初心者でもできる

店頭取引と取引所取引の違い

店頭取引と取引所取引の違い
外国為替証拠金取引(FX)は、1998年4月に外国為替及び外国貿易管理法(外為法)が改正されたことを契機として登場した個人向け金融商品で、投資家 の皆様は、一定の証拠金(担保)を取扱会社に預託することで、その証拠金の何倍もの元本があると想定して(レバレッジ効果)、例えば、円と米ドル、円と ユーロ、円とポンドなどの外国通貨の取引を行うものです。
外国通貨の取引というと外貨預金が代表的ですが、証拠金の数倍の取引ができるという点や、実際に取引を行う際の価格(為替レート)の部分を比べた場合、FXの方が投資効率の高い金融商品といえます。

店頭取引と取引所取引の違い

【外国委託取引】
お客さまからのご注文を北洋証券が取次ぎ、直接海外の市場に注文を出す方法です。

  • 指値および成行でのご注文が可能です。(成行注文の場合、期待した価格からかい離した価格で約定する可能性があります)
  • 米国株式市場では、時差があるため、約定や受渡精算金額の確定に時間がかかります。(通常、翌営業日になります)

【国内店頭取引】
お客さまからのご注文に対して、北洋証券が相手方となって売買を成立させる方法(相対取引)です。

  • 仕切価格が確定しており、最終精算金額を確認して売買ができます。
  • 相対での取引になるため、在庫状況等により、取引可能な銘柄・価格・数量に制限があります。
  • 国内店頭取引の場合、お客さまに提示する仕切価格には手数料相当額が含まれているため、別途手数料は必要ありません。
  • 国内店頭取引にて外国株式等をご購入される際には、あらかじめその銘柄の外国証券情報を必ずご確認ください。

外国委託取引と国内店頭取引の違いについて

外国証券情報について

外国株式委託取引

店頭取引と取引所取引の違い

店頭取引と取引所取引の違い
約定代金 算出式
100万円以下の場合 約定代金の0.8800%
100 万円超 300 万円以下の場合 約定代金の0.7700%+1,100円
300 万円超 500 万円以下の場合 約定代金の0.6600%+4,400円
500万円超 1,000万円以下の場合 約定代金の0.5500%+9,900円
1,000万円超 3,000万円以下の場合 約定代金の0.4400%+20,900円
3,000万円超 5,000万円以下の場合 約定代金の0.3850%+37,400円
5,000万円超 1億円以下の場合 約定代金の0.3300%+64,900円
1 億円超の場合 約定代金の0.2750%+119,900円

国内店頭取引
店頭取引手数料
取引価格に含まれます。現地市場の終値等をベースとした価格に約2.50%のスプレッドを加減して決定します。 店頭取引と取引所取引の違い
通常現地市場の終値より買付提示価格は約2.50%高く、売付提示価格は約2.50%低くなります。
なお、市場動向や対象銘柄の個別要因により、当社が提示する取引価格(基準となるスプレッドを加減した価格)が変更される場合があります。)

適用為替スプレッドについて

店頭取引と取引所取引の違い
適用為替スプレッド
米ドル10万米ドル未満 100万米ドル未満 100万米ドル以上
±0.50円 ±0.25円 別途ご相談ください

外国株式取引のリスクおよび留意点

リスクについて

価格変動リスク
米国上場有価証券等については株式相場、金利水準、為替相場等の価格や評価額の変動に伴い価格が変動することにより、投資元本を割込むことがあります。

信用リスク
発行者の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、米国上場有価証券等の価格が変動することにより、投資元本を割込むことがあります。

流動性リスク
流動性の低い銘柄においては流動性の高い銘柄に比べ株価変動率が高くなる傾向があり、短期的な需給要因で株価の大きな変動や、場合によっては売買に支障をきたす場合があります。

為替リスク
米国上場有価証券は、円換算でのお受取金額が投資元本を割込み、損失が生じるおそれがあります。

カントリーリスク
投資先の政治・経済・社会情勢の混乱により、株価や為替の変動が起こり、損失を被ることがあります。

為替のきほん

「(1)そもそも『為替』ってなに?」でもお話ししましたが、外国為替の取引は「外国為替市場」で行われています。市場というと、株式の市場である東京証券取引所のような特定の場所や建物をイメージするかもしれませんが、為替市場にはそういった場所は存在しません。なぜなら、為替取引は取引所で集中的に売買が行われる「取引所取引」とは異なり、売り手と買い手が1対1で電話やその他の通信機器を通して価格や数量などの取引条件を決定し、決済(精算)までを行う「相対取引(店頭取引)」だからです。特に取引が集中する都市の名前を取って、イギリスであれば「ロンドン外国為替市場」、アメリカであれば「ニューヨーク外国為替市場」、日本であれば「東京外国為替市場」などと呼ばれているだけで、為替取引は世界各国のあらゆる場所で行われているのが実態です。

世界主要市場の1日当り外国為替取引高の推移

[図]

  • (注) データは各年4月の1日当り平均取引高

24時間動き続ける市場

外国為替の取引には、銀行、証券会社、一般の企業、個人などが参加していますが、市場には、銀行間の取引が行われる「インターバンク市場」と、銀行と顧客(一般の企業や個人等)との取引が行われる「対顧客市場」の2つがあります。ニュースなどで「今日の外国為替市場は…」というような場合には、銀行間の為替取引を指すことが一般的です。

取引が活発に行われる時間帯は、各国とも9:00頃から17:00頃までですが、世界中の取引を1日単位でみると、時間の経過と共に取引の中心が次第に西に移っていきます。1日で最も早く動き出すのは、ニュージーランドのウェリントン市場で、日本時間の朝5:00頃から取引が始まります。次いで、シドニー、東京、シンガポール、ドバイ、フランクフルト、ロンドンの順に取引の中心が移っていきます。最後が日本時間の21:00頃から動き出すニューヨーク市場で、翌朝6:00頃まで取引が続きます。外国為替市場は、世界中に広がる24時間休むことのない市場なのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる