FXを極めよう

ローソク足とは

ローソク足とは
上影陰線は上ヒゲが長く、ローソク足の大部分を占める状態の陰線です。始値から株価が上昇を続けたが、最終的に上昇した分以上に下落した場合、上影陰線が形成されます。
上影陰線も上影陽線と同様、なにかの原因で上昇から反転したため、高値圏に出現した場合は売りのサインとして捉えられることが多いです。
その一方、安値圏に出現した場合、上昇トレンドへの転換を示唆することが多いです。

(20) 平均足

陽線は「買い」、陰線は「売り」が基本的な考え方です。 「陽線に上ひげは強い買い」、「陰線に下ひげは強い売り」すなわちポジションキープを表します。(例:(1)、(2)) 「陽線に下ひげは売り転換間近」、「陰線に上ひげは買い転換間近」すなわち新規や決済注文を発注するタイミングが近づいていることを表します。 陽線・陰線の長さはそのトレンドの強さを表し、前日より短くなったらトレンド変化の兆しです。(例:(3)、(4))
陽線・陰線自体が短い(いわゆる十字線)の表れは、強いトレンドの変化の兆しです。(例:(5))

操作説明編

  • 1. ポートフォリオ管理機能の活用法
    • (1) バリュー・アット・リスクの見方
    • (2) リスクパラメータの見方
    • (1) 取得単価の登録方法
    • (2) エクスポージャーの見方
    • (1) ポートフォリオの最適化
    • (2) カバードワラントシミュレーター活用方法
    • (3) 証拠金シミュレーション
    • (1) 国内株式
    • (2) 先物・オプション
    • (3) 米国株式
    • (4) カバードワラント
    • (5) 外国為替
    • チャート情報の活用法
      • (1) チャート分析(テクニカル分析)をする上での3つの大前提
      • (2) テクニカル分析の分類
      • (1) トレンドライン/メジャーラインの活用法
      • ローソク足とは
      • (2) RSI
      • (3) ストキャスティックス
      • (4) サイコロジカル
      • (5) DMI
      • (6) RCI
      • (7) MACD
      • (8) ボリュームレシオ
      • (9) 株価移動平均乖離線
      • (10) ローソク足とは レシオケーター
      • (11) 強弱レシオ
      • (12) ボリンジャー・バンド
      • (13) パラボリック
      • (14) 逆ウォッチ曲線
      • (15) 新値足の見方
      • (16) ポイント・アンド・フィギュア
      • (17) ローソク足とは 価格帯別出来高
      • (18) 一目均衡表
      • (ローソク足とは 19) デルタ
      • (20) 平均足
      • (21) ATR
      • (22) フィボナッチ
      • (1) 指数化チャート
      • (2) スプレッドチャート
      • 先物チャート

      よくあるお問い合わせ

      • │個人情報保護宣言│ │ │ │ │ │ │ │ │
      • │マーケットスピードFX│ │

      ©Rakuten Securities,Inc. All Rights Reserved.
      商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
      加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

      テクニカル分析の基礎①:ローソク足とは?覚えておきたい基本パターンをわかりやすく解説!

      ローソク足とは、一定の取引時間内における株価の値動きを表すものです。ローソク足には2つのパターンがあり、株価の値動きを4つの値段から汲み取ることができます。
      2つのパターンとは「陽線」と「陰線」のことを指します。「陽線」は株価の上昇を表すローソク足であり、「陰線」は株価の下落を表すローソク足です。株価の値動きを汲み取る4つの値段とは「始値」、「終値」、「高値」、「安値」のことです。それらについては後ほど解説します。
      チャートに表示される大量なローソク足からは過去の値動きやトレンドを把握することができ、投資判断を下すための必要な情報を汲み取ることができますので、ローソク足は投資をする上で最も重要な要素の一つと言えます。

      ローソク足の種類

      ローソク足には主に「分足」、「日足」、「週足」、「月足」、「年足」の5種類があります。それぞれが一定時間内における株価の値動きを表しており、分足は1分間の値動き、日足は1日の値動き、週足は1週間の値動きを表しています。
      それぞれの種類には異なる用途があります。一例として、中長期のトレンドから売買時期を決める時は日足や週足を利用することが多く、取引をする日の中のベストなタイミングを決める時に分足を利用することが多いです。
      また、デイトレーダーなどの短期投資を行う投資家は1日中多くの取引を繰り返す必要があるため、分足を利用することが比較的多くなります。

      ローソク足の見方

      つまり、ローソク足からは
      ・株価が上昇か下落か
      ・最も高い/安い株価 ローソク足とは
      ・始まる時/終わる時の株価
      を読み取ることができます。

      ロウソク足の説明
      ロウソク足の説明

      陰線・陽線・四本値

      以上の図のように、ローソク足には「陽線」と「陰線」の2パターンがあり、陽線は株価の上昇を表すローソク足であり、陰線は株価の下落を表します。陽線(株価の上昇)において、終値は始値より高くなっており、陰線においては始値が終値より高くなっています。 ローソク足からは4つの値段、つまり四本値を汲み取ることができます。
      それらは「始値」、「終値」、「高値」、「安値」であり、一定の取引期間内における株価の値動きを表します。



      ローソク足の構成については、「ヒゲ」と「実体」の2部分から成り立っています。実体とはローソク足の四角形の部分であり、始値と終値で囲まれています。実体が長い場合、取引時間内における値動きが大きく、最初に成立した取引と最後に成立した取引の相場が乖離していることの現れです。
      ヒゲの部分については、「上ヒゲ」と「下ヒゲ」の2種類があります。上ヒゲは実体から上に突き出た線であり、線の先端部分は高値を表します。下ヒゲは実体から下に突き出た線であり、線の先端部分は安値を表します。ヒゲが比較的長い場合、取引時間内の相場展開が激しく、上昇/下落基調が持続できなかったことの現れです。

      ローソク足の基本パターン(陽線)

      陽線のローソク足には主に4種類の基本パターンがあります。
      4種類の基本パターン:
      ・大陽線
      ・小陽線
      ・下影陽線
      ・上影陽線
      これらの基本パターンから、株価上昇/下落の勢いを読み取ることができます。今後株価の変動についてヒントになりうるサインでもあり、売買のタイミングを見極める重要な要素の一つです。

      大陽線
      大陽線

      ロウソク足の小陽線
      ロウソク足の小陽線

      下影陽線は下ヒゲが長く、ローソク足の大部分を占める状態の陽線です。始値から株価が下落を続けたが、最終的に下落分以上に上昇した場合、下影陽線が形成されます。
      「下影陽線」という名前は一見弱気のサインに見えますが、なにかの原因で下落が収まって回復したため、下落トレンドに出現した場合は反転の強気なサインとして捉えられることが多いです。
      しかし、高値圏に出現した場合、下落に転換する「売り」のサインとして捉えられることが多いため、下影陽線の出現場所に注意する必要があります。

      下影陽線
      下影陽線

      上影陽線

      上影陽線は上ヒゲが長く、ローソク足の大部分を占める状態の陽線です。始値から株価が上昇を続けたが、最終的に始値に近い位置まで下落した場合、上影陽線が形成されます。
      上影陽線はなにかの原因で上昇から反転したため、高値圏に出現した場合、売りのサインとして捉えられることが多いです。
      その一方、安値圏に出現した場合、上昇トレンドへの転換を示唆することが多いです。

      上影陽線

      ローソク足の基本パターン(陰線)

      陰線のローソク足には陽線と逆な4種類(大陰線・小陰線・下影陰線・上影陰線)の基本パターンがあります。

      大陰線はローソク足の実体が大部分、あるいは全部を占める状態の陰性です。取引時間内の相場が継続的に下落する場合、大陰線が形成されます。
      一般的な陰性と比べて値下がりの幅が大きいため、買いの勢いが弱く、下落トレンドに反転する可能性があります。

      小陰線はローソク足の実体が比較的短い状態の陰線です。取引時間内における相場変動の幅が比較的小さく、始値から下落した場合、小陰線が形成されます。
      小陰線が連続で出現する場合、下落トレンドが継続する可能性があります。

      下影陰線は下ヒゲが長く、ローソク足の大部分を占める状態の陰線です。始値から株価が下落を続けたが、最終的に下落分の大部分を回復できた場合、下影陰線が形成されます。
      下影陰線も下影陽線同様、なにかの原因で下落が収まって回復したため、下落トレンドにおける反転の強気なサインとして捉えられることが多いです。
      しかし、高値圏に出現した場合、下落トレンドへの転換を示唆することが多く、注意が必要です。


      上影陰線

      上影陰線は上ヒゲが長く、ローソク足の大部分を占める状態の陰線です。始値から株価が上昇を続けたが、最終的に上昇した分以上に下落した場合、上影陰線が形成されます。
      上影陰線も上影陽線と同様、なにかの原因で上昇から反転したため、高値圏に出現した場合は売りのサインとして捉えられることが多いです。
      その一方、安値圏に出現した場合、上昇トレンドへの転換を示唆することが多いです。

      ローソク足

      menu

      【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
      店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.ローソク足とは 334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
      *為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
      【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
      店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
      【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
      店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
      *暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
      【共通】
      店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

      SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
      関東財務局長(金商)第2635号
      加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
      一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

      FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

      FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

      FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
      ・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
      ・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
      ・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
      ・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。 ローソク足とは
      ・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
      ・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
      ・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

      取引を成功させるために知っておくべき16のローソク足のパターン

      技術的分析は、トレーダーが傾向を決め、反転を予想するのに役立つ様々な道具を提案する。 技術指標の他にも,優れた操作方法はローソク足チャートとそのパターンである.

      資産の過去の値を表示する方法は種々ある。 外国為替、会社持分、又は暗号通貨である。最も多く使われる3種類のチャートタイプは折れ線、棒チャート、ローソク足チャートである。 多くのトレーダーは、傾向の反転、または一定の正確さで持続を予想する立派なパターンを提供できるため、後者を好む。

      ローソク足パターンは特定の市場の行動を予測するために、燭台チャートにグラフィックで表示された資産相場の動きだ。 トレーダーたちは、ローソク足チャートで特定パターンが先行した時に、相場が似たようなやり方で動いたことを観察した。ですから、彼らはこのようなパターンを分離して技術的分析道具として使用するため、それらを別の範疇に分類しました。 それでローソク足チャートは何ですか?

      candlestick charts

      ローソク足とは何か?

      ローソク足チャートは、資産の過去の値動きを時間に応じて表示する方法です。 各ローソク足は、投資者が選択した期間に応じた特定の期間を表しています。 例えば、D1チャートを設定すると、各ローソク足は1日になります。

      研究者たちは、日本の米商人がローソク足を初めて概念化した人ということに同意します。 その後、ローソク足の概念化はSteve Nisonの本「Japanese Candlestick Charting Techniques」を通じて西欧の世界に達しました。

      弱気と強気のローソク足

      実体

      実体は資産の始値及び終値を示します。 開始価と終値の位置は、一定期間、ローソク足が上昇トレンドなのか、それとも下落トレンドなのかによります。 上昇トレンドでは、終値が開始相場より高く、その逆も同様です。

      ヒゲ

      各ローソク足には通常、二つのいわゆる影かヒゲがありますが、通常ルールではありません。 ローソク足とは ひげは、与えられた期間中の高値と低価を表す。 このため上ヒゲは最高価を表し、下ヒゲは最低価を表します。 ヒゲのうちの一つしか見えない. 高値または安値が始値または終値と一致してから発生します。

      実体の色は相場の動きの方向を示している。 一般的に、緑色(または白色)の棒は相場上昇を表し、赤色(または黒色)の棒は相場下落を表す。 ほとんどのホームでは赤や緑の棒を見ることができる。 結果的に実体が緑色であれば上限が終値を示す。

      ローソク足はトレーディングでどのように動くか?

      ローソク足チャートは資産相場を表示する最も包括的なスタイルだ. 仮想通貨のトレーダーは、株式及び外国為替の取引においてこのようなタイプのチャートを借りてきました。 終値のみ表示される線形チャートとは異なり、ローソク足チャートは、上記の構造のおかげで過去の相場に関する多くの情報を提供します。

      ローソク足は時間順に形成され技術的指標がなくても一般的な傾向と抵抗線、支持線を見ることができます。 その他にも買いまたは売りの合図の役割をする特定のパターンを形成することができます。 ローソク足チャートの使用は、特に変動性が高く、詳細な技術分析が必要な仮想通貨と関連しています。

      ローソク足パターンのBest16タイプ

      トレーダーが提案した数十種類のパターンがありますが、最も人気のある信頼できるパターンを並べていきます。 下落トレンド以降に現れ、反転が予想される上昇パターンから始めます。 仮想通貨のトレーダーは、一般的にこのようなパターンが現れるときに買いポジションを開きます。 見てみましょう。

      1.ハンマー(Hammer)

      ハンマー(Hammer)

      ハンマーローソク足はさらに長いひげを持つ短い実体で構成されています。 一般的に下落トレンドの下段に見つけられます。 この表現は買いが与えられた期間、売りの圧力に抵抗して相場を再び上げたことを表しています。 緑の棒と赤の棒の両方を有するハンマーパターンがあるかもしれませんが、前者は赤のハンマーより強い上昇傾向を示しています。

      2. 逆ハンマー(Inverse Hammer)

      逆ハンマー(Inverse Hammer)

      逆ハンマーは以前のパターンと非常に類似しています。 標準ハンマーとは違うのは、上ヒゲが長く下ヒゲが非常に短いという点です。 このような表現は、売り手が買い手を下げることに失敗したことによる買い圧迫を示唆します。 結果的に,購入者はさらに強い圧迫とより高い相場で戻ってきます。

      3. 強気の抱き線(Bullish Engulfing)

      以前の2つのパターンとは異なり、強気の抱き線は、2つの実体で構成されます。 最初の実体は、より大きな緑色の実体に囲まれた短い赤色の実体でなければなりません。 2番目の実体は以前の赤色実体より低く始まりますが、買い圧力が高まり下落トレンドが反転します。

      4. 切り込み線(Piercing Line)

      切り込み線(Piercing Line)

      また、他の2つの実体で構成されたパターンは切り込み線で下落トレンドの下段、支持線または下落中に表示されることがあります。 パターンは長い赤色実体とそれに沿った長い緑色実体で構成されます。 このパターンの重要な側面は赤色実体の終値と緑色実体の始値の間にかなりの差があるということです。 緑色実体がはるかに高い相場を提示するという事実は買収圧力を意味します。

      5.明けの明星(Morning Star)

      明けの明星(Morning Star)

      明けの明星が3つの実体で構成されているため、より複雑なパターンです。 長い赤、短い実体、長い緑の順となります。 一般的に真ん中実体は長い実体と重ならないです。 明けの明星第1期の売り圧力が弱まり、強気相場が形成されていることを示唆します。

      6.赤三兵(Three White Soldiers)

      赤三兵(Three White Soldiers)

      もう一つの実体で構成されたパターンは赤三兵です。 それは一般的に、細かい髭のある、3本の長い緑色の実体から成り立っています。 条件は、3つ連続したグリーン実体が以前の期間より高く開閉しなければならないということです。 下落トレンド以降に現れる強力な強気トレンドと見なされます。

      次に、上昇傾向の反転を予想して、一般的に抵抗領域から来るもう一つの弱気パターンについて議論します。 これらのパターンは、一般的にトレーダーが買いポジションを終了したり、売りポジションをつかむように誘導します。 さあ、見てみましょう。

      7. 首吊り線(Hanging Man)

      首吊り線(Hanging Man)

      首吊り線はハンマーのようなパターンであり、単に反対です。 したがって、それは、短い実体と長い下ひげのある緑色または赤色実体で形成されます。 これは上昇傾向の末に現れます。 それは与えられた期間中にかなりの売りを暗示しますが、買い手は一時的に相場を上昇させる可能性があり、その後は統制力を失う

      8.流れ星(Shooting Star)

      流れ星(Shooting Star)

      流れ星は逆ハンマーに反対です。 短い胴体と長い上側のひげのある赤い実体で構成されます。 ローソク足とは 一般的に、市場は実体の始値からやや高めのギャップがあり、時価の直下で締めくくられる前に、現地の最高点まで高騰するでしょう。 実体は時にはほとんど存在しないこともあります。

      9.弱気の抱き線(Bearish Engulfing)

      弱気の抱き線(Bearish Engulfing)

      「弱気の抱き線」は「強気の抱き線」の逆バージョンです。 最初のローソクは、小さな緑色の実体を持ち、次に長い赤色の実体で完全に覆われています。 この表現は上昇傾向の頂点にあり、反転を示唆しています。 2番目のローソクは低いほど弱含みの動きが多いモメンタムを持つようになります。

      10.三川宵の明星(イブニングスター)

      .三川宵の明星(イブニングスター)

      11.黒三兵(Three Black Crows)

      黒三兵(Three Black Crows)

      黒三兵は上昇トレンドの赤三兵のようですが、全く逆です。 ローソク足とは 短いもしくはほとんど存在しない、髭のある長い3本の赤いローソクで構成されます。 新しいローソクは以前と同じ相場で開かれますが、締め括るたびにずっと低くなります。 これは強い弱気の信号とみなされます。

      12. かぶせ線(Dark Cloud Cover)

      かぶせ線パターンは弱含みの反転を予想します。 この表現は二本のローソクで構成されています。 赤いローソクは以前の緑色のローソクの上で開かれ、中間地点の下で閉じます。 これは、弱気が市場を掌握して相場を引き下げたことを示唆しています。 ローソクのひげが短ければ、トレーダーたちは強い下落傾向を期待することができます。

      13. 同時線(Doji)

      同時線(Doji)

      同時線には非常に小さな実体と長いひげがあります。 一般的に、傾向が持続するパターンと認識されますが、トレーダーは反転が発生する可能性もあるので、注意しなければなりません。 混乱を避けるため、状況がはっきりしたら同時線を確認後にポジションを取る必要があります。

      14. コマ(Spinning Top)

      コマ(Spinning Top)

      同時線のようにコマは実体の短いローソクです。 しかし、両ひげは長さが同じなので、実体は中央にあります。 この表現はまた、優柔不断であることを示し、かなりのラリー又は相場下落後の休息又は強化の期間を示すことができます。

      15.下げ三法(Falling Three Methods)

      下げ三法型は5つのローソクで構成されたパターンで下落傾向を示しています。 長い赤ローソク、小さな連続した3本の緑のローソク、そしてもう一つの長い赤ローソクで構成されています。 緑のローソクはすべて赤で覆われており、下落傾向にある十分な力のなさを示しています。

      16.上げ三法(Rising Three Methods)

      ローソク足チャートを どうやって読むんですか?

      ローソク足チャートには過去の相場データに関する多くの情報を含んでいるので、練習後に簡単に読むことができます。 前もって議論したローソク足パターンの他にも、特定の方法で構成された複数のローソク足によって形成されたチャートパターンもあります。 いくつか例は、ダブルトップやダブルボトム、フラッグや三角旗などです。

      ローソク足チャートでの一般的な用語

      • 新しいパターン(Emerging patterns) – ローソク足とは まだ形成されていないが、進行中のローソク足パターン
      • 完了パターン(Completed patterns) ローソク足とは – 強気または弱気信号と見なされるすでに完成したパターン
      • 始値(Open) – ローソクの始値
      • 終値(Close) – ローソクの終値
      • 高値(High) – 1本のローソクが期間中に到達した最高相場
      • 安値(Low) – 1本のローソクが期間中に到達した最低相場

      ローソク足パターン使用のメリット

      ローソク足のパターンは、仮想通貨のトレーダーに次に来ると予想される潜在的な動きについてさらに明確にします。 つまり、これはトレーダーがいつ買収または売却ポジションを開始するか、またはいつ市場から出るかを決定するのに役立つ取引信号の役割をします。 例えば、スイングトレーダーは、反転又は持続取引パターンを決定するために、ローソク足チャートをスイング取引の指標として使います。

      ローソク足のパターンを早く覚える方法

      結論

      FAQ:

      ローソク足パターンを使って市場の転換点を予測することはできますか。

      はい。一部のローソク足パターンはこれを正確にするために使用します。 つまり、趨勢の反転を予測します。 しかし、彼らが100%の成功率を持っているということを意味しているわけではありません。

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる