為替ニュース

エリオット波動って何

エリオット波動って何
ジロー

カリスマFX先生こと杉田勝が、エリオット波動を解説したDVDを発売。[杉田勝のエリオット波動入門DVD]理論編¥3,990。


■[理論編]DVDの内容
●R・N・エリオット
●参考文献とチャート
●エリオット波動の基本形と考え方
●値動きは上下動8波で1サイクル
●8つの波[5波進んで3波後退]
●1波:5波[21波]上昇8波[5波進んで3波後退]
●2波:3波[13波]下降
●3波:5波[21波]上昇
●4波:3波[13波]下降
●5波:5波[21波]上昇
●A波:5波[21波]下降
●B波:3波[13波]上昇
●C波:5波[21波]下降
●エリオット波動のフラクタル現象
●まとめ
●フィボナッチ級数
●推進波の特徴と見極め方
●調整波の特徴と見極め方
●推進1波
●調整2波
●第2波動、間違ったカウント
●第2波動ランニング・コレクション
相場に勢いがある場合
●調整2波
●推進3波の特徴
1-3-5波の中で最短にはならない
●推進3波[間違ったカウント]
●推進3波[正しいカウント]
●調整4波 エリオット波動って何
1波とオーバーラップしてはならない[一部例外あり]
間違ったカウント
正しいカウント
1波とオーバーラップして良い場合
Alternation
細分化された4波の安値がサポートになる
細分化された4波の高値がレジスタンスになる
●調整波4波の特徴2
細分化された4波の高値がレジスタンスになる
●推進5波上昇のフェィリャー
●推進5波下降のフェィリャー
●5波Diagonal Triangle[上げのウェッジフォーメーション]
各波動は3波になる
●5波Diagonal Triangle[下げのウェッジフォーメーション]
各波動は3波になる
●調整a波[5波に細分化]
ジグザグコレクション
フラットコレクション
イレギュラーフラット
●調整a波[3波に細分化]
●調整b波の特徴
三角形の場合は5波に細分化
●調整c波の特徴
●調整波の種類
●調整波[ジグザグ・コレクション]
●調整波[フラット・コレクション]
●調整波[イレギュラー・フラット]
●調整波[ダブルフラット]
●調整波[ダブルジグザグ]
●調整波[トリプルジグザグ]
●調整波[トリプルフラット]
●調整波[トリプルスリー]
●トライアングルの特徴
●トライアングル
収束三角形 contracting
上昇三角形 ascending
下降三角形 descending
拡大三角形 expanding
e波が三角形
●第1波エクステンション
●第3波エクステンション
●第5波エクステンション
●エクステンションはっきりしない
●3波のエクステンションのエクステンション
●エリオットのチャネリング
※内容は変更になる事がございます。


■発売日・価格
発売日:2009年9月。予約受付中。[9月27日発送予定]
[理論編]価格:¥3,990[送料・税込]
[実践編]の価格・発売日は今暫くお待ちください。

【初心者向け】エリオットの波動はバイナリーオプションで使えるのか?

【初心者向け】エリオットの波動はバイナリーオプションで使えるのか?

ジロー

ジロー

あかね

あかね

ジロー

ジロー

あかね

あかね

ジロー

ジロー

初心者必見!バイナリーオプションで使える!エリオット波動入門

必勝法

  • エリオット波動の具体的な活用方法がわかり取引の精度を上げることができる
  • エリオット波動を使用する上での注意点がわかる

エリオット波動とは

相場の値動きには法則性を持ったサイクルがある

【ポイント①】ダウ理論

【ポイント②】フィボナッチ数列

【ポイント③】3つの要素

  • パターン:波動の形状
  • 比率:他の波動と比較した時に計測できる一定の比率
  • 時間:横軸でみた時に確認できる比率の法則

上昇5波・下落3波

例えばエリオット波動を覚えることによって 、価格が動いている時にその環境がどういった状況下にあるのかを客観的に捉えることができるようになります。

推進派と修正波

そしてこの上昇5波を総称して「 推進波」

下落3波を総称して「 修正波(調整波)

さらにいうと、この1時間足の中を細かな5分足で見ると、 同じように上昇5波と下落3波を繰り返すサイクルが出来上がっているのがエリオット波動の特徴の1つです。

そしてこのようなサイクルがまた同じように2波、3波、4波、5波でも続いて繋がって波動を築いていくの「 フラクタル構造 」と呼ばれています。

あるサイクルを持った一部分が繋がって形状を組み立てることにより全体と同じような形状になっている事

  1. 第2波は第1波の始点を下抜けることは無い
  2. 第3波が最も短い波になる事はない
  3. 第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない

フィボナッチ数列とは

つまり、フィボナッチの比率に置き換えて考えることにより、 その波動がどこまで伸びて折り返すのか推測することがができるようになります。

フィボナッチ数列とは、「 自然界のある一定の法則性を持った数列(比率) 」です。

各波動が形成される背景

下記のように下降トレンドが続いてく途中ではどこで上昇に転じるかはわかりませんが、 強いサポートラインで反発して価格を伸ばした場合、エリオット波動の第1波が形成されていると仮説を立てることができます。

この時の価格が下がる要因としては、 大きな局面で見たらまだ下降トレンドですので第1波の節目を「戻り目」と勘違いして売りのポジションを持つ投資家達が一定数存在します。

この第2波の特徴として、上記で説明したフィボナッチ比率にあてがえて考えた場合、 第1波の上昇の値幅に対して第2波の下降の比率は0.5もしくは0.618となることが多いです。

一般的には 第3波が一番伸びると言われています。

下降トレンドにおける戻り高値のラインをブレイク

そのブレイクを確認して新規の買いのポジションが入る

安値を切り上げていることから上目線に切り替わる エリオット波動って何

さらに価格が伸びる

この第4波は、第1波や第3波の下層圏での買いのポジションの利益確定が入りやすくなると同時に、これまでの流れか ら明らかな上昇トレンドとして捉えることもできるため、さらに買いのポジションが多く入ってくるのも大きな特徴です。

ただし、ここまでの買いポジションの利益確定などが入るため第3波ほどの上昇は見られませんが、一般投資家や投資初心者が上昇傾向だと認識して買いの注文が入ってくるので、 第3波と比べて急に大陽線が出現して急な角度で上昇しやすいのも第5波の特徴です。 エリオット波動って何

またもう1つの特徴としては、必ずしも第3波の高値を更新できるわけではなく、その前に価格が下落することがあります(この現象を トランケーション と呼びます)。

例えば第1波に対して 第3波が通常よりも大きく上昇した場合は、第3波の時点で上昇の力を使い果たしたとして捉えることができ、結果として第5波が思った以上に伸びなくなり結果としてトランケーションが起こりやすくなる傾向にあります。

米ドル/円が40年の長きに及ぶ円高トレンドに
幕を引き、歴史的な大底を打つ瞬間は
エリオット波動で事前に予想されていた

エリオット波動の基本型

2011年10月の最後の日、米ドル/円は75.32円という歴史的安値をつけたあと、為替介入によって吹き上がった

10月31日(月)。米ドル/円が大底を打つと宮田氏が予想した2011年10月という月の最後の日。

その月末月曜日週明け早朝のオセアニア市場にて、米ドル/円は流動性が低いと思われる中、窓を開けて急落。それまでの安値を更新し、75.32円という歴史的安値をつけたのだった。

そして、そのわずか数時間後、同日午前10時台の東京市場。

米ドル/円は突如、たった30分ぐらいで79円近辺まで3円近くもポーンと急騰したのだった。

日本政府・日銀が大規模な為替介入に踏み切ったのだ。ちなみに当時の日本は民主党政権下にあった。

そして、あれから10年近く経つが、2011年10月31日(月)の早朝、オセアニア市場でつけた75.32円という米ドル/円の安値は破られていない。

2011年10月、宮田直彦氏が予想したその月の最後の日、31日に米ドル/円は歴史的安値を更新したあと、為替介入で吹き上がり、宮田氏の予想どおり、米ドル/円は歴史的な大底を打って、エリオット波動V波が終幕になるという、このうえなく劇的な展開になったのだった。

「2015~2016年に124円台の高値をつける」…大底を打ったあとの宮田直彦氏の予想もほとんどズバリ的中した

そして、ついでと言っては大変申し訳ないのだが、大底を打ったあと、米ドル/円がどこまで上がるかという当面の目標について、2011年10月の取材時点で宮田氏は、2015~2016年に124円台の高値をつけるのではないかと予想していた。

米ドル/円はそれから4年後の2015年に125円台の高値をつけ、それが当面の高値となった。ここでもほとんどズバリ、宮田氏の予想は当たっていたのだ。まさに神がかり的である。

米ドル/円 月足チャート

宮田直彦氏のレポートは、現在は マネースクエア の公式サイトにて、「宮田直彦のエリオット波動レポート」と題されて公開されている。

エリオット波動とフィボナッチ数列を理解して勝率アップ!FX理論基礎編

テクニカル

エリオット波動とは

ダウ理論との違い

  • 今のトレンドがいくつの波動で終わりそうか予測できる
  • 押しや戻りがどこで止まりそうか予測できる
  • 高値/安値をブレークアウトした後にどこまで進みそうか予測できる
  • 一つ上の時間足のトレンドがどちら向きになりそうか予測できる

エリオット波動の3つのポイント

波動パターン

波動はフラクタル

  • エリオットが発見したのは、このパターンがすべての時間軸を連結する形でフラクタル(入れ子状態)で繰り返されているということでした。

エリオット波動とは

衝撃波(推進波)

修正波

フラクタル(入れ子)構造

エリオット波動 フラクタル 連結

フィボナッチ

現代のエリオット理論の確立にはA.Jフロスト(AJ Frost)とロバート.R.プロクター(Robert Rougelot Prechter)に依るところが大きい。彼らは波の特徴を解明し、Fibonacci級数を波の振幅に当てはめて計算することで、この理論を体系付けた。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる