ポイント投資

Ripple(リップル)仮想通貨情報局

Ripple(リップル)仮想通貨情報局
According to the service, XRP Ripple(リップル)仮想通貨情報局 is a bad, high-risk 1-year investment option. In one year, the price of the coin may drop to Ripple(リップル)仮想通貨情報局 (全体は正会員・特別会員のみ公開)
.04. As a long-term investment, XRP supposed to be good as WI offers a bullish prediction. The coin price will increase gradually. So, in 2020, the coin price will be
【今週の重要ニュース👀】 リップル提携先のマネーグラム、インド進出 マネーグラムはインド進出にあたり、インドの送金業社エビックスキャッシュ(Ebixcash)と独占で提携。エビックスキャッシュが持つ顧客網を使って、インドにいる数百万人の顧客をターゲットにする。https://t.co/kYg40Qnna0 — コインテレグラフ日本版(Cointelegraph Japan) (@JpCointelegraph) January 18, 2020
.46. In 2021, コイン.58. The average price in 2025 will be $2.32.
https://changelly.com/

『仮想通貨交換業登録の勘所』
『仮想通貨XRPの概要と特徴について』

皆様もご承知のところだと思いますが、「仮想通貨に係る法制度整備の背景」について簡単にまとめたものになります。
改正資金決済法での大きな目的は、マネーロンダリング(以降、マネロン)への対策と利用者保護でございます。
マネロン対策では、国際的な要請が強く、仮想通貨交換業者に対する本人確認義務を求めるべきであるという勧告等がされてきました。
また、我が国における利用者保護としましては、株式会社MTGOXの破産手続が開始され、利用者が非常に害されたという経緯がありますので、利用者保護を何とかしなくてはならないというところは大きな問題となっております。
このような目的が仮想通貨交換業にかかる資金決済法の解釈にも影響を及ぼしてくることで触れさせて頂きました。

次に「仮想通貨に係る法制度整備の概要」をまとめさせて頂いております。
一つ目のマネロン・テロ資金供与対策では、主に犯罪収益移転防止法を含めて規制化され、本人確認や疑わしい取引に係る当局への届出が義務づけられております。
二つ目の利用者の保護という観点からは、資金決済法に基づいて様々なルールが定められております。
利用者資産の分別管理や当局による報告徴求が定められております。
犯収法ですが、本人確認義務が求められているのは、口座開設時、200万円超の仮想通貨の交換等、10万円超の仮想通貨の移転ですが、基本的に資金決済法では仮想通貨の交換等ないし仮想通貨の範囲が規制されているので、そのようなものは資金決済法では対象外になっています。
マネロン対策では、基本的には法定通貨の交換が対象になります。
お金が出入りする出入口を規制するので、移転に関しては規制をしていきます。個人的には若干趣旨からはみ出ている部分もあるという気がしていたのですが、犯罪収益移転防止法上は為替取引と同じような10万円という水準で本人確認義務が課せられているということになります。
ただ、10万円超の仮想通貨の移転という場合、売り手の方で受け手に対しての本人確認が求められているということになります。
通常、仮想通貨交換業者様では取引開始時にアカウントを作ることが多いと思いますので、その際に本人確認が要求されるわけですが、ATMや店頭で取引するという場合もありますので、そのような場合は200万円超や10万円超というところを念頭に置いて事業される必要があると思います・・・

・・・
「仮想通貨交換業の定義」は業の定義です。
①「仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換」は、他の仮想通貨との交換や仮想通貨の売買、法定通貨との交換です。
②「①に掲げる行為の媒介、取次又は代理」は、①を掲げる場合の売買、交換の媒介、取次又は代理によるものです。
③「上記①・②の行為に関して、利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすること」は、①と②の行為に関して利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすることになっております。
この①から③のうち、①と②のみが法令上の仮想通貨の交換等と別途定義されていまして、これは資金決済法で仮想通貨と法定通貨の誤認防止とための説明をしてくださいと言う時に、仮想通貨の交換等をするときはこのような説明をしてくださいと書いてあるわけですが、資金決済法での重要な概念と言うよりは、犯収法の方で仮想通貨の交換等を行う場合に本人確認をすると。
もちろん、10万や200万という数字になるのですが、犯収法の方で結構重要な概念として使われているということになります。 Ripple(リップル)仮想通貨情報局
媒介や代理、取次の意義や「業として」とは何か、あるいは貸金業や資金移動業の関係はどうか、仮想通貨を用いたデリバティブ取引の取扱い、あるいは新規発行、ICOの取扱いはどうですかというところで、この後の議論をさせて頂くことの前倒しとさせて頂いています。

(全体は正会員・特別会員のみ公開)

仮想通貨XRPの概要と特徴について

講師:Ripple社 Stefan Thomas氏

(SBI Ripple(リップル)仮想通貨情報局 Ripple Asia 沖田氏)
本日は、このような形でリップルの仮想通貨であるXRPについてご紹介させて頂く機会を大変嬉しく思っております。
SBI Ripple Asiaは、その名前の通りでございまして、SBIグループと米国リップル教育センターということで、昨年の5月に会社を立ち上げさせて頂いておりまして、日本及びアジア全域をカバーするところのビジネスを対象とさせて頂いております。
本日は、リップルのグローバルの技術責任者でございますステファン・トーマスが来日しておりまして、皆様に直接XRPがどのようなものなのかを是非ご紹介させて頂きたいと考えています。

リップルですが、プロダクターは大きく二つございます。
一つはデジタルアセット、仮想通貨であるXRPです。
もう一つは、リップルソリューションと呼ばれる銀行間決済を行わせて頂くものでございます。
こちらは日本でも50行を超える銀行様にご参加頂いております内外為替一元化コンソーシアムの基盤技術としても使われている物でございます。
このリップルソリューションとXRPですが、非常に強い親和性を持っておりまして、XRPを銀行間決済のブリッジカレンシーとして使う事ができるように設計されております。
そういう意味では、他の仮想通貨と違いまして、そのような実需でも存在するというところでございます。
ブリッジカレンシーとして使うには、流動性が極めて重要になってまいります。
本日は取引上の方々、それから今後取引所に登録をされるという方々が多く参加されていると思うのですが、まさにそのブリッジカレンシーとしてしっかりと起動するというためにも流動性を増すという意味では、リップル自身もそのような取引所の皆様に対してしっかりとご支援をしたいと考えております。

(Ripple ステファン・トーマス氏)
今日はXRPのご紹介をさせて頂きたいと思います。
このXRPは非常にメジャーなデジタルアセットでありながらも、なかなか正確な情報が出回っていない状態のものです。
今日の内容ですが、まずはリップルという会社、そしてビジョン、ミッションについてお話したいと思います。
そして、銀行さんとパートナーシップを組んでビジョンを現実にしようとしている様々な内容についてお話したいと思います。
次に、技術的な側面をお話したいと思います。
XRPが技術的に見て何がユニークなのか、そして私の目から見ますと世界中でベストなデジタルアセットである所以は何かということをお話します。
そして、流動性の課題についてお話したいと思います。
今、全世界におきまして決済、支払いにおいて問題になっているのが、この支払いフローにおける流動性の確保です。
ここでXRPがどのようにお手伝いできるかをお話したいと思います。
最後に、将来についてお話をいたしますので、今のこの時点でどのような機会があるかということをお話したいと思います・・・

リップルは、私が本当にすごいと思えるビジョンを持っていました。
つまり、その情報と同じようにお金を移動させることができる、すぐに移動させることができるということです。
例えば皆様の携帯の番号やメールアドレスを知っていたら、すぐに電話もかけられるしメールも送ることができます。
しかし、皆さんの銀行口座にお金を送金しようとしたら簡単にはいきません。
アマゾン、グーグル、ウーバーという会社は全世界にお客様、そしてサプライヤーがいますが、支払いをするのも、またその支払いを受けるのもとても大変な状況です。
その状況は悪化していまして、最近のお客様はインターネットができてから、そしてインターネットで成長した世代ですので、常にリアルタイムと透明性を求めています。
これが実現しないとすぐに別のサービスに乗り換えてしまいます。
今の支払いの形態ですと、人から人へ、もしくは人から法人へという形の支払いとなっています。
しかし、インターネットや電話などを見ても、人が介入しないで様々なコミュニケーションがされています。
こで浮かぶ疑問ですが、将来的にはこのような機器、デバイスは通信しているような形と同じように互いに決済、支払いをし合うのだろうかということです。
しかし、こうなりますと支払いの件数も膨大に増えていくわけで、金融システムに対しては更なるプレッシャーがかかります。・・・

ビットコインを決済に使うことによって、先ほどの遅延を数日から数時間に短縮していますが、このような仮想通貨というのはボラティリティが非常に高い状態ですので、そのビットコインの確認を得るまではリスクにさらされています。
しかし、XRPの方がもっと短時間で処理できるということで、そちらに関心を示しています。
多くの取引所、またこのブロックチェーンのMSBの会社と共にXRPを決済に使うべく、今、色々と行っております。
また、信頼性やセキュリティーが向上することによって、このような会社や取引所はそのメリットを得ることができます。

もう一つできることですが、先ほどお話したシニョレッジの4億ドルを電気代ではなく、もっと有効なことに使えるとしたらどうでしょうか。
私どもはこのユーザーに対して、より高い流動性とタイトなスプレッドを提供できるマーケットメーカーにインセンティブを提供しようとしています。
そして新たにこの取引に参加してきた人たちに対し、そのXRPを対価としてプレゼントしようと思っています。
このプレゼンテーションによって、私どもリップルがXRPで何をしているかということについて、少しでもご理解が深まったことを期待しております。
以上でプレゼンテーションを終了いたします。

(全体は正会員・特別会員のみ公開)

(質問者1)
ステファンさんに質問をしたいのですが、お話をされていたバリデーターの件で、ビットコインはマイニングプールで最も効果的にマイニングできるところを探すという方法になると思うのですが、リップルはユーザーによってチェンジするというふうにお話をされていたと思います。
具体的にはユーザーが自主的に選ぶことができるシステムなのか、それとも何か提案されて自動的に決まるものなのか、どのように決めていかれるのかというところをもう少しだけ詳しくお伺いしたいです。

(ステファン・トーマス氏)
合意形成ということになりますので、自主的に行うことになります。
従って、このバリデーターに関してもそれぞれが好きなものを選ぶわけにはいかず、ネットワークにおける合意形成でここが一番良いという所が選ばれます。
結果としまして一番信頼性並びに可用性が高い、常にオンラインでいるバリデーターが選定されます。
ビットコインに私がいたころ、コントリビューターとしてその仕事をしていたころは、どの会社が実際に効果的なのか、全世界の人のどこにいるのかということ、データセンターをセキュアーに運用できるかどうかということを知る余地はありませんでした。
リップルにいますと、このような先ほどの選定基準できちんと選定するというインセンティブが生まれます。
これで回答になっているか分かりませんが、明らかにこの合意形成というのは非常に深いトピックですので、これについても長くお話することはできます。

(ステファン・トーマス氏)
バリデーターは誰でもなることはできます。
今、全世界ではバリデーターは50社ありまして、ほぼ世界に分散されています。
ただ、ほぼ新しくバリデーターになった会社ばかりですので、ユーザーの信頼は十分に得られていません。
しかし、2018年の終わりぐらいには全世界に均等に分散された形でバリデーターが設立されると思います。

(全体は正会員・特別会員のみ公開)

楠正憲(ブロックチェーン専門家)

楠正憲(くすのき・まさのり) 神奈川大学在学中から『日経デジタルマネーシステム』編集記者として記事を執筆。インターネット総合研究所、マイクロソフト、ヤフーを経て2017年10月よりフィンテック分野でUXデザインを手がける三菱UFJ系の新会社、Japan Digital Design株式会社 CTO(最高技術責任者)に就任。ISO/TC307国内委員会 委員長、内閣官房情報化統括責任者補佐官。Linux IPv6 RPMプロジェクトFounder。その他にも多数の役職を兼務。

楠正憲(くすのき・まさのり) 神奈川大学在学中から『日経デジタルマネーシステム』編集記者として記事を執筆。インターネット総合研究所、マイクロソフト、ヤフーを経て2017年10月よりフィンテック分野でUXデザインを手がける三菱UFJ系の新会社、Japan Digital Design株式会社 CTO(最高技術責任者)に就任。ISO/TC307国内委員会 委員長、内閣官房情報化統括責任者補佐官。Linux IPv6 RPMプロジェクトFounder。その他にも多数の役職を兼務。

クラウドで済むような事例も多い

───ブロックチェーンはいまだ黎明期にあり、仮想通貨以外の分野に一般化するのは確かにこれからかもしれませんが、すでにビジネスの現場では使われだしています。こうした商用利用の実例をどう見ますか。注目されている事例もあれば教えてください。

エバーレッジャーのホームページ

───ブロックチェーンを使った方が、クラウドよりも優れたビジネスになるという事例は生まれるものでしょうか。

km_03

ブロックチェーン的なやり方になったら、アクセスコントロールが難しいからそういう訳にはいきません。多様なプレイヤーが繋ぎにいったとき、どうセキュリティを守るかに変わっていく。そうなると、必要とされるセキュリティの技術自体が大きく変わるかもしれません。こうした背景によって、新しい技術ないしアーキテクチャーが生まれてくる可能性もあると思うのです。

───オープンなチェーンではなく、クローズドな「プライベートチェーン」でセキュリティを保つという考え方もあるようですが。

技術的でなく、政治的な問題も

───セキュリティとともに今後の課題に挙がるのが、ブロックチェーン上の処理スピードだと思います。ビットコインの場合は、取引が確定するまで基本は10分間、長い場合は1時間も待たされることがあります。これは今後、改善されていくものでしょうか。

───ビットコインは「お金」だから話がこじれやすいのでしょうか。もし、違う分野だったらうまくいきやすいとか。

リップル社が開発する分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システム、外国為替・送金ネットワーク。同ネットワーク上にのみ存在する通貨が「XRP」。2004年にカナダのウェブ開発者である Ryan Fugger により開始された。 https://ripple.com/

社会課題を解決する力がある技術

書いたコードを共有する時代へ

───先ほど、ブロックチェーンを使う必要が本当にあるビジネスやサービスが出てきていない、との指摘がありました。実際に必然性があるビジネスやインフラはどういうものでしょう。ブロックチェーンが一般的になった近未来の青写真を伺いたいです。

km_04

───そうなると、社会やビジネスはどのように革新されるのでしょうか。例えばスピードがすごく速くなるとか?

学問分野との連携は不可欠

───今のブロックチェーンの世界に起きていることを、インターネットが一般に普及した1990年代に重ねる捉え方もあります。

km_05

ブロックチェーンもようやくここ数年で論文などが出てくるようになりましたが、コンピューターサイエンスの人たちが十分関与する前に、あまりに大きな価値を扱うようになってしまった。ビットコインというアマチュアリズムの中から生まれたものが、いきなり何十億、何百億という価値をハンドリングするようになってしまったので、これから成熟するまでに大変なプロセスがあるかもしれません。

───学術分野として近いのは、コンピューターサイエンスの中でどの分野になるのでしょうか。

運営主体がいないからできること

───最後にブロックチェーンが社会課題を解決する可能性を聞かせてください。先日、マイクロソフトとアクセンチュアが共同でブロックチェーン技術を使ったプロジェクト「ID Ripple(リップル)仮想通貨情報局 2020」を発表しました。世界中の難民に公的IDを発行して身分証明できるようにし、金融や行政サービスを受けられる仕組みをつくる計画だそうです。こうした事例に中央集権的なシステムではないブロックチェーンが向くのでしょうか。

Rippleとは?Sparkの対応取引所、今後の価格、将来性は?

コイン

Sparkトークンが無料でもらえるらしい から、リップルについても知りたい」

リップルとは?

出典:リップル公式

リップルは 国際送金(国境をまたぐ送金)の送金手数料を安く、スピーディに実現 するための仮想通貨です。

①「国際送金」という明確な使い道がある

一方の リップルは国際送金において「ブリッジ通貨」として機能する という明確なコンセプトがあります。

そこを 「日本円→XRP→フィリピンペソ」とXRPでブリッジすることで、交換と送金の両方をリップルで実現でき、スピーディかつ安価に送金できます。

②ブロックチェーンは未使用

ブロックチェーンについてはここでは詳しく解説しませんが、仮想通貨においては「 送金履歴という『帳簿』を特定の管理者に頼らず皆で管理するための仕組み 」として機能しています。

この「特定の管理者に頼らず」という点がポイントで、リップルではブロックチェーンを利用していないため、 リップル社による中央集権的な通貨に近いという側面 があります。

リップルの将来性は?

リップルは仮想通貨業界でもっとも「実用化」に近い通貨

しかし 「実用化」への道のりはライバルよりもはるかに先を行っています。

リップルは10年後、1000円オーバーになる?

しかし長期的には、 10ドル(約1000円)を超えるとの見通しもあります。

もし これが100%リップルに移行すれば、「620兆円÷1000億枚(XRP発行枚数)=6200円」で、理論上、1XRP=6200円 と考えることができます(※リップルの価値の算出は困難なのですが、理論上の式として参考程度にお考えください)

リップル保有で「Sparkトークン」がタダでもらえる

XRP Ledger(リップルの分散型台帳)にスマートコントラクト(契約機能)を導入 するために発行されます。

重要な点は、Sparkトークンの付与数量を決定する「スナップショット」(2020年12月12日)時点でリップルを保有していると、 1:1の割合でSparkトークンが付与される ということ。

これは、 国内のスナップショットに対応している国内の仮想通貨取引所を利用するのが、簡単です。

  • 株式会社bitFlyer
  • QUOINE株式会社
  • ビットバンク株式会社
  • SBI VC トレード株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社Xtheta
  • コインチェック株式会社
  • Ripple(リップル)仮想通貨情報局
  • 株式会社ディーカレット
  • LVC株式会社
  • その他2社

まだ詳細はどうなるか不明ですが、上記の取引所でリップルを保有しておけば、 「Sparkトークンを受け取り、取引所で売却できる」 ようになるケースや、 「Sparkトークンは上場せず、相当額を日本円で受け取れる」 ケースが考えられますね。

仮想通貨リップル(XRP)の今後がやばい|専門家が2021年〜2025年以降の価格を予想!

Interoperability is key to the future of global payments. As the first member of the ISO 20022 standards body focused on #DLT, we are committed to supporting the evolving Ripple(リップル)仮想通貨情報局 needs of our customers and supporting Ripple(リップル)仮想通貨情報局 an industry-wide standard for all https://t.co/5CoWhnbZqz

— Marcus Treacher (@marcus_treacher) May 6, 2020

アメリカのリップル社は、2020年5月に「ISO20022標準化団体」に加盟しました。

金融機関同士の電子データ交換を行う際の基準のようなもの。

上記のツイートを行なっている「Marcus Treacher」は、リップル社におけるカスタマーサクセスの責任者です。

Marcusは「 相互運用性は、これからの国際送金の将来性において重要なポイントである 」とも発言しています!
リップルの将来性こちらもおススメ!

リップル社の他には、国際送金システムを提供する「SWIFT」や、クレジットカードブランド「VISA」や「Mastercard」が、本規格に加盟しています!

数多くの金融機関がこの規格に加盟すれば、Marcus氏の発言の通り、相互運用性は大きく強化されます。

相互運用性が強化されれば、 Ripple(リップル)仮想通貨情報局 Ripple(リップル)仮想通貨情報局 利用可能なデータ量が増加するなど、リップルにとっても様々なメリットを享受することが可能 です…!

【2020年1月15日】マネーグラムがインドに進出

【今週の重要ニュース👀】

リップル提携先のマネーグラム、インド進出

マネーグラムはインド進出にあたり、インドの送金業社エビックスキャッシュ(Ebixcash)と独占で提携。エビックスキャッシュが持つ顧客網を使って、インドにいる数百万人の顧客をターゲットにする。https://t.co/kYg40Qnna0

— コインテレグラフ日本版(Cointelegraph Japan) (@JpCointelegraph) January 18, 2020

リップル社と提携しているアメリカの大手送金会社「マネーグラム」がインドに進出することを、2020年1月15日に発表しました。

インド進出にあたりマネーグラムは、インドの送金業社「エビックスキャッシュ」と提携することを発表しています!

エビックスキャッシュの顧客はインドに数百万人いると言われています。

もしRipple Net等が用いられることになれば、リップルの知名度・需要も大きく向上することが予想されますね!

リップル(XRP,Ripple)の最高値は400円!最低値は?|2020年の最高値はいくらになるの

bybit


・口座登録はとても簡単! 5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・ 最高90ドルまで無料 でもらえるチャンス!
・今勢いのある海外取引所『Bybit』にいますぐ登録しよう!

Ripple(リップル)仮想通貨情報局
買い方 将来性

利用シーンから、 あなたに合った仮想通貨取引所 を診断します。

bitFlyer

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる Ripple(リップル)仮想通貨情報局
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

bitFlyer

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https:Ripple(リップル)仮想通貨情報局 //bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

・ Bybitは 「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
・ 最大100倍のハイレバ可能で追証なし、 口座開設はたった1分で完了
・ 日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

bitFlyer

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

bitFlyer

・ bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
・ ビットコインの取引量が国内トップ *1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
・ 毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中! *2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

リップル(XRP,Ripple)の最高値が知りたい!

リップル(XRP,Ripple)の最高値が知りたい!

2018年1月4日にリップルの最高値が記録されました。一時は、1XRPは最高値の400円に到達しました。

リップル(XRP,Ripple)の最低値

リップル(XRP,Ripple)の最低値

リップルの直近1年の最低値は、約13円になります。400円だったリップルが、13円になっているのです。

リップル(XRP,Ripple)の2020年の最高値

リップル(XRP,Ripple)の2020年の最高値

リップル(XRP,Ripple)の今後の価格予想

リップル(XRP,Ripple)の今後の価格予想

リップルは、アルトコインの中でも将来性が期待されている仮想通貨の一つです。

リップルは、2020年に30%~40%成長する

In an interview with Fortune, CEO Brad Garlinghouse said Ripple currently has more than 300 customers. He expects Ripple’s customer base to grow 30-40% in 2020, and says transaction volume on the company’s network will increase more than 600%. The $200 million investment, which was also backed by SBI and Route 66 Ventures, may help Ripple refute skeptics who say its technology is a solution Ripple(リップル)仮想通貨情報局 in search of a problem and question why banks should adopt it.
https://investinghaven.com/

かなり高く設定されていますが、この先どうなるのでしょうか。実際に、2020年取引量は過去最高になっています。

リップルの価格は2020年に0.46ドルに到達する

According to the service, XRP is a bad, high-risk 1-year investment option. In one year, the price of the coin may drop to $0.04. As a long-term investment, XRP supposed to be good as Ripple(リップル)仮想通貨情報局 WI offers a bullish prediction. The coin price will increase gradually. So, in 2020, the coin price will be $0.46. In 2021, $0.58. The average price in 2025 will Ripple(リップル)仮想通貨情報局 be $2.32.
https://changelly.com/

【日本語訳】XRPはリスクが高く、リスクの高い1年間の投資オプションです。コインの価格は1年で0.04ドルに下がる可能性があります。長期的な投資として、WIが強気の予測を提供するので、XRPは良いはずです。コインの価格は徐々に上昇します。したがって、2020年のコイン価格は$ 0.46になります。 2021年には$ 0.58。 2025年の平均価格は2.32ドルになります。

2020年リップルの価格は平均30円前後で安定する

In 2020, the coin price Ripple(リップル)仮想通貨情報局 will not change a lot, and the average one will be $0.36. In 2022, the rate may grow a little and reach $0.5 Ripple(リップル)仮想通貨情報局 for one XRP.

【日本語訳】2020年には、コインの価格はそれほど変化せず、平均は0.36ドルになります。 2022年には、レートは少し上昇し、1つのXRPで$ 0.5に達する可能性があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる