タダで投資

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資
Credit: Global オルタナティブ投資 Fintech Report 2017, PwC

オリックス生命保険株式会社 オルタナティブ投資担当※一貫したキャリアを築ける/一般勘定運用資産が直近5年で約2倍※

事業概要 ■会社概要:個人保険の保有契約件数が直近5年で約2倍となり、急成長を遂げている会社です。これまで、シンプルでわかりやすい「商品開発」や「販売手法の構築」、「お客さま目線の取組み」を実施することで急激に業績を伸ばしてきました。今後もお客さまのニーズの本質を捉え、お客さまの不安を安心に変える保険会社を目指していきます。時代の変化とともに多様化するニーズに対応するため、新たなステージへチャレンジし続けていきます。 所在地 〒100-0004
東京都千代田区大手町2-3-2 大手町プレイス イーストタワー 設立 1991年4月 従業員数 2,237名 上場市場名 非上場 資本金 59,000百万円 売上高 404,900百万円 経常利益 52,000百万円

この求人情報は、dodaエージェントサービスの採用プロジェクト担当を通じての受付となります。

  • 「応募する」ボタンを押すと、ご応募と同時にdodaエージェントサービスの登録が完了します。
  • ご応募後、職務経歴書のアップロードがお済みでない方は、できる限りお早めにご提出をお願いします。
  • 採用条件に合致した方については、dodaエージェントサービスにご提出いただいた情報 にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。
  • ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当する採用プロジェクト担当から行います。

【拠点名】
シンガポール:PERSOLKELLY Singapore Pte Ltd
香港:PERSOLKELLY Hong Kong Limited
韓国:PERSOLKELLY Korea, Ltd.
台湾:台灣英創管理顧問分有限公司
ベトナム:PERSOLKELLY Vietnam Company Limited
中国:英創人材服務(上海)有限公司、英創人力資源服務(深セン)有限公司
マレーシア:Agensi Pekerjaan PERSOLKELLY Malaysia Sdn. Bhd.
フィリピン:John Clements. Recruitemt,Inc.
タイ:PERSOLKELLY HR Services Recruitment (Thailand) Co., Ltd.

代替投資/オルタナティブ投資とは何か

代替投資/オルタナティブ投資とは何か

他のオルタナティブ投資に比べると、一番親しみやすい方法と言えます。現物不動産、つまり土地やその土地にある建物(定着物)を購入、あるいは投資をして価値の値上がりを狙うものです。もちろん不動産の現物を購入するにはそれ相当の資金が必要となるのですが、時代とともに不動産商品も多様化。 REIT のようにオフィスビルや商業用施設を分配、家賃収入を得るといった 新しい投資法 もあるので、挑戦してみるのも手です。

コモディティ(商品先物)

コモディティは原油や農作物、金などの商品を指します。特にリーマンショック以降、 金の人気は不動 の地位を獲得。有事の際(例・イギリスのEU離脱の際)にも金だけは商品価値が上昇する傾向があり、 分散投資 の対象として有効です。コモディティ投資をするのなら、まずは金がおすすめと言えます。

オルタナティブ投資の メリット

オルタナティブ投資のメリット

オルタナティブ投資における最大のメリットは、 市場の変動からの影響を受けにくい ことです。この投資方法であれば株券や債券と連動性が低いため、たとえ市場が低迷していても、収益を狙えます。

また、 オルタナティブ投資 リスク回避 も大きなメリット。ご紹介したようにオルタナティブ投資では広い範囲での投資が可能です。多様な商品に投資しておけば、ひとつが価値の暴落に見舞われても危険が減ります。ある商品の資産価値が落ちるときには、別の商品へ現金は流入しているのが一般的です。つまり 分散投資 を行なうことで、ひとつの商品で損をしてもトータルの資金ではプラスに持っていくことが可能。

オルタナティブ投資の デメリット

投資家としてはメリットも多いオルタナティブ投資ですが、デメリットもあります。まずひとつに、扱う商品が多いため、株券などと違って価格価値が複雑で 収益構造 の把握が難しくなりがちということです。さらに株価などとは違い、市場での流動性が低く、 短期投資には向かない 点が挙げられます。

また、オルタナティブ投資では 元手がかかる のもデメリット。土地や企業、金への投資にはどうしても元手が要ります。しかも収益が出るまでに基本的に 長い時間が必要 です。その途中で投資した企業の経営が傾けば、当然被害を受けます。リターンが大きいのはオルタナティブ投資の魅力ですが、一方で長期の投資にはこうしたデメリットは避けられません。

オルタナティブ投資に 向いている人 とは

オルタナティブ投資は、 長期的運営 ができ、資産の分散を希望する人にこそ最も向いています。分散投資を行なえる資産を有していれば、リスクヘッジ、リターン向上を狙うためにオルタナティブ投資は 非常に有効 オルタナティブ投資 です。

他には 絶対的収益 を目指す人も、オルタナティブ投資に向いていると言えます。市場の上がり下がりに左右されず大きなリターンが欲しいのなら、これほど向いている投資法もありません。

リーマンショック以降は、株、債券の分散年投資だけでは リスク回避 が難しいとされる時代です。海外では実際に多くの投資家がヘッジファンドをはじめとしたオルタナティブ投資に傾注しています。投資家としてある程度の資産を保有し、さらなる飛躍を目指したいという人は、オルタナティブ投資をはじめてみても良いでしょう。

第21回 オルタナティブ投資って?

廣澤 知子

「オルタナティブ投資」と聞いてどのように感じられますか? まず言葉が難しいですよね。何であるかの説明では「代替投資」、中身についての説明には「ヘッジファンド」、「プライベート・エクイティ」・・・
投資初心者にはその言葉からハードルに感じることも多いかもしれません。
そもそも世界の市場にオルタナティブ投資というものが登場してから、まだそんなに歴史はありませんし、これがプロだけのものではなく個人投資家にも投資できるものとなってからは、まだ10年の歴史もないくらいなのです。 日本語のぴったりとわかりやすい訳語なども登場する間もなく、英語がそのままカタカナとなって私たちの目に触れるようになったことも、言葉を聞いてイメージしにくい理由の一つなのかもしれません。

また、言葉は新聞や雑誌などを通して見聞したことはあり、中身はわからないけれど、なんとなくイメージだけもっているということも多いのではないでしょうか。
「ヘッジファンド」→「ハゲタカ外資」→「悪者」 といった具合です。
ほとんどの場合、誤解が誤解を生み、イメージが一人歩きしてしまっているようです。

では、オルタナティブ投資ってどういうものなのでしょう?何の代替なのでしょうか?
昔から存在する金融商品の代表として、皆さんご存知の株式と債券があります。投資信託も株式や債券に投資をしている商品です。
国内外の株式市場、債券市場への投資では、一般的に「安く買って高く売る」ことによって利益を得ようとしますね。例えば株式であれば、上場している、誰でもアクセス可能な株式を「買うこと」から始めるのが「伝統的な」投資方法です。
オルタナティブ投資では同じ株式や債券に投資するのであっても先物やオプションなども駆使し、「売っておいて安くなったら買い戻す」という手法も使います。
そういった点が「伝統的」に対して「代替的な」投資方法だということです。
ただ、単に「売ること」から始めるだけではなく、徹底的な情報収集のもと、本来あるべき価格を緻密に計算し、市場価格のほうが高ければ売り、安ければ買い、それらを組み合わせ、時としてそれを借入れなどの方法を使い、手持資金よりずっと大規模な巨額の投資(レバレッジを効かせると言います)を機動的に行っています。

こうした投資はオルタナティブ投資の中でも「ヘッジファンド」と呼ばれるものです。「ヘッジ」とは「防ぐ」「防御する」という意味です。何を防御しているのかといえば、「リスク」からです。市場を荒らす「悪者」のようなイメージが浸透していますが、本来リスクから投資資金を守っている投資といえるのです。
投資資金を守る=元本を守るため、つまり絶対的な収益を目指すため、あらゆる手法を使うプロによる投資といえますね。
もちろん、いかなるプロであっても本当の「絶対」はありませんし、レバレッジを効かせている分、巨額なマイナスにつながることもあることはお忘れなく・・・

このほか、最近は不動産(REITとしてお馴染みですね)や映画、アニメなど様々なものが投資対象となっており、「オルタナティブ投資」という言葉のハードルを、気が付いたら乗り越えている場合もあるかもしれませんね。-----
EXTENDED BODY:

市場規模21兆ドルの「オルタナティブ投資」を個人に解放するYieldStreet、チャンスはオープンイノベーションにあり

Capture.PNG

ニュースサマリー:オルタナティブ投資プラットフォームを手がけるYieldStreetが6200万ドルの資金調達を実施した。ラウンドはシリーズBで、Edison Partnersがリード投資家として参加。同社は2015年創業でこれまでに1億7800万ドルの資金を調達している。また今年2月には6000億ドルの総投資額を達成したことを同社Twitterにて報告した。今回調達した資金はプラットフォームのさらなる開発や新たなユーザーの獲得に用いられる。

話題のポイント:YieldStreetはAlternative Invetment(オルタナティブ投資)と呼ばれる非公開株や不動産、鉄道などのインフラに着目したオンライン投資プラットフォームです。オルタナティブ投資は株式や債券などの伝統的投資と異なり、その性質上から今までヘッジファンドなどの機関投資家によって市場が独占されていました。同社はここに問題を抱き、誰でも代替投資の市場へ参加できるようにテクノロジーを使って民主化を進めています。

Capture.PNG

Credit: Rediscovering Alternative Assets in Changing Time, PwC

もちろん、この成長市場のほとんどは(少なくとも現在は)既存金融機関によってマネージされています。ここで注目したいのが既存金融機関とスタートアップの連携です。

Capture.PNG

Credit: Global オルタナティブ投資 Fintech Report 2017, PwC

何を共有するか--新オルタナティブ投資から考えるシェアリングエコノミーの真髄

Abraham Harold Maslowの自己実現理論と照らし合わせれば、この傾向は理解しやすい。生活面での安心が高まってくれば、個人の欲求は、金銭的なものから社会的なものへと変化していく。つまり、社会に貢献し、その役割を認められることが重要になっていく。これを投資活動に置き換えるならば、その投下資金が単に利益を上げることだけではなく、それが社会にどう貢献するかという観点が重要になってくるのである。

    オススメ記事

リーダー不在の社会

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

「エンタープライズトレンドの読み方」 バックナンバー

  • エコノミーシートのイノベーション--これで宇宙も行けるか
  • 言葉は人間の行動を変える--「Brexit」と『1984』から考察する企業理念
  • 「あなた仕事やめてもいいのよ」な一年--ギグエコノミーの可能性

「富士通が変わりだした」--福田CIOがDXで重視する体験の取り組み

IT各社の中期経営計画--各社の取り組みと共通点

「APM」「Prometheus」「SLO/SLI」--システム監視に急増する新ワード

Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:働き方改革で生まれ変わった「NECスーパータワー」の社食とオフィスにワクワク編

  • 昆虫食とシェアリングエコノミー--持続可能な社会のあり方
  • “フラット化する世界”から“傾いた世界”へ--Gゼロ後ともう一つの傾き
  • 「イノベーションのジレンマ」後の世界--クリステンセン批判を巡って
  • シェアリングエコノミー--持たざるものの経済学(実践編)
  • 犬もクラウドで宿探し--シェアリングエコノミーの新しい側面

関連ホワイトペーパー

  • 今、必要とされる認証基盤とは? IDaaSの概要と実装で押さえるべきポイントを解説
  • クラウドリフトの課題をまるごと解消するVMware Cloud on AWSの国産マネージドサービス
  • クラウド移行先進企業も、これから検討の企業も、VMware Cloud on AWSが最適な理由とは
  • Microsoft ソリューションをトータルでサポート!Azure活用なら大塚商会にお任せを!
  • VMC on AWS活用の不安を払拭、モダンなIT環境を実現「ITモダナイゼーション クリニック」
  • ムダがクラウドを高くする? 徹底的な最適化でDX予算も獲得できるクラウド移行術
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • オルタナティブ投資
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • オルタナティブ投資
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • 「iOS 15.5」でプライバシー強化--「Siri」のオフライン利用やアドレスの不可視化
  • [ブックレビュー]“失敗”のかげにある発見とは--「セレンディピティ 点をつなぐ力」
  • セガ、「メガドライブミニ2」を10月27日発売--メガCDタイトル含む50本以上を収録
  • スマートシティを「実証止まり」にさせない--NECらがコンソーシアム設立、産官学で社会実装へ
  • スマートグラスで高齢者の買い物を遠隔支援--飯綱町・凸版印刷ら

ホワイトペーパー

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All オルタナティブ投資 rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる