
JPYC株式会社 代表取締役
2001年 一橋大学在学中に有限会社(現株式会社)リアルアンリアルを創業、代表取締役/取締役CTO等経て取締役。2017年 リアルワールドゲームス株式会社を共同創業、取締役CTO/CFOを経て取締役。2019年 日本暗号資産市場株式会社(現JPYC株式会社)を創業、代表取締役。2020年 Links株式会社取締役。2021年 iU情報経営イノベーション専門職大学の客員教授、BCCC理事、DeFi協会・ステーブルコイン部会長。

INDEX

地域通貨の研究から「Web3.0」へ

――まずは岡部さんがWeb3.0のような世界観に興味を持ったきっかけを聞かせてください。

――Web3.0に関わるキャリアとしては、異色のキャリアに見えますね。

Web3.0で大きく変わる「お金の流れ」

――本題に入りますが、Web3.0とは世界に、どんな変化をもたらすのか聞かせてください。

特に大きな変化が起きるのはお金の流れです。例えば製品を販売し代金をお客さんがクレジットカードで支払う場合を見てみます。現在の商取引では、カード会社で処理され、製品の代金が入金されるまでに1ヶ月程度かかり、手数料もとられます。これだと、売上は立っているのにキャッシュフローが赤字になったり、悪ければ借り入れが必要になることさえあります。

その原因は、取引の途中に人が介在しているから。Web3.0の世界では、決済の処理も全てがデジタルで行われるため支払いのタイムラグもなくなり手数料も発生しません。発生するとしてもごく少額ですみます。納品した瞬間に代金が受け取れるため、商売がしやすくなり企業の成長に繋がります

――タイムラグのない処理は、キャッシュレス決済の延長線などでは難しいのでしょうか?

そして一つのプラットフォームに資産が集中するのも大きなリスクです。例えば今回のロシアのように経済制裁などによりプラットフォームが機能不全に陥ると、そのプラットフォームで資産を管理していた人は、資産は引き出せなくなるかもしれません。分散型のWeb3.0ではそのようなリスクを回避できるのも大きなメリットです。

――既にWeb3.0による金融の仕組みもあるのでしょうか。

今はDeFi(Decentralized Finance)という分散型金融の領域が一番盛り上がっていて、そこで使われているステーブルコイン(価格の安定性が実現するように設計された暗号資産)は既に20兆円以上の取引がされています。銀行とは違って24時間365日誰でもお金が貸し借りでき、手数料もごく少額しかかかりません。例えばPolygonあるいはShidenというネットワークですと、金額に関わらず一回の送金手数料は0.1円以下になることが多いです。(2022年5月現在)

しかし、Web3.0では人を介しないためお金の管理に人件費がかかりませんし、システムや維持費用もこれまでに比べて遥かに安価になります。それにより私たちは手数料を支払わなくて良くなり、みんなハッピーになると注目されているわけです。

変化する「お金」。消えていく現金と銀行の未来

――手数料を払わなくていいなら、みんなWeb3.0を使いますよね。そうなると、銀行など既存金融機関はどうなるのでしょうか。

これからWeb3.0が普及していくに当たって、既存の金融機関がどれほどのダメージを受けるかが一番のボトルネックだと思います。その危機を回避するために、多くの銀行がスタートアップに出資して新しいビジネスの形を模索しているんです。

――仮想通貨が普及していくということは、現金はなくなっていくのですか。

――仮想通貨だけを持っているのは少し怖いですね。

メタバースで変わる国や自治体のあり方はどう変わる?

――Web3.0の大きなテーマと言えば、メタバースもありますよね。メタバースで世の中がどのように変化するのか聞かせてください。

オンラインで仕事ができるなら通勤する必要もなく、満員電車に1時間も揺られる必要もありませんし、子育てや介護をしながら働くことだってできます。世界に目を向ければ、言語の壁があるとは言え、今は精度の高い自動翻訳もありますし、グローバルの壁はなくなりつつあるのです。

――ロボットが取引するとはどういうことでしょうか?

今はまだ金融業界に限った話ですが、今後はメタバース上で「小麦をいくらで買い付ける」という取引も、すべてロボットが交渉して決めるようになると思います。ロボットが正常に作動しているか、チェックするのが人の仕事になっていくでしょう。

――技術以外のハードルもあるのですね。

メタバースは多くの人に富を与えると同時に、管理も複雑になります。例えばメタバース上で発生した利益に対して税金をどこの国が徴収するか、国同士で利権争いにもなるでしょうし、国民の管理も大変です。マイナンバーなどで管理することで、国家に監視されやすくなるなど様々な問題を解決しなければいけません

――税金の話は国家間だけでなく、自治体でも課題にもなりそうですね。

――そう考えた時に、日本のWeb3.0の進捗度は海外と比べてどうなのでしょうか?

ただし、個人的には日本はもともとWeb3.0の概念に向いているとは思っています。日本は村のような小さなコミュニティを運営するのに長けていて、それは分散型の概念に近いんですね。一神教ではなく、いろんな宗教を信仰している人が同じコミュニティに属している国なので、Web3.0的な考え方を受け入れる土壌はあると思います。

早ければ5年後には実現するWeb3.0。鍵となるのはキラーアプリ

――どれもSFのような話ばかりでしたが、Web3.0はどれくらいの期間で実現すると思いますか?

早ければ5年もかからないと思います。例えばポケモンGOのようなキラーアプリが誕生すれば、Web3.0の世界も一気に広がるはずです。ポケモンGOにもポケコインという仮想通貨がありましたが、それで日々の生活もできるようになれば、社会は急速に変わるでしょうね。

――最後にこれからWeb3.0に参入するとしたら、狙い目の領域があれば教えてください。

ここがポイント

・「Web3.0」により大きな変化が起こるのはお金の流れ。決済処理もデジタルで行われるため支払いのタイムラグもなくなり手数料も発生しなくなる。
・ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨は、日常で使うには値動きが激しいため「ステーブルコイン」で取引価格の安定が図られている
・今後、メタバース上では「小麦をいくらで買い付ける」という取引も、すべてロボットが交渉して決めるようになる
・メタバース上で発生した利益に対して税金をどこの国が徴収するかや、国民の管理、監視社会にしないなど様々な問題を解決しなければならない
・日本は村のような小さなコミュニティを運営するのに長けていて概念が近いため、分散型のWeb3.0は向いている
・キラーアプリが誕生すれば、Web3.0の世界も一気に広がる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる